みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

役に立つ特許を取っていれば痴漢冤罪を回避できる?

具体的に言うと「世の中の役に立つ発明」を考案して特許を取っておけば、痴漢冤罪になった時に有無を言わさず逮捕されたり有罪にされたりする事は無くなるのでは?という趣旨の質問です。
日本経済に多少なりとも影響するような発明を持っていて特許まで取っていれば、その国家権力である警察も迂闊な事は出来ないと思います。
少なくとも「疑わしきは罰さず」の原則は守るでしょうね。

具体的にどうやってその発明が日本経済に影響するのを警察に知らしめるのかというと、あらかじめその特許を経済産業省をはじめとした技術の分かる役人などに売り込みに行きます。
まあ売り込んだからと言ってロイヤリティ契約できるとは限りませんが。
(いくら素晴らしい発明でもその契約を成立させる為にはもっと偉い人が何人も承認する必要があると思うので)
ただそれが本当に価値のある発明なら、役人のうち1人は俺の事を「素晴らしい発明をした人間」だと認識はしてくれて名刺までくれるでしょう。それだけで十分です。

そして冤罪を吹っ掛けられた時に「俺を誰だと思って冤罪を吹っ掛けてるんですか?経済産業省の○○さんと知り合いなんだぞ」と言えば下っ端の警察は「もしかしてこの人は何か偉い人なんじゃないか?」って思って迂闊には動けなくなるのではないでしょうか?

ちなみに発明の内容は新型のジェットエンジンで
・メンテナンス性が良く製造コストも大幅に削減できる
・バイパス比を簡単に可変できる為、燃費が良さとマッハ3までの高速を両立できる
・タービン入口温度の問題を完全に克服
・出力応答性が高い
・燃料の質を選ばない
・故障率が低い
・バードストライクや火山灰の流入にも強い
という数々の利点があるので世界の航空機事情を一変させる事が出来ます。
このエンジンが第二次世界大戦の時に作られていれば日本はアメリカに勝てたと言っても過言ではありません。
極端な話、やろうと思えば石炭でも動きます。
(石炭を使うと性能は著しく落ちますが、それでも当時のアメリカ軍のレシプロ機程度なら数十機相手でも蹴散らせるくらいの性能はありますから)

と同時にこの技術がテロリスト等の手に渡ればドエライ事になります。
現状のジェットエンジンの本体や設計図すらテロリストの手に渡るとかなり厄介になるようですし、新型のジェットエンジンの場合は「精密な加工技術」や「特殊な材料」や「予算や時間」が無くても作れてしまいますから、その新型ジェットエンジンを利用したミサイルや戦闘機がバンバン作られてしまうでしょう。

もちろん現在の空中戦は戦闘機の性能よりも他の要素の方が大きいと言われていますが、それは「数の桁が違わない」場合の話ですよ。
新型のジェットエンジンの場合、通常のジェットエンジンより遥かに安価につくる事が出来るので戦闘機を1万機や10万機だって作る事が出来ます。
そこまでの数になってくると当然「数の暴力」が効いてきます。
何故ならばF-22といえどミサイルの搭載数には限界があるのでせいぜい10機程度しか打ち落とせませんから、せいぜい数百機程度のF-22なら数万機の「新型ジェットエンジンを搭載した戦闘機」で簡単に蹂躙する事が可能です。
極端な話、この新型のジェットエンジンの技術さえあれば、大量の石油と金属がある国が数の暴力で圧倒的優位になるでしょう。
この数の暴力を覆す為にはABC兵器しかありませんが、そんなものを使うと核戦争が勃発して自分達まで危うくなるので国が滅ぶ直前までは使えません。
よってこの技術がテロリストの手に渡ると世の中が蹂躙されるかそこまで行かなくても大きな爪痕が残る事になるのです。

だからこういう発明というのは相互破壊確証のカードとしても使えます。
『お前らが「疑わしきを罰す」という「核兵器的なえげつないもの」を使うなら、こっちも「新型ジェットエンジンの技術を特許には記載してないノウハウ秘匿部分の技術までテロリストに渡す」という「核兵器的なえげつないもの」を使うぞ』
という交渉もできるでしょう。

(もちろん交渉する相手が技術に疎い場合、言葉の説明だけでは新型ジェットエンジンの素晴らしさを理解できないでしょうから、そのエンジンを製造して実際に動かして燃料流量と推力まで測定してる動画を見せた方がいいですね)

