みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

為替両替の為替差益に対する税金

以下、FXのポジションではなく両替するものとします。基本的に為替差益は雑所得で総合課税だと思いますが、下記のような一連の取引は課税されるのでしょうか?

1)ドルを1ドル100円で買う。
2)そのドルを1ドル110円の時に、1ドル=1ユーロでユーロに替える。
3)そのユーロを1ユーロ130円の時に円に換える。

1)-3)を国内で単年度内で行った場合。
1)-2)、2)-3)を国内でそれぞれ5年間あけて行った場合。
1)-3)を海外(アメリカとか)で単年度内で行った場合。
1)-2)、2)-3)を海外(アメリカとか)でそれぞれ5年間あけて行った場合。

上記4ケースは為替差益に課税されますか?

投稿日時 - 2018-12-11 23:18:07

QNo.9566924

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> 2)1ドル110円の時に、1ドル=1ユーロに替える

ご確認:何かしらの手数料(スプレットなど)も含めて考えると、ドルよりもユーロがかなり安い状態となる(パリティ以下)ことを仮定されてのご質問ですね。

A1=1)この時点では為替差益が発生していない。取得値=1ドル100円として、何年後の両替・清算であってもこの値を使います。

A1=2)1ドル100円が110円の価値となっている時点で、円に戻さなくても為替差益は発生しているので課税対象です。

A3=3)このご質問の内容では、上記のご確認のとおり、ユーロがドルより安くなっている前提があります。
以下、この前提を全く考慮せず、取得値1ドル=100円、交換値=ドルとユーロがパリティで110円、円転時1ユーロ130円として回答をいたします。

A4=3)110円でユーロを取得(2)しているので、130円で円転時に20円の為替差益が出るため課税対象です。

というわけで、以下も上記のパリティ割れ手数料など考慮せず回答します。

A5=1)-3)を国内で単年度内で行った場合。
2)3)の双方で、課税されます。

A6=1)-2)、2)-3)を国内でそれぞれ5年間あけて行った場合。
何年経過していても、取得値をもとに同様に課税されます。

A7=1)-3)を海外(アメリカとか)で単年度内で行った場合。
海外居住者が海外で行った取引は、その国の税法にしたがい、その国での申告が必要です。
そして、納税証明がもらえるので、国内での所得などを申告する際には、その納税証明も一緒に提出することになります。

A8=1)-2)、2)-3)を海外(アメリカとか)でそれぞれ5年間あけて行った場合
上記の海外(アメリカとか)で単年度内で行った場合と同様です。

☆まとめ☆

A9=それぞれ、円でも他国通貨でも取得値がもとになる
A10=円→ドル、ドル→ユーロ、ユーロ→円、どれも替えた時点で差益があれば申告対象
A11=取得方法や売却方法などは関係なし、売買・交換など、どちらでも為替差益があれば申告対象
A12=その年度で行った分、売買・交換などで出た為替差益が、その年度の課税対象となる
A13=手数料など差し引いて、マイナスがあれば損益通算できる

投稿日時 - 2018-12-12 08:10:46

お礼

ご回答ありがとうございます。理論的にはご整理頂いた通りと思います。

この質問は両替したドルやユーロで株や債券などを売り買いする事を想定しています。すると円⇒ドル⇒ユーロに両替する過程で円から替えたドルやユーロと、株や債券を売り買いして得た益金としてのドルやユーロが混在します。益金としてのドルやユーロは株や債券の売買の際に差益に課税されていますし、そもそも円からの両替ではないから為替差益はありません。つまり為替差益のあるドルやユーロと為替差益のないドルやユーロが一つの口座に混在します。

企業なら口座の価値の増減を年度の最後に評価すれば課税は簡単で上記の様な問題は起こりませんが、個人の株や債券の取引は分離課税があるので上記のような課税済みと未課税の混在が起こります。このあたり実務的にどうなっているのか知りたいです。

ドルから直接ユーロに替えたとしても、一度円に戻してユーロを買ったのと同じ(ある土地と別の土地を物々交換しても、一度売って別のを買ったとみなされるのと同じ)というのは理解しました。

投稿日時 - 2018-12-12 10:17:43

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問