みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【緊急‼‼】税金に関することが全くわかりません!!

1月~3月まではアルバイトで、4月からは正社員として仕事をする場合は
間違いなくその年は130万の壁などを超えることになりますが、
やはり103万円の範囲内で働く場合と比べて随分働き損になったりするんですか?
そういう場合、1月~3月の間はアルバイトをしない方がいい、(もしくはしてもしなくても結局は同じ)ということが起きるのでしょうか?

住民税等に関して質問です!!アルバイトで生活している場合、年間に稼ぐ額が多いほど住民税等が高くなってしまうのでしょうか???
例えば、年間で159万円稼いだ人と200万円稼いだ人とでは住民税等の額に違いがでてきますか?結局はそれで働き損になるからあまり積極的に働かない方がいいんですか?

200万円を超えるか超えないかで何らかの違いがあったりしますか?200万円は超えない方がいいですか???

投稿日時 - 2018-10-22 10:55:21

QNo.9550149

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

給与所得(バイトや会社員)の場合、年間の合計が98万円から住民税、103万円から所得税が追加で徴収される事になります。超過した部分に規定の税率がかかりますので、例えば110万円稼いだ場合は7万円に酷税5%ほど、12万円に住民税10%、合わせて15千円ちょっとが(復興特別税なるものも追加)税金として徴収される事になります。
正社員とかバイトとか関係なく年間の合計で決まりますし、しきい値を超えたところで、極端に取られるわけではありません。
ただし、、、
ご両親などの扶養家族になっている場合、扶養から外れる事になり、そのご両親のいずれかの所得税が増えます。こちらは合計の所得などに応じて税率も変わりますので、数千~数万以上の増税になります。
また、1人世帯の場合、住民税課税水準になると国保税がかなりかわって来ます。ここは数万以上です。ただし、会社員になって社会保険に入るなら関係ないです。そこで社会保険料をかなり取られますが。

130万を超えた水準では、どこかで極端に変わる事はありません。
ただ、家族構成なども書いてもらった方が、どこの線でお得なのかももうちょっとはっきりします。

投稿日時 - 2018-10-22 11:16:01

お礼

ご回答ありがとうございます。
やはり1月~3月の間はアルバイトはしない方が良いのでしょうか?
父、母、私、双子の弟の家族構成で親元で暮らしている状況です。

投稿日時 - 2018-10-22 11:25:31

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

一般的には130万円の扶養内で働くのと同じ手取りは、扶養から外れると150~160万円と同じくらいです。従って、扶養から外れて年収140万円なら働き損といえるでしょう。4月から正社員になるなら社会保険の扶養から抜けます。1月~3月のアルバイトを控える必要はありません。

当然、住民税は所得が多ければ増えますが、住民税率は約10%です。40万円所得が増えても住民税が増えるのは約4万円です。手取りは確実に増えますので、控える必要はありません。住民税は累進課税ではありませんので、所得が増えても税率は変わりません。

投稿日時 - 2018-10-22 16:10:05

お礼

ご回答ありがとうございます。ご参考に致します。

投稿日時 - 2018-10-24 03:23:45

ANo.4

いずれにしろ4月から正社員として働いて、そこだけで年103万は軽く超えるのですよね?
そこで社会保険へ入れば、当然にご両親どちらかの扶養からも外れますし、ご両親どちらかの所得税の扶養控除も付けられなくなります。
なので、4月からの収入だけで基準を超えてしまうので、バイトしてもしなくても大差ありません。

投稿日時 - 2018-10-22 14:44:00

お礼

ご回答ありがとうございます。ご参考に致します。

投稿日時 - 2018-10-24 03:23:54

ANo.3

もう200万円台など、その水準程度であれば、残業や休出含めて稼げるだけ稼ぐ方向のほうがスッキリすると思います。
主婦でパートなら扶養関係で気にする必要は高いですが、外で働いて稼ぐ男はそこまで気にしなくても良い。

会社員なら社保ですから厚生年金は唯一の保証されている老後資金源。
納めただけ老後に還ってきます(実際には色々あり若い人は減る可能性もありますが)それでも納める事で多く還元されますから理屈上は。

若しくは、自身の収入が500万超え1000万単位になったらFP(ファイナンシャル・プランナー)や税理士などに合法な税金対策を聞きに行くメリットはあります。
現状予測収入なら住県民税や所得税は大した生活上の弊害にはなりません。
強制徴収ですし、使える可処分所得もまんま出るので、もっとも現実的に、クレジットカード・リボやパチンコや女遊びなど、お金をドブに捨てない事を考えて
他に頭のいいお金の使い方を勉強して行きましょう。

投稿日時 - 2018-10-22 13:05:52

お礼

ご回答ありがとうございます。ご参考に致します。

投稿日時 - 2018-10-24 03:24:03

ANo.1

緊急なら、税務署に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2018-10-22 11:08:03

補足

ご回答ありがとうございます。
お問い合わせはしてはいるのですが、話が難しすぎてよくわからなかったというのが正直なところです。

投稿日時 - 2018-10-22 11:26:50

あなたにオススメの質問