みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

中学2年生です。この問題の意味がわかりません。

中学2年生です。この問題の意味がわかりません。
(1)2Ω (2)5Ω
まではわかるのですが、

(3)1.2A(4)0.6A(5)3.6v(6)2.4vの意味がわからないです。
(5)(6)は直列つなぎなのでってなるのですが、そもそものAの解が何故こうなるか全然わからないです。

投稿日時 - 2018-11-25 22:09:29

QNo.9561670

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

オームの法則による電流、電圧、抵抗の関連を応用した例題かと思います。
V=RI (V=電圧、R=抵抗、I=電流)
(3)の計算は電流を求めるので
V=RI → I=V÷R → I=6÷5 → I=1.2 ∴A点を流れる電流は1.2Aです。
(4)の計算はCD間の電圧とCD間の抵抗(4Ω)を元に計算しますので
CD間の電圧はAG間の電圧(6V)からAB間の電圧を差し引いて求められますので
V=6-RI → V=6-3×1.2 → V=2.4
C点を流れる電流は
V=RI → I=V÷R → I=2.4÷4 → I=0.6 ∴C点を流れる電流は0.6Aです。
(5)の計算はAB間に流れる電流(1.2A)とAB間の抵抗(3Ω)を元に計算しますので
V=RI → V=3×1.2 → V=3.6 ∴AB間の電圧は3.6Vです。
(6)の計算はEF間に流れる電流とEF間の抵抗(4Ω)を元に計算しますので
先ず、(4)計算したCを流れる電流とEを流れる電流は同じ条件になり0.6Aであることを理解してください。
V=RI → V=4×0.6 → V=2.4 ∴EF間の電圧は2.4Vです。

>そもそものAの解が何故こうなるか全然わからないです。
「Aの解」とは何を指していますか?
もしかして、(3)の「A点を流れる電流」のことでしたら(2)の5Ωを理解できていればオームの法則で計算できるはずです。

投稿日時 - 2018-11-26 12:45:15

ANo.2

3 電流=電圧÷抵抗=6V÷5Ω=1.2A
4 全電流が1.2Aで抵抗が2Ωだと電圧は電圧=電流×抵抗=1.2V×2Ω=2.4V
では4Ωに流れる電流は電流=電圧÷抵抗=2.4V÷4Ω=0.6A
5 AB間の電圧は電圧=電流×抵抗=1.2A×3=3.6V
6 EF間の電圧は電流と抵抗から求めても良いが、単純に電源圧6Vから3.6Vを引いた値でも良い、6V-3.6V=2.4V
抵抗値は4Ωと4Ωが並列(4Ω×4Ω)÷(4Ω+4Ω)=16÷8=2Ω

投稿日時 - 2018-11-25 22:53:55

ANo.1

(3)A点を流れる電流は、回路全体なので
  6V÷(3Ω+2Ω)=1.2A

(4)回路全体で1.2A流れていて、並列部分はどちらも4Ωなので、
  1.2A÷2=0.6A

(5)抵抗値3Ωで、1.2A流れているのだから……
 または、電圧が6Vで、抵抗値比が3:2なのだから……

(6)3Ω側が(5)の電圧なら……
 または、0.6A流れてて、抵抗値が4Ωなのだから……
 または、電圧が6Vで、抵抗値比が3:2なのだから……

投稿日時 - 2018-11-25 22:48:18

あなたにオススメの質問