みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

イギリスの生活保護支給額がとても多いのはなぜですか

生活保護支給額がイギリスではGDP比が4.1%で、イギリスの生活保護支給額は日本と比べると日本の約14倍とても多いです。
日本の生活保護支給額は GDP比で0.3%でとても少ないです。

イギリスの生活保護支給額がとても多いのはなぜですか?

投稿日時 - 2018-10-03 08:16:36

QNo.9543743

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

イギリスでは必要な人にはきちんと支給しているからです。
日本では いろいろと難癖をつけて追い返す。
衝立で窓口を隠す。
積極的に広報しない。
福祉事務所の仕事ぶりは とても弱者の味方だとは思えないのです。

投稿日時 - 2018-10-04 00:24:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

イギリスに限らず西欧、北欧の国々は一般的に社会保障、医療保障、生活保護が手厚いです。そのかわり税金がバカ高い。
特にイギリスは「ゆりかごから墓場まで」と言うスローガンが有名ですが社会福祉に歴史的に力を入れてきました。
個人的な理解ですが、ヨーロッパはアメリカやアメリカに倣った日本に比べてもともと社会主義、共産主義に対しての拒否反応が低くその考え方が実際政治や社会制度の中に取り込まれて来たと思います。なんせヨーロッパは共産主義発祥の地だしもともと共産主義はイギリスのようないち早く工業化を達成した国でこそ発達すると考えられていたくらい。東西冷戦の中で社会主義、共産主義は自由主義と対立するソ連、中国、東欧のものと言う縮図で考えられがちですが、その間にも西欧各国では社会主義政権が民主的に誕生したり企業の国営化が進められたりと、ソ連に比べてもよほどまともな社会主義的政策が進行していました。結果非効率やイギリスではいわゆる英国病が起こり、その後政府系事業の民営化や税金の引き上げなど紆余曲折はありましたが、そう言う流れの中で今の制度があると思います。

投稿日時 - 2018-10-03 11:48:34

補足

イギリスは小さな政府の国として軽税制で有名な国ですが、、、、?

投稿日時 - 2018-10-04 16:11:46

ANo.2

生活保護費高くして税金で取り戻す。
消費税20%。
年間所得の45%が税金。
医療費無料。
出産費無料。
国家予算の20%が医療費。
テレビは視聴料払わないとテレビ買うこと出来ない。

投稿日時 - 2018-10-03 08:59:55

補足

質問文は読まれましたか?
読まずに回答書き込んでも「無駄」になるだけですよ。

投稿日時 - 2018-10-04 16:09:39

ANo.1

税金が高いから。
他の国も同じ。

投稿日時 - 2018-10-03 08:34:14

補足

イギリスは小さな政府として有名で軽税制の国ですが、、、。

投稿日時 - 2018-10-04 16:10:56

あなたにオススメの質問