みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

着物の保管方法

娘に七五三の着物を頂いたのですが、着るのはまだ3年先なので、保管方法に困ってます。


プラスチックの衣装ケースしかないのですが、底に新聞紙を敷いて、防虫剤(ナフタリン)を入れようと思っています。

保管方法はこれでいいでしょうか?

たまに衣装ケースから出してハンガーに吊るして干そうと思っていますが、どのような頻度で干せばいいでしょうか?

投稿日時 - 2018-12-02 08:41:33

QNo.9563790

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

>また、たとう紙に包まれてますが、紙自体が古く、効果はあるのか疑問です。

たとう紙の使用期限は基本的には2年ですが、
紙自体が古いということは2年以上経ってると思われますので、たとう紙としての効果は期待できないでしょう。

投稿日時 - 2018-12-03 15:27:58

ANo.5

#1です。
30年前にとういなら、正絹でしょう。
正絹は吸湿性が良いので、同時に匂いも吸います。

なので、30年間しまわれていた「場所」の匂いも、歴史として残ってます。
曰く、古い押入れの匂い?
匂いがするということは、飛ぶということも意味しますので、
抜けるものは抜いたほうがいい。
そのためにも、『虫干し』として、湿気抜きと匂い抜きをする。

一度、1週間ぐらい、風通しのいい、日陰に相当する部屋で匂いがなくなるまで吊るしてから、新しい畳紙(2-300円ぐらいです)にくるみ直して、平置できるクローゼットなどに。
昔は、茶箱など密閉できるようなものにしまいましたが、あれは一種のネズミよけなので、そういうご心配がなければ、通気性確保が一番です。
絹は活きている繊維だからです。
通気性確保ができるなら、「防虫剤」はいりません、匂いがつくから。

30年で未着用というなら、多分、まだ大丈夫でしょうが、
半世紀も立つと、縫い糸の正絹が弱っていることがあります。
人の手がまんべんなく触っていると、
「糸が腐る・元生地と同化する」要素として働くので、
縫い目にテンションがかかると、ほつれる。
なので、そっと扱ってください。

ときに、そのお祝い着は7歳用?
だとすると、今どきの着付けは大人と一緒の、おはしょり式です。
着用者がいての30年前未着用・・・だと思いますので、
もし、揚げがしてあったら、コレは解いてから保存しておいてください。
それと、今どきの美容室は作り帯でないと、子供は帯結べないそうですから、
要注意です。

3歳用なら、ほとんど小物もいりませんが、履物は、写真するなら必需です。
道中は、なれていないと転びますので、運動靴などでもよろしいかと。
するなら、頭に多少の飾り・リボン?など。

私は、和裁が趣味で、染色も3年前からはじめました。
去年、今年と、3・7歳のお孫さんのいる同じ染色教室のお仲間が染めたものをフルセット(長襦袢、着物、帯、長襦袢、着物、被布)を縫いたい!教えてのボランティアという得難い経験をしました。

私も10月にバァバになり、女の子で、もう、ドキドキしてます。
娘にも、3歳7歳成人式と、縫って着せましたが、時代が違うので、
正絹の本物はそれだけで目立ちます。

なかなか「本物」を着せてもらえるようなお嬢さんはいませんので、
良いお日和をお迎えください。

投稿日時 - 2018-12-03 11:07:51

ANo.4

まれにインク色が移ることがあるので新聞紙は使わないほうが無難です。
敷き紙やたとう紙はそれ自体がシミ・変色の原因になると言って使わない人もいます。使う場合は虫干しのたび新しいものに交換をおすすめします。

防虫剤はナフタリンだとニオイが抜けにくく金銀の彩色が変色する恐れがあるので防湿効果もある和服専用品かフツーの無臭のものを使ってください。
プラケースでかまいませんが、化繊でも正絹でも湿気と汚れが大敵ですから、しまうまえにシミや汚れを落としておくかクリーニングに出しておくと安心です。手入れをしたら陰干ししてから、できれば和服用のシート式乾燥剤(干して繰り返し使用可)を入れてしまいます。

