みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

pc-8001のOSの事

PC-8001は1979年に発売されました。当時OSはまだ無く、MS-DOSは16ビットになってから発表されました。フロッピーディスクドライブは何を使っていたのでしょうか?CP/Mを使っていたのですか?

※OKWAVEより補足:「NEC 121ware :デジタルライフ全般」についての質問です

投稿日時 - 2018-10-10 15:01:49

QNo.9546193

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

 PC8001は当時の仕様で、CPUがZ80(4MHz)で、RAMは16KB、ROMBASICが32KBだったはずです。バックアップはカセットテープへのセーブでした。メモリー増設しても32KBが限界で、CP/Mを動かすのはきつかったと思いますね。

 PC8001は80×25のキャラクター表示と160×100画素のグラフィック表示しか出来ないので、OSを使うのは表示面でもきつかったと思います。

 フロッピーディスクドライブはPC8001の改良型が発売される頃に発売されていたようですが、1台が10万円ぐらいするもので、フロッピーディスクを標準装備した機種が出るまでは、手が出なかった人が多かったように思います。

 当時はメモリーが高価で、64KBフル実装のパソコンはPC8801とFM7ぐらいでしたし、OSを購入すると10万円以上かかるという高価なソフトでした。今では考えられないぐらい高値の花でしたね。

 そういうわけで、ほとんどのユーザーはBASICでプログラムを組んで、一部を機械語で作っていた程度でした。OSを使ってソフトを動かすようになったのは、PC9801が普及した後でしょうね。

投稿日時 - 2018-10-10 18:03:55

ANo.3

DISK-BASICとS-DOSってのがあった。
CP/Mは使った事無かったです。

投稿日時 - 2018-10-10 16:35:49

ANo.2

CP/Mもありましたが、基本的にはBASICです。
もともとROMで内蔵されていたN-BASICを拡張して、FDDを扱えるようにしたDISK-BASICが殆どでした。

「殆ど」と言っても、PC-8001の時代はFDDすら一般的ではなく、カセットテープが普通でしたので、FDDを繋いだPC-8001は非常にレアでした。

投稿日時 - 2018-10-10 15:22:11

ANo.1

OSはありましたよ。
なければ動かせませんからね。

BASICと、CP/M がありましたね。

フロッピードライブは、5インチDや5インチDDですね。
一般の人はフロッピーなんて買えませんから、カセットテープが多かったと思いますが。

投稿日時 - 2018-10-10 15:19:39

あなたにオススメの質問