みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国は借金で潰れそうなのはウソですよね。

そう思いませんか。消費税10%は安倍、麻生氏のとんでもない暴挙だと思いませんか?

投稿日時 - 2018-11-13 01:44:07

QNo.9557314

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

日本が膨大な借金で、将来が懸念される事は確かですが、
すぐに潰れる事は無いと思います。
また、消費税10%は安倍政権の暴挙で愚策です。

財政再建をするのであれば、増税より歳出削減を先に行わないと
必ず失敗します。
歳出削減を行わずに増税している安倍政権は、国の衰退を
加速させているだけです。

投稿日時 - 2018-11-13 09:47:30

補足

#3補足参照。
だれか安倍政権の暴走をとめてほしい。

投稿日時 - 2018-11-13 18:20:06

お礼

歳出削減は今の状態ではやる必要はありません。景気がよくなれば、自動的に財政再建になります。2013年から消費税アップ直前の2014年度で7兆円の税収増でたいへんな財政再建になっています。そのあとは、税収はマイナスか多くても2兆円くらいで伸び悩んでいますね。https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/a03.htm

投稿日時 - 2018-12-15 22:59:22

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

〉日銀が国債を買ったほうが、一般市民や一般銀行が国債を買うより、国はつぶれにくくなりますよね。

これ、本気でそう思っているのですか?
日本や世界の過去の破綻の道筋を知っていても?

あと、借金でつぶれるというのは、デフォルトのほかに、市場経済が破綻することも指します。
ご質問者さんはデフォルトだけをみていませんか?

投稿日時 - 2018-11-15 12:45:12

補足

過去の破綻とは本質的に違います。日銀が政府からの国債を直接引き受けることは現在していません。

高橋是清>1931年(昭和6年)、政友会総裁・犬養毅が組閣した際も、犬養に請われ4度目の蔵相に就任し、金輸出再禁止(12月13日)・日銀引き受けによる政府支出(軍事予算)の増額、時局匡救事業で、世界恐慌により混乱する日本経済をデフレから世界最速で脱出させた(リフレーション政策)。、、、当時、リフレーション政策はほぼ所期の目的を達していたが、これに伴い高率のインフレーションの発生が予見されたため、これを抑えるべく(出口戦略参照)軍事予算の縮小を図ったところ軍部の恨みを買い、二・二六事件において、赤坂の自宅二階で反乱軍の青年将校らに胸を6発撃たれ、暗殺された。

日銀が銀行を介して国債を大量に買い取っているのは、当たり前ですが、政府の資金をバックアップするためではなく、量的金融緩和によりデフレ脱却をするためです。まだインフレ率は1%と目標の2%は達していませんが、アベノミクスで唯一うまくいっていると評価されているのが量的金融緩和です。ここでやめたら、また円高になり、市場経済はまたデフレになってしまいます。よって市場経済のためにこそ、量的緩和はつづけるべきなのです。

危うい、危ういってちゃんと主語をつけてくださいよ。

投稿日時 - 2018-11-15 15:59:58

お礼

potatoroomsさんは失礼ながら経済がお分かりではないのかな?

>これ、本気でそう思っているのですか?

そうです。

日銀の仕事(第一使命)は通貨の安定だから、日銀はハイパーインフレは絶対に許さない。ハイパーインフレに対しては、政策金利をあげる、国債購入をテーパリングする、国債購入をストップする、所有国債を売り払うなどの手法があり、赤子の手をひねるよりも簡単にハイパーインフレを避けることができる。

>日本や世界の過去の破綻の道筋を知っていても?

ウキ>>>1934-1936年の消費者物価指数を1とした場合、1954年は301.8と8年間で物価が約300倍となった[13]。このインフレーションの原因は、戦前から戦中にかけての戦時国債、終戦後の軍人への退職金支払いなどの費用を賄うために政府が発行した国債の日本銀行の直接引き受けとされている[13]。第二次世界大戦中に発行した戦時国債は、デフォルトはしなかったが、その後対戦前比で3倍ともなるハイパーインフレーション(4年間で東京の小売物価は終戦時の80倍)によってほとんど紙屑となった[14]。

このとき、日本は破綻はしてないよね。日銀が今所有する国債はいつでも可逆的に売り払うことができるので、日銀がハイパーインフレを制御できない可能性はほぼゼロですよ。

日銀は今インフレにできなくて今苦しんでいるのであって、デフレにするのはお家芸ですよ。

再びいいますが、危うい、危ういってちゃんと主語をつけてくださいよ。

投稿日時 - 2018-11-15 20:51:03

ANo.11

〉長期金利がアメリカに比べて低いんですか?