「痴漢冤罪を吹っ掛けてくる女1人相手にそこまでしなくても…」と思うかもしれませんが、そもそも痴漢冤罪って社会そのものがその問題を放置してるのと同時に、大した証拠もないのに(あるいはやってない証拠まであるのに)有罪にしてるからそうなってるわけで、痴漢冤罪を被った側にとっては社会そのものが敵になるんですよ。
だからそこまでされても仕方ないんですよね。

これからの時代「社会が俺を巻き込むなら俺も社会を巻き込むぞ」という強気の姿勢が必要です。
法的に弱い男性が自分の人生を守る為には、これからの時代「一家に一台相互確証破壊」が必要になってくるでしょう。

投稿日時 - 2018-10-02 15:06:03

QNo.9543511

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

 権力に別の権力で対抗しようという発想が、すごく男性的と言うか、面白いなとは思うのですが、交渉の仕方として、”秘匿技術をテロリストに渡す”と言いだすのは、逆効果ではないかなと思います。普通の研究者は、テロリスト側から技術目当てに接近されることはあっても、技術流出目的で研究者側から接触するということは、まずないと思うんですね。それをできるつながりがあるということは、すでにテロリストの知り合いがいる、テロリスト予備軍であるとみなされる恐れがありますし、自ら技術を持ったテロリストなんて、ただのテロリストよりも厄介ですから、それこそ冤罪でも何でも良いから刑務所に入れて、俗世間から隔離した方が良いと考えるかもしれません。

 刑務所に隔離しようと考えるのなら、微罪といったら申し訳ないですが、痴漢よりももっと刑期の長い重罪の冤罪をかけたほうが効果的です。例えば殺人とか。本当の殺人事件なら、冤罪で別の犯人をでっちあげたら、殺人者である真犯人が野放しになって、再犯の危険もありますが、事故とか自殺とかを殺人事件ということにして、あなたを犯人にでっちあげてしまえば、もともと犯人が存在しない以上、凶悪犯が野放しになるということもないですし、テロリストとの接触も防げます。他の回答者様で妄想だと書いている方がいましたが、刑務所内では精神的に病んでいて妄想癖があるということで他の受刑者から隔離してしまえば、出所していく受刑者経由での流出も防げるわけです。

 ただ、警察というか国家に対して交渉できるほどの技術があるのなら、痴漢冤罪で現在の会社をクビになったとしても、新たに雇ってくれる会社ってあると思うんですね。特に発明の内容が新型のジェットエンジンということですから、そのエンジンを使った航空機等が報道で取り上げられたとしても、発明者まで取り上げられるということはほとんどないですから、発明者に逮捕歴や前科があったとしても、航空機のイメージダウンにつながらないと思います。会社の広報がしっかりしていれば、発明者の情報くらいはコントロールできますから、航空機以上に発明者が注目されるようなことにはならないと思いますよ。それでも、痴漢冤罪に絶対に巻き込まれたくないということなら、電車等に乗るときに、手のひらとか下半身とかを常に撮影し続けて、痴漢だって言われたらすぐに再生できて、冤罪だってその場で証明できるようなカメラとかを発明したらどうでしょうか。特許を取れるような技術力、発想力があるのなら、冤罪で警察に連れて行かれたときに警察といかに交渉するかではなく、そもそもすぐに冤罪を晴らして警察に連れて行かれない方法を考えてもらえれば、勘違いで別人を痴漢で告発してしまった時などに、真犯人を野放しにせず、被害を減らすことにもつながるので、より世の中のためになるように思います。

投稿日時 - 2018-10-04 10:12:05

お礼

回答ありがとうございます。

確かに”秘匿技術をテロリストに渡す”という交渉の仕方ではテロリスト予備軍と認定されるリスクがありますね。
政府が本気になったら殺人の冤罪くらい簡単に着せられそうですし。
“秘匿技術を海外企業に渡して国益を損なわせる”くらいの交渉が丁度良いかもしれません。

ただそれでも政府が卑劣な行為をしてくる可能性があるので「自分の身に何かあったら自動的に秘匿技術のデータが送信されるようにする」
という手筈を整えておいた方がいいでしょうね。

仰る通り国家に対して交渉できるほどの技術があるなら、クビになっても雇ってくれる会社もありますが
会社経由でしかも自分の情報を出さなかった場合「このような素晴らしい発明をした」という名誉も得られませんし
下手すると相応の対価すら得られないので、自身で企業に特許売り込みをした方がいいでしょうね。

