みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

管理組合理事長の無法をただす署名集めのことについて

公社分譲団地に住んでいます。管理組合理事長一人が権力者となり私物化してしております。区分所有法も無視した運営です。理事長解任訴訟を3名で提訴しました。本年4月25日に原告側の主張が通り、裁判官立会いのもとで双方文書にサインして和解となりました。
被告は何一つ履行しようとしません。自分で勝手に理事長を名乗っています。
住民過半数の署名を集めリコールすることにしました。現在実行中ですが、過半数に達しても法を無視する理事長が居座ったとき、間違いなく辞めさせる適用できる法があるものかと、不安視する声も少なくありません。
その理由の一つは氏名が公になりますから、理事長による威嚇、恫喝があるからです。定期的な補修工事をお前のところは除外するぞ、などということです。
署名者に対して説明が必要です。ご存知の方おりましたらよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2018-11-15 11:11:54

QNo.9558145

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

裁判上の和解の内容を失敗したのでしょうか?
もし和解に理事長の仕事を一切しない、仕事を他人に引き継ぐ、違約金、などの定めがあれば、和解契約違反で損害賠償請求できます。
また、既に理事長ではなくならば、管理組合の規約に基づいて、選挙を行って理事長を決めればよいのでは。

投稿日時 - 2018-11-16 11:50:30

お礼

管理組合規約はわずか2ページだけです。役員選挙については1行も記されておりませ。2年前も本年も選挙はせず、「棟推薦」という自分のイエスマンのみを無理やり役員にしてしまった次第です。
和解内容は、解任と公正な選挙を実施するというものです。失敗はしていませんが、当人が守らないのです。無法者なのです。死ぬまで理事長をやると公言してはばからいご仁なのです。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-11-30 15:56:46

ANo.3

経理を精査すれば 不正が発見できるかもしれません。
そうすれば 民事ではなく 刑事で立件できるかもしれません。

投稿日時 - 2018-11-15 21:21:48

お礼

情報開示に応じないので困っているのです。明らかになっている3件を弁護士作成の「業務上横領」で警察に告発しましたが、かながわ土地建物保全協会という管理会社型、帳尻合わせの書類作成をしたために不問となってしまいました。これまでにも我々の訴えの都度、上記のようにでたらめ文書作成に加担する会社なのです。再訴訟するにも100万越えの現金が必要ですから、現状どころかこれからも不可な状態なのです。ご回答有難うございました。

投稿日時 - 2018-11-30 16:17:28

ANo.2

和解内容の詳細がわかりませんが,解任を認める内容になっているのでしょうから法的にはその人物は理事長ではありません。まさに勝手に理事長を名乗っているのです。「住民過半数の署名を集めリコールすることにしました」なんていうのも必要ありません。
理事長としても事務引継ぎをしないのであれば,x月x日までに引継ぎをせよという判決を求める裁判をしてください。そしてそれまでに実行されない場合には1日当たりy円を支払えということも含めておいてください。こういう手段で間接的に強制するのです。それでも相手が何もしなければ相手の財産を差し押さえてください。

投稿日時 - 2018-11-15 13:20:10

お礼

そうなのです。理事長などではありません。2年前も本年も役員選挙は実施しません。イエスウーメンだけを選出し、牙城を固めているのです。年間4千万近い管理費が集まりますから、ボランティアだと言ってますが、集まった金銭をばらまいている、可能性が大です。まったく情報開示を拒否していますから、証拠は発見できません。総会時にでる収支報告書の10年分を精査したところ、年間720万もの使途不明金があるのを見付けました。
警察に行きました。かっちりした証拠がないから、と言われてしまいました。、弁護士代を協力してくれた人が、88にもなるのだから死ぬのを待つしかないな、と言い、諦めモードです。
理事長は居住歴40年を超えていますが、区分所有者は奥方名義です。個々の住民との軋轢も数え切れません。その時の財産保全としか考えられまん。
いずれにしましてもお手上げ状態です。情けない話です。
ご回答、有難うございました。

投稿日時 - 2018-11-30 17:56:35

ANo.1

裁判の和解は、理事長の解任が明記されているのでしょうか。そうであれば、速やかに彼の権限を新しい体制に引き継ぐ必要があります。具体的にいうと管理組合の通帳とハンコを奪い取る必要があります。
おそらく明記されていないので、彼は引き下がらず、リコールになっているのでしょう。
彼が威嚇、恫喝するとの事。訴訟まで起こしているのですから、こちらの氏名が明確になるなどは、仕方がありません。他人任せには出来ません。
リコールがうまくいったら、次の体制に移る体制(理事長を誰にするか、選挙するのかなど)をはっきりさせ、運用する必要があります。
ここまで来たら、リコールに従わないのであれば、再度訴訟、恫喝には警察、金の流れの調査など矢継ぎ早に進める必要があります。

投稿日時 - 2018-11-15 11:27:11

あなたにオススメの質問