低くなるような仕組みになっているからです。
国債の購入を各銀行に割り当て、日銀が必ず買い取る状況で、国債の購入者が金利を求めることはありませんから。

投稿日時 - 2018-11-14 09:03:05

補足

>国債の購入者が金利を求めることはありませんから。

いや、低くても安全だからすくなくとも日銀の買っていない国債を買っているのですよ。そこには市場原理が働いているのです。つまり国は借金で潰れそうなのはウソですよね。


>わりと危ういんですよ。

だから、それは借金ひきうけますの日銀が借金が足りなくなって困っているんでしょ? 表題は国は借金で潰れそうなのはウソですよね。ですよ。日銀が国債を買ったほうが、一般市民や一般銀行が国債を買うより、国はつぶれにくくなりますよね。

一般市民や一般銀行はつねに契約範囲内で国債を売り払う権利がありますから。

本質的に反論できないならおやめください。

投稿日時 - 2018-11-14 13:39:07

お礼

>わりと危ういんですよ。

主語がないので、補いましょう。文脈からして、日銀の量的緩和により、国債を買い尽くしてしまい、量的緩和ができなくなるので日銀の量的緩和の政策続行がわりと危ういんですよ。

ですよね?よってこれは表題の国は借金で潰れそうなので危ういとはぜんぜん違ったことです。

現実は、確かに買いつくしてしまって、年間80兆円ができなくなってきています。まあ、これは外国債を買うなどの方法があるので、どうしょうもなく日銀が困っているわけではないのです。黒田さんは(外国が日本に弱みを握られてうるせーので)なるべく外国債を買うのは避けたいが、ほかに方法がなければやるといっています。

投稿日時 - 2018-11-15 03:42:23

ANo.10

どうもあなたは安倍擁護派ですね。

★回答
ではない ほかが貧乏神なだけ
石破とか 野党は維新以外はごみ
維新の藤巻もおなじごみ 国債暴落説はあたらん

安倍は好きではない

国民の 金 資産目減りは大嫌いなだけ

投稿日時 - 2018-11-14 02:20:56

ANo.9

消費税10%は安倍、麻生氏のとんでもない暴挙だと思いませんか?

★回答 そりゃ自民内部の まぬけがいるからよ!・・・その方向性を無視は出来ない

日本では 総理大臣の独断で 決められん

周りが馬鹿なら 経済は崩落
自民党の税調は 役人転職組みの巣窟 まぬけのあつまり

25年デフレのまんまの原因は
安倍で 金融政策だけ入れ替えただけ
2013年 消費税集中点検会合 だれが賛成
だから 225 日経平均2万円でもみ合い 頭打ちしてんだろ
日銀の審議員は 全部入れ替えた 安倍 
ただしちょっと黒田は 怪しいと言われてる
ときどき 言ってることが 財務省の中高年役人になる

もともと みんなの党 渡辺のコピペ政策だ
本家 渡辺は 一次安倍政権の 金融関連大臣
自分の不手際 不祥事で みんなの党は おっつぶれただけ
経済政策(金融)は まっとうだったと言うことが アベノミクスで証明されたぜ!
財政は消費税で崩落

★消費税は精神分裂←検索キーワード
ユーチーュブ で検索すりゃまともな計量経済学者の良心的解説が出てくる


★消費税で
年金は目減り 経済成長鈍化 税収のび悪くなる
逆に 役人の天下り先と仕事と既得権はおんぞん出来る


消費税が上がって喜ぶ人はどんな人?
https://okwave.jp/qa/q9552580.html
これ↑

こんなはずではと頭抱える安倍晋三、仕掛けたのは誰?
https://okwave.jp/qa/q8837316.html
前回はこれよ↑
<解散の展望>
「週刊新潮」11月20日号より


既得権文系経済学者の言うことは いんちき
理系学者の言うこと これがほんと
藤井聡 著
「10%消費税」が日本経済を破壊する
――今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を

 

投稿日時 - 2018-11-13 23:52:01

補足

どうもあなたは安倍擁護派ですね。
しかし、もう擁護できませんよ。

投稿日時 - 2018-11-14 00:26:50

ANo.8

今の経済状況での増税は破滅への道のりですね。

既に失敗してるアベノミクスでの金融緩和や日銀の国債買い取りで日本の金融システムは疲弊しています。
そもそも中央銀行の国債買い取りは経済的にも禁じ手とされてきました。
短期的なら起爆剤となり得るのですが、経済音痴の安倍はアベノミクスをさも成功してると見せかけるために、日銀の国債買い取りを始めています。
その国債が順調に市場に売れればいいのですが、最近では引き取り手がない状態。
これって末期です。