しかしその場合も「自分が痴漢で捕まった」という情報を企業が持っていた場合、足元を見られて不利な条件で契約させられたり
特許つぶしをされる可能性があります。
(僕が想定してる売り込み先の企業であれば前科等の身辺調査も余裕で可能でしょうし、警察ともつながりがあるでしょうから)
ようは企業側が「犯罪者の発明を特許潰し等で奪ってもマスコミには大して叩かれないだろう」と考えて特許無効審判を請求する可能性があります。
(個人の特許が潰されないのは、企業がそんな事をしたらマスコミに叩かれるからというのも理由の一つなので)

ですので「痴漢冤罪を着せられた際に生じる損失」を考えると普通のサラリーマンよりも発明家の方が大きいと考えられます。
だからこそ質問文のような冤罪対策も行う事を検討する必要性があると考えています。

ちなみに小型のカメラを内蔵したブレスレットで手元周辺を撮影し続けるというアイデアは既にあるそうです。

https://mainichi.jp/articles/20180216/k00/00e/020/387000c
痴漢行為を疑われたら弁護士がその画像を見て痴漢行為が無ければ“痴冤証明”が発行され
利用者のスマホに送信される仕組みだそうです。

投稿日時 - 2018-10-04 16:58:21

ANo.8

発明していないと有無を言わさずに
有罪になると言うことですか?

発明どうこう関係ないです。
発明に関して権力を持つことはないと思いますけどね。

お金稼いで何か賄賂で金をばらまくとかもみ消すとか出来るのかも知れませんが、特別な権力を持つわけではないでしょう。

権力とは発明ではなく、立場の問題です。

特許を取って、金を稼ぎ、金をばら撒いて
総理大臣になるとか
検察庁の偉い人になるとか
公安の偉い人になるとか
ならわかりすけどね。

権力と発明をごちゃ混ぜにして、発明した段階で権力が持てる妄想になっています。
整理して考えるべきでしょう。

例えどんな発明であろうが、痴漢して有罪になれば
その発明や特許が必要な場合、どうなるかと言えば
刑務所を軽くする条件で働くことになり刑期が
軽くなるだけでしょう。
もしくは全てのデータを没収されて終わりだと思います。

そもそも発明は関係なく有無を
言わさずに有罪にはなりません。

裁判所に行き、裁判を見たら良いと思います。

投稿日時 - 2018-10-04 00:33:44

お礼

他の犯罪ではそうですが、痴漢だと相手の言い分だけが通って有無をいわさず有罪になる事があるんですよ。

確かに発明した段階では特別な権力を持つ事はありませんが
例えば肝心な部分はノウハウ秘匿にして、自分に何かあったらそれを望まない団体(海外企業など)にデータを送信して国益が損なわれるようになる等の手筈が出来ていれば
国も警察も自分に対して下手な事(一方的に冤罪にする)は出来ないのでは?という趣旨です

投稿日時 - 2018-10-04 16:37:51

ANo.7

ねーよ。
裁判官でも罪に問われます。

投稿日時 - 2018-10-03 10:56:49

お礼

質問文をよく読んでください。
あくまで冤罪の場合です。
それに裁判官程度なら代わりはいくらでも居るので比較対象としては間違っています。

投稿日時 - 2018-10-03 16:54:24

ANo.6

白色LEDの発明者である中村修二博士の名前を、おそらくご存知でしょう。彼が白色LEDを発明してくれたおかげで世界中にどれだけ貢献したか。中村博士自ら自賛していますが、エジソンの電球の発明にも匹敵する偉大な発明であることに異論はないと思います。

さて、この中村博士がこの際なんでもいいですから、何か犯罪をしてしまったとします。詐欺でもセクハラでも殺人でもなんでもよろしい。
で、そうなったときに中村博士の罪をチャラにする必要はあるでしょうか?いや、偉大な発明家だから大目に見ようという意味ではありません。彼が獄中の人になることによって、例えば白色LEDの普及や開発に支障が出るのかということです。
たぶん、それはないですよね。まあ何かが滞るかもしれませんが、そうなったら困るってわけでもありません。つまり無理に犯罪をチャラにしなければならない事情はないということです。もう偉大な発明は終わっていますからね。

ではiPS細胞の山中伸弥教授はどうでしょうか。確かにもし山中教授が獄中の人になったらダメージは計り知れません。でも、世界中の優秀な人がこぞって研究しているのです。誰かが穴は埋めてくれるでしょう。

