みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「利益相反」について質問

弁護士や司法書士や行政書士さんなどの場合の「利益相反」について質問します。
私は、企業の依頼を受けて、ある事項の調査及び助言の報告書を提出するなどのコンサルタントの仕事をしています。
ある企業A社から、同時に3つの事項の調査及び助言の報告書の依頼を受けて、1件は既に作成し提出しましたが、まだ約50万円の支払がなく、そのまま、1年半くらいが経過しました。
その企業Aの資金繰りが苦しくなったのが原因のようです。
残りの2件の依頼については、半分以上は仕上げていますが、1件目の支払いがないため、そのままストップしています。
その企業Aは、もともとはまじめな会社なので、資金繰りがよくなれば、3件とも続行して支払もすると思いますので(また残りの2件も半分以上は報告書を書いているので)、今の時点で「関係を全て切る」ことは商売上、望ましくないと思います。
しかし、1件目の50万円については支払がないのはおかしいので、簡易裁判所への提訴か支払命令を考えています。
そこで、質問なのですが、その企業Aに対して1件目の支払いを求める訴訟(あるいは支払命令)を提起した場合、事前に、他の2件は受任をキャンセルしないと、「利益相反」(コンサルタントが守るべき職業倫理としての利益相反ですが、弁護士などの利益相反と似たいものと考えてよいと思います)になるのでしょうか?
私の場合は、コンサルタントなので、弁護士さんらとは法的には問題が違うと思いますが、もし弁護士や司法書士や行政書士さんなどの場合だったら利益相反としてどう考えるべきかということを、私の場合に引き直して参考にして考えたいのです。
それらの士業の場合の利益相反の考え方をお教え頂けないでしょうか?

投稿日時 - 2018-11-21 23:32:21

QNo.9560372

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

べつに全く関係ないことだと思います。
業務の対価を受け取るだけの事でしょう。
請求書を送るのと まったく同じ意味でしかないでしょう。

投稿日時 - 2018-11-22 19:28:07

補足

ありがとうございました!
ただ、疑問として、これから訴訟を提起した後に、さらに、顧客の動産の差し押さえ、強制執行などの手続に入って行っても、なお「利益相反はない」と言えるでしょうか?

投稿日時 - 2018-11-23 12:50:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

もちろんそうです。

それに 仕事をしても対価を支払ってもらえない時点で 顧客ではなくなっている。

投稿日時 - 2018-11-24 09:43:32

ANo.1

行政書士です。
行政書士として利益相反がすること、はあまり考えにくいような気がします。
そもそも業として利益相反するようなことに関与しないのかもしれません。

資格に限らず、会社法今日の役員などの地位にある場合には利益相反の問題は出やすいかとも思います。
例えば、

会社で役員の地位にあるのにもかかわらず会社に高利でお金を貸す。

上記の場合は、会社に不当に損害を与える一方で自分が利益を得る形になるので利益相反になりえます。
私もコンサルタントとして仕事を受けることもありますが、今回の場合は利益相反になる部分がないように思います。

仕事の依頼を受けている会社の役員などではないですよね?

そうだとすれば特に今回は気にしなくて良いかと思います。
ご参考にしていただければと思います。

投稿日時 - 2018-11-22 01:31:01

お礼

ありがとうございました。
>仕事の依頼を受けている会社の役員などではないですよね?
もちろん、会社の役員などではないです。

投稿日時 - 2018-11-22 16:45:54

あなたにオススメの質問