虫干しは春と秋の2回、晴天が3日くらい続く予報が出たら
点検を兼ねて風通しのいい室内で10:00~14:00の間に干すといいそうです。
その際においおい足りない小物などを整えていかれるといいと思います。
お子さんのご成長が楽しみですね。

投稿日時 - 2018-12-03 09:13:39

お礼

詳しくありがとうございます。

30年ほど前に亡き祖父が買ってきたものらしいんですが、30年間誰も袖を通してないんです。

たとう紙に包まれてますが、紙自体が古く、効果はあるのだろうか…?と思っています。

これから3年間、こまめに虫食いされてないかチェックしないといけないのですよね…
なかなか気を遣います…

投稿日時 - 2018-12-03 09:37:53

ANo.3

着物の防虫はナフタリンではなく、「和樟脳」をお使い下さい。

投稿日時 - 2018-12-02 18:39:08

お礼

そのような専門品があるんですね。チェックしてみます。

投稿日時 - 2018-12-03 09:38:31

ANo.2

整理収納アドバイザーです。
まずその着物はきれいな状態でしょうか?
一度袖を通した状態だと思われる場合は汗や皮脂が残ってると着物が傷む原因になりますのでクリーニングに出したほうがいいかもしれません。

収納に関してですが、
プラスチックの衣装ケースに収納したい場合は
大事な着物の場合は「たとう紙」に包んでから収納してください。
防虫剤を使う場合は一種類だけにしてみてください。
新聞紙を敷く必要はないと思います。

そういうのでもいいと思いますが、着物保管専用の「きものキーパー」という密閉保管袋がネットで購入できますので、これがあれば防虫剤も特にいらないと思います。

吊るし干しにするのは年に2回、風通しのいい日にやってください。

投稿日時 - 2018-12-02 17:39:15

お礼

ありがとうございます。

亡き祖父が30年ほど前に買ってきたものらしいのですが、誰も袖を通してないんです。

外側は綺麗ですが、内側はちょっと黄ばんだ感じです。

また、たとう紙に包まれてますが、紙自体が古く、効果はあるのか疑問です。

投稿日時 - 2018-12-03 09:43:55

ANo.1

着物の素材に寄るのですが、防虫剤はまさに’虫’くい予防なので、
虫がつかないなら入れなくても問題ないのです。

で、ウールだと必要。
原則的に絹は絹自体が’虫’由来なので、虫は食わないとされます。

ただ、汚れ部分を食う、カビるということはある。
なので、コレは、湿気によって、より促進される要素ですから、できれば、プラスチックケースで密封するよりも、畳紙にくるまれているでしょうから、
そのままでか、汚れてない木綿の風呂敷などでくるんで、なければ、包装紙?など、クローゼットの平のところ、押入れの平らなところなどに平置きして、梅雨開け時など天気のいい日に室内の空気の通りの良いところに半日ほど吊るして湿気抜きすれば十分です。
新聞紙はやめたほうがいいです、あれ、昔、畳の下に敷いて、虫よけですから。
インクの石油系のにおいでの効き目を期待してですから。

でもまぁ、多分、化繊でしょうから、汚れ落としのほうが先かな?
食べ物系の汚れなどあるようなら固く絞ったタオルなどでできるだけ落として、
湿気を抜いて、どこでもいいから平置きして収納。
一年に一回、出して吊るしてみて・・・ぐらいで十分です。
注意事項としては、模様などで「赤」があると、水で触るとにじみます。
なので、重々に注意をして。

3歳用などセット売りしているようなものだと、どうせ一回だしと、
結構、汚してます。

お子さんによっては、匂いに敏感で、吊るして匂い抜きしても、ご機嫌が悪くなることもあるようです。
3年間防虫剤漬けだと、定期的に虫干ししても、なかなか抜けません。

投稿日時 - 2018-12-02 09:46:34

お礼

ありがとうございます。

30年ほど前に亡き祖父が買ってきたものらしく、誰も袖を通してないんです。

なので、たとう紙に包まれてはいますが、紙自体が古いんです。
このまま包まれている状態でいいんでしょうか…

3年先なので、かなり先ですよね…
こまめに手入れしないといけないので、なかなか気を遣います。

投稿日時 - 2018-12-03 09:42:18

あなたにオススメの質問