みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

実態とは異なる記事をネットで公開する行為

実態とは異なる記事をネットで公開するのは、詐欺行為ですか?

投稿日時 - 2018-11-05 13:44:04

QNo.9554760

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

例えば、小説なども事実と異なることはあります。

そういう意味では実態と異なること、事実と異なることを公開すること自体は問題ありません。

ただ、営業行為などで事実と異なることを示すこと自体は営業規制についての法律でも罰則などはあります。

刑法譲歩詐欺になるかとうかといえば微妙ですが、行為自体としては詐欺行為と言われることもあり得るかと思います。
事実と違うのであれば、フィクションです、という記載をしておくと良いかもしれませんね。

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2018-11-07 14:28:14

ANo.4

 詐欺、名誉棄損、虚偽の宣伝など、様々な目的でフェイクニュースが流されているのが実態のようです。法的な取り締まりが十分にはおこなわれていなくて、野放し状態ですね。

 実態とは異なると言っても、悪質な例を上げればキリが無いわけで、たとえば、個人攻撃する為に、当人とは異なるヌード写真やポルノ写真を掲載し、誹謗中傷文を書き散らして名誉棄損する例がありますし、漫画、イラスト、CGなどで名誉棄損する例もあります。フェイクニュースは国際的な問題になっていますね。

 法的な取り締まりをおこなうと情報公開の自由を制限する結果になるので、よほど悪質な例を除いて、法的処罰はおこなわないでしょうね。

投稿日時 - 2018-11-06 00:13:09

補足

私の場合、購入した物件が建つ街区の情報が、ネット掲載されていました。
私は、それを参考に、物件を購入しましたが、実際に物件を購入し、引っ越しをしたところ、ネットで掲載されていた記事とは全く異なっており、私は被害を受けました。
その場合でも法的には、訴えることはできないのでしょうか?

投稿日時 - 2018-11-07 16:13:41

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-11-07 16:13:43

ANo.3

>名誉棄損ですか?
その嘘元が精神的・身体的苦痛を被った場合です。
公開=ただちに名誉棄損ではありません。

投稿日時 - 2018-11-05 14:38:24

ANo.2

それ自体は、いわゆる刑法で言うところの詐欺罪ではありません。
ただその嘘記事の元が、公開したことで何らかの損害を被った場合は名誉棄損で訴えられる可能性があります。

投稿日時 - 2018-11-05 14:18:23

お礼

回答ありがとうございます。

名誉棄損ですか?

投稿日時 - 2018-11-05 14:22:12

ANo.1

実態とは異なる記事をネットで公開するのは、詐欺行為ですが、一般的には詐欺罪ではありません。詐欺罪とは、人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする行為(例えば無銭飲食や無銭宿泊を行う、無賃乗車するなど、本来有償で受けるべき待遇やサービスを不法に受けること。 また債務を不法に免れたりすること)です。

投稿日時 - 2018-11-05 13:52:20

お礼

回答ありがとうございます。

「ここは素晴らしい街です。」と、実際とは違う記事をネットで公開する行為は、法律には触れないのですか?

投稿日時 - 2018-11-05 19:38:55

あなたにオススメの質問