増税に関しても支出を抑え、少しでもプライマリーバランスを正常値に戻すことが前提条件。
なのに自民政権は、公務員の給料アップを容認し、政治家には月7万円の減収しか提案できていない。
これでは借金返済などできません。
無駄な五輪誘致などを行い、しなければならない既存のインフラメンテナンスには金を回さない。
むしろ疲弊してる地方に任せてる。

だいたい消費税を増税しても、福祉に回ってる金は30%程度。
その他は無駄な法人税補てんや無駄な計画なき防衛費に回るだけ。

消費税を上げたがってるのは、財務省です。
税収を上げ、各省庁への予算配分で権力を握りたいから。

今でも省庁合わせて、デタラメの名目で予算を余分に計上した計2兆円程度のプール金があるのはご存知ですか?

そんな無駄な予算をやめ、大手企業の実質20%台の大甘査定をやめるだけで消費税など上げなくてもいいのですよ。

また医療費が増えてるのも、神戸が行ってるメディカルツアーの外国人にも日本の保険を適用させてるから増え続けてる。
メディカルツアーで保険申請すれば、家族にまで適用され、日本の保険はどんどん奪われてる。
これをなくすだけでも年間医療費は節約できる。
そんなこともしない自民政権は、財政破綻すれば戦争でもすればいいと思ってるのでしょうね。

でも理論的には国民資産の1400兆円が担保と言われていますが、日銀介入で日本経済は首の皮一枚、という状況です。
これで世界不況にでもなれば、原資もなく潰れていく運命なのです。
自民政権は国のことなど考えていない、売国政党ということです。
1400兆円を担保にしてるだけで、危機的状態。
それを実感していないのは、自民党や政治家、官僚くらいなのでは?

今の状態での増税は死にに行くようなもの。
自民は国が潰れても、お友達・大企業、自分達さえよければいいのですから。

投稿日時 - 2018-11-13 22:19:47

補足

>そもそも中央銀行の国債買い取りは経済的にも禁じ手とされてきました。
短期的なら起爆剤となり得るのですが、経済音痴の安倍はアベノミクスをさも成功してると見せかけるために、日銀の国債買い取りを始めています

いいえ。政府からの国債の直接買取が禁止されているのであって、量的緩和としてやる分にはまったく問題ありません。

日銀は国債を担保にマネタリーベースをあげていますが、そもそも買い取った担保としての国債は売りに出せない(インフレ率が下がる)ので問題ありません。

以下が大問題です。
安倍首相は消費税を8%上げることについて全権を委任されていた最終責任者であり、そして8%で景気に相当な悪影響があったことをよく知っています。すでに大失敗をしているのに、なぜ消費税10%をやるのか? 安倍、麻生氏などの政治家は高所得者であり、所得税を減らしていくために、消費税を上げているのだと考えられる。それで総税収は減少すると考えられ、財政再建はさらに遅れる。また、経済回復には大きなマイナスとなる。とんでもない暴挙といえるだろう。

投稿日時 - 2018-11-14 00:25:47

ANo.7

〉国民の貯金が銀行の国債購入の資金になっているんですよ。

この点ですが、これ、アベノミクス前の話です。
http://www.garbagenews.net/archives/2126503.html


アベノミクスというか、セットの異次元の金融緩和をやらなければ、国内のすべての預貯金が国債に置き換わるまで二年かからないところまでいきました。
民主党末期に国債発行が鈍った理由でもあります。