ですから、発明し終わったあとはもう遅いとなりますね。まだ発明をしていなければ、それで獄中の人になることで発明がされなくなりますから、損害が発生します。しかしこれはもうSFの世界ですよね。その人が偉大な発明をするかどうか、予測することは不可能です。
だから、質問者さんが偉大なエンジンを発明した後に犯罪を犯しても、それをチャラにする必要はありません。肝心な部分はもう特許になって誰もが閲覧できますから、技術は失われません。
しかし今の段階なら、まだ偉大な発明は行われていませんから、質問者さんが獄中の人になるのは損害になります。

とはいえ、もし質問者さんが痴漢をして捕まったときに警察に対して「俺は未来に偉大な発明をする男だぞ。今俺を犯罪者にすると科学の進歩が止まるんだぞ!」といっても、たぶん聞く耳はもってもらえないのが残念なところであります。

投稿日時 - 2018-10-02 18:53:34

お礼

回答ありがとうございます。
確かに中村博士の場合はそうかもしれませんね。
しかし今以上に性能が高いLEDを発明する可能性がある以上、
冤罪の可能性が僅かでもあるなら徹底的に検証されるし「確実にやった証拠」が無いのであれば処罰されないのではないでしょうか?

>ではiPS細胞の山中伸弥教授はどうでしょうか。確かにもし山中教授が獄中の人になったらダメージは計り知れません。でも、世界中の優秀な人がこぞって研究しているのです。誰かが穴は埋めてくれるでしょう。

しかし日本人以外の人が特許を取ってしまったら日本は本来得られるであろう国益を得られないのではないでしょうか?
その点で日本という立場で彼を裁くとなると影響が出るのではないでしょうか?
先ほど申した通り、少なくとも冤罪の可能性が0.001%でもあれば慎重に検証されると思います。

>だから、質問者さんが偉大なエンジンを発明した後に犯罪を犯しても、それをチャラにする必要はありません。
肝心な部分はもう特許になって誰もが閲覧できますから、技術は失われません。
しかし今の段階なら、まだ偉大な発明は行われていませんから、質問者さんが獄中の人になるのは損害になります。

特許では請求項の内容を実現さえ出来ればいいので発明の骨子だけを特許にして
あとの肝心なところをノウハウ秘匿にする事ができます。
たとえば特許に書かれた部分だけだと推力重量比が2倍になる程度だけど、ノウハウ秘匿の部分を使えば製造コストが大幅に削減できるといった具合にです。
そうすれば、そのノウハウ秘匿の部分を交渉の材料にする事ができるのではないでしょうか?
(骨子の重要な部分を発明したという実績があるので、ノウハウ秘匿の部分があると言っても信じてもらえると思います)

この場合、ノウハウ秘匿に該当する部分の技術が他国に渡り特許出願されてしまうと国益を損ねてしまいますし
テロリスト等の手に渡れば簡単に高性能のジェットエンジンを作られてしまうので手に負えなくなる可能性も出てきます。


>とはいえ、もし質問者さんが痴漢をして捕まったときに警察に対して「俺は未来に偉大な発明をする男だぞ。今俺を犯罪者にすると科学の進歩が止まるんだぞ!」といっても、たぶん聞く耳はもってもらえないのが残念なところであります。

一応断っておきますが痴漢をするつもりはありません、あくまで痴漢冤罪になった場合の話です。
ちなみに私は既に1件だけ別の特許を持っていますし「偉大な発明」ではなく「新型のジェットエンジン」と言うつもりなので
「もしかすると本当かも」と思われる可能性もあるのでは?

また、質問でも少し書きましたが研究所などにエンジンを持って行ってエンジンの構造自体は明かさずに、
「このエンジンはこれだけの燃料消費率でこれだけの推力を発生し、それをこれだけの時間連続稼働させて騒音は何dB」
という事を別の第三者の研究者にに証明してもらうという方法もあると思います。
このようにすれば特許を取って公開しなくても「画期的なエンジンを考案している」という事を証明できるのでは?

