みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

気象庁の過去の気象データでは、雨が降らない日よりも

気象庁の過去の気象データでは、雨が降らない日よりも雨が降る日のほうが多いのに、週間天気予報で雨の予報をする事が少ないということは、週間天気予報で雨が降らない予報のほとんどが外れていることになるのに、なぜ分析結果で雨が降る要因が無いからといって雨の予報を多くしないのですか。雨が降る日のほうが多いなら雨の予報を増やせばあたる確率が高くなるのになぜそうしないのでしょうか。1日前までずっと雨の予報が無くても当日は雨が降る日も多いです。梅雨の時期でも雨の予報をすることが少ないです。
仙台で雨が降った日数は9月は24日、8月は22日、7月は19日、6月は18日、5月は19日、4月は15日です。

投稿日時 - 2018-10-11 18:11:26

QNo.9546598

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

自分の過去質を読めばいい,回答がついている。
私は少なくとも三回はこの質問を見かけている。

投稿日時 - 2018-10-11 18:30:44

ANo.1

 
予報と、実績では地域に差があるからです
雨が降ったかどうかを調べてるのは観測地点だけ
http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map23.html
でも観測地点以外も予報を出さなくてはいけないので差が生じます。
 

投稿日時 - 2018-10-11 18:22:34

あなたにオススメの質問