銀行の国債を無制限に買い取る異次元の金融緩和をはじめ、今は、あと一年足らずで銀行のもつ
国債で買えるものはすべて買えるところまで行きます。

わりと危ういんですよ。

投稿日時 - 2018-11-13 20:26:47

補足

グラフは2018年の話です。中央銀行の所有が44%。これは銀行が国民の貯金で国債を買っていたのだが(アベノミクス前)、日銀に追い出された格好。

なんで、長期金利がアメリカに比べて低いんですか? あの補足すべてをちゃんと理解してから応答してください。

投稿日時 - 2018-11-13 21:06:11

ANo.6

国民の貯金が国債に化けてF35の資金になっている。
俺はF35なんか欲しくないし、運転もできないし(できるんなら欲しい気もするが、)
で、利息すら調達できずにまた国債で貯金から吸い上げる。利息が膨らむ一方だから貯金がどんどん無くなる。引き出そうとしてもF35に使っちゃったからありません。デフォルト。どうするねん?
資産は沢山あるが、ほとんどが日本銀行券でしかない。国債が回らなくなれば日本銀行券もトイレットペーパーに化ける、インフレ率1日100%とかになって、日本銀行券では何も買えなくなる。どうするねん?
対外資産300兆円?全額が回収できるはずもなく、国債の利息分にしかならない。
国債で調達した資金を全部国民に還元してるならいいが、だからF35なんか役に立たないって、w

投稿日時 - 2018-11-13 19:44:57

補足

ほぼ世界一のレベルで日本は財政破綻しにくいといえる。その客観的な証拠に、金融緩和時の長期金利が世界でもトップクラスで低い。世界一のスイスの次くらい。アメリカよりもずっと低い。対照としてギリシャの長期金利は高い。#3 hosoku

投稿日時 - 2018-11-13 19:52:53

ANo.5

一般世間で借金と呼ばれているのは殆どが国債です。しかし、その国債も日本銀行が大半を握っているので、潰れる事はありません。何処から、そんなウソが出回るのか、それとも政権を根底から脅かす様にマスコミが情報操作をしている様にしか思えませんね。もっとも、マスコミなんて左寄りですから、破壊的な事でも「報道の自由」を振りかざして平気で電波に乗せます。

消費税10%については、暴挙とも思いません。安倍氏・麻生氏のとんでもない暴挙と仰っていますが、消費税10%を掲げたのは民主党政権時の話です。しかし、民主党政権が推奨したドン底景気では消費税10%なんて到底実現不可能。それを安倍氏が「消費税10%を実現してあげますから、解散総選挙しましょう」と当時の野田総理に持ち掛けたわけです。忘れてしまいましたか?
上でも述べた通り、消費税10%は現安倍政権が立案したものではありません。

投稿日時 - 2018-11-13 17:43:24

補足

野田は万死に値する。安倍は実行犯であり、重大な責任がある。野田より責任は重いよ。
ーーーーーーーー
消費税が増税されれば、景気が腰折れして、所得税と法人税からの税収が減って、その減収分が消費税の増収分を上回り、国の借金は増えると考えられます。これは過去の消費増税の結果からよく言われてきたことです。年金の運営法人(GPIF)は最近、株価と強く連動した投資をしているので、景気が悪くなると年金も危機にさらされます。

消費税が増税されれば、逆に国の借金は増える(=財政再建にならない)というのは、自民の若手議員たちの多くも安倍首相に指摘しています。youtube.com/watch?v=oQ1-QDjpCik

よって、今の日本では税収(財政再建)や社会保障をかんがえても、消費税アップは理論的、経験的に間違いなのです。消費税アップは犯罪に近いとんでもない愚行です。いまだに、消費税アップを主張する馬鹿者どもがいる。

安倍首相は消費税を8%上げることについて全権を委任されていた最終責任者であり、そして8%で景気に相当な悪影響があったことをよく知っています。すでに大失敗をしているのに、なぜ消費税10%をやるのか? 安倍、麻生氏などの政治家は高所得者であり、所得税を減らしていくために、消費税を上げているのだと考えられる。それで総税収は減少すると考えられ、財政再建はさらに遅れる。また、経済回復には大きなマイナスとなる。とんでもない暴挙といえるだろう。

法人税に関しては、現在減税がなされた状態だが、消費税が上がる直前まで(2013年度)企業の業績は極めて良好だったので、やる必要はない。なぜ不要な法人税減税をして景気に悪影響を与える消費税増税をするのか?! 安倍、麻生氏などと財界の政治献金などを介した癒着が考えられる。つまり、安倍、麻生氏はまったくの私利私欲のために、消費税を上げ、法人税、所得税を下げようとしている。

投稿日時 - 2018-11-13 18:23:56

ANo.3

〉国は借金で潰れそうなのはウソですよね。

わりと末期的なのはホント。
制度や法律で縛って国債の引き受け先を確保していましたが、これまで全くなかった引き受けの不成立が昨年あたりから頻繁に起きていて、再来年あたりから日銀の直接引き受けをやるしかない状況になってきています。日銀の直接引き受けが大丈夫なら、そもそも中央銀行って方法に変わらなかったはずなんだよね。

大丈夫だぁ~って書き込む人も多いけど、その人たちのどのくらいがホントに国債を買ってるんだろう?
国民一人当たりに均すと800万円くらいは、なにかしらの公的な債権を持ってないとおかしいんだけど。
自分が欲しくないものを大量に発行しても大丈夫だと言ってる人って多い気がする。

投稿日時 - 2018-11-13 08:45:29

補足

いや国民の貯金が銀行の国債購入の資金になっているんですよ。

――――――――
財務省やマスコミが日本国民はひとりあたり800万以上の借金を抱えているというと、それを国民は個人でまじめに返さなければいけないと自動的に考えがちである。、、、これが財務省のトリックであり巧妙な策略である。 日本国民は日本政府にお金を貸している側であり、日本政府に借金などしていない!  その貸付金額は日本国民ひとりあたり日本政府へ800万、外国へ200万円である (2013年当時)。http://takedanet.com/archives/1013803605.html
つまり、日本政府の財務省は自分たちが借金しているのに、こんだけ借金しているのはお前たち国民だ!そのうち返せよ!と言わんばかりだ。盗人猛々しいにもほどがある。ヤクザ顔負けの言いがかりである。

日本政府の財政は世界一のレベルで安定している。なぜなら、日本国内から国の財政資金のほとんどを調達しているからだ。これを「資本が海外逃避しにくい」という。しかも日本は世界一の金持ち国(債権国)であり、その金持ち度は年々上がっている。https://web.archive.org/web/20161013071444/http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n34568 よって、ほぼ世界一のレベルで日本は財政破綻しにくいといえる。その客観的な証拠に、金融緩和時の長期金利が世界でもトップクラスで低い。世界一のスイスの次くらい。アメリカよりもずっと低い。対照としてギリシャの長期金利は高い。市場原理により、破綻リスクが大きいほどその国の国債は利率が高くないと買ってもらえないということだ。

また、日本国債を日銀が年間80兆円買っているので、さらに安全性が高まっているといえる。

ではなぜ、財務省はそういうトリックを使うのか? 財政不足をアピールして消費税をあげるためである。あがってどうなったか? 景気が悪くなり、逆に総税収が落ちてしまったのである。まったく逆をやっているわけで、とんでもない話だ。財務省トップの連中は、背任罪で逮捕されるべきような悪質なことをやっている。財務省が執拗なまでに消費税増税を訴える理由は、大企業の利益となる「法人税」減税や消費税の軽減税率の設定を通じて各業界団体、マスコミに強大な権限と天下り先を確保できるからである。

投稿日時 - 2018-11-13 18:18:26

ANo.2

もう破綻しているのだよ。鈴を付けるのは怖いからみんな先延ばしにしてるだけ。さらに悪化するだけ。何にしろ、増税したって無駄遣いするから何の役にも立たないのは明白。
F35は高いからね、www

投稿日時 - 2018-11-13 07:16:25

補足

破綻していない。世界的にトップレベルで日本の財政は安定している。#3補足参照。

投稿日時 - 2018-11-13 18:41:48

ANo.1

「すぐに潰れそう」という主張も「まったく心配がない」という主張も「誤り」(と知っていながら主張するのである場合は「ウソ」)です。真実はこの間にあります。「どの程度」という点では議論が分かれますが、「懸念すべき状態」であるという点では、ほとんどの専門家の意見は共通の土台の上にあります。

消費税10%については、専門家にも一般市民にもさまざまな意見があります。最近の世論調査でも、調査によって結果が異なり、「賛成」が「反対」を上回ったものも、逆に「反対」が「賛成」を上回ったものもあります。ただしこの「賛成」は「この財政状況では仕方がない」という「消極的容認」に近いのかもしれません。またこうした世論調査は、設問の「聞き方」次第で相当結果が変わる可能性があることにも注意が必要です。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37046310Y8A021C1000000/
https://www.tv-asahi.co.jp/hst/poll/201810/index.html

昔から財政立て直しの要諦は「入るをはかりて出ずるを制す」でした。歳入を増やして歳出を減らすということで、消費税の税率引き上げが「入るをはかる」有力な手段であることは認めざるを得ません。といって乱用してほしくはありませんが…。

投稿日時 - 2018-11-13 05:46:08

補足

「まったく心配がない」ではなく、世界的にトップレベルで日本の財政は安定している。#3補足参照。

消費税上げると、入るを図るどころか総税収が逆に減るんですよ。#5補足参照。

投稿日時 - 2018-11-13 18:40:51

あなたにオススメの質問