この場合「エンジンに燃料などを隠し入れて燃料消費率を誤魔化す」という不正を研究者が疑う可能性があるので
・エンジンを電気炉で300℃に加熱して中に燃料を隠し入れていない事を証明する
・エンジンを作動させた前後でエンジン自体の重量を測定し大して変わってない事を証明する
・仮にエンジンに燃料を隠し入れていても、その量が投入した燃料と比較して無視できるようになるくらいエンジンを連続稼働させる
などをすればよいと思います。

投稿日時 - 2018-10-02 19:56:22

ANo.5

大学の教授でも痴漢で逮捕された人はいます。
犯罪は犯罪、仕事の功績は仕事の功績ですから別物です。

今のアメリカで司法長官になるなら女を強姦してもいいのかという騒ぎが起こっているじゃないですか。別物です。

しかし、悪いことをしたら本来の立場もはく奪されるでしょう。
発明があろうが何であろうが、犯罪をしたらおわりです。

ましてや冤罪だというまではいいけど、逆襲をかまそうなんていうのは人間として結局そのレベルじゃないかと思われるだけです。

思い出す漫画がひとつあるんですけど、つげ義春で、タイトルはなんだったかな、夜の道を歩いていると風呂上りで帰ってくる若い女性が自転車かなにかにぶつかって田んぼに倒れて気を失うんですね。わあこんなに股が開くんだとその内腿に手を触れて、それだけだけど、そっと帰ってきた。
そしたら家に帰っていると近所が騒ぎになっているのを聞くと、どうもぶつけられた女が倒れていたということで、主人公はどぎまぎする。別に強姦をしたわけではないけど警官になにか言われるんじゃないかとくよくよしだし、以前もらったことがある防犯ポスターのご協力感謝状だとかそういうものがあったはずだと家探しを始めるんですね。もし警察からの感謝状が飾ってあったらおれは何の犯人でもないはずだ、というように短絡的に考えてうじうじするという、つげ漫画以外ではまず表現されないような内容でした。
だけど、同じようなことはたいがいしませんけど、この漫画を見て主人公に気をいれてしまい、犯人扱いされないようにしたいという気持ちには共感する不思議な漫画でした。

あれと同じようなことを言っている投稿ですね。

投稿日時 - 2018-10-02 16:40:11

お礼

>大学の教授でも痴漢で逮捕された人はいます。

教授程度ではそうなるでしょう。
何故ならば社会の役に立つ発明をしていないのですから。
ただ勉強が出来るだけの人間と発明をして社会の役に立っている人間は違うと思います。

>今のアメリカで司法長官になるなら女を強姦してもいいのかという騒ぎが起こっているじゃないですか。別物です。

もちろん別物でしょうが僕は犯罪ではなく冤罪の話をしています。
社会の役に立つ人間に対してなら「疑わしきは罰さず」という原則くらい守ったらどうかという話です。
そもそもその原則は全ての人間に対して守られるべきものですがね。

>ましてや冤罪だというまではいいけど、逆襲をかまそうなんていうのは人間として結局そのレベルじゃないかと思われるだけです。

やった証拠もないのに犯人扱いする方がおかしいと思います。
法の原則を守らずに恣意的に人の人生を終わらせようとしてるわけですから逆襲をしても仕方ないと思いますよ。
そもそも逆襲の内容だって「テロリストに発明の内容を教える」というギリギリ合法の範囲の事ですから。
本当に冤罪だったら「法の範囲での逆襲」は正義の行為と言ってもいいでしょう。

>思い出す漫画がひとつあるんですけど

これって内容を見る限り、実際に女性の内腿に手を触れてしかも助けもせず通報もせずに立ち去っており
れっきとした犯罪行為ですので冤罪とは違いますよ。

投稿日時 - 2018-10-02 18:01:26

ANo.4

なかなかおもしろい発想ですね。

投稿日時 - 2018-10-02 16:31:32

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2018-10-02 17:50:41

ANo.3

どんなに素晴らしい特許を持っていても、公権力に捕まって「特許権を放棄すれば無罪にしてやる。放棄しなければ死刑。お前が死んでも、特許の使用許可は遺族から受けられる。遺族が使用許可を出さなければ、遺族もお前と同じ運命を辿るだけだ。さあ、どうする?」って言われるだけです。

国家は「国家繁栄のため、社会繁栄のためなら、特許権を持つ一族を闇に葬り去る」くらいはします。その特許が「個人が権利を独占すると世の中の為にならない」なら尚更です。

投稿日時 - 2018-10-02 15:34:39

お礼

ありがとうございます。
確かに後ろ盾が無ければそうなってしまう可能性が高いですよね。
そのためにもノウハウ秘匿の部分は持っている必要がありますし「自分の身に何かが起こったらそのノウハウ秘匿の部分の技術が望まない団体に送信される」という手筈を整えておく等の対策が必要ですね。

投稿日時 - 2018-10-02 15:38:58

ANo.2

まぁ妄想に過ぎないな

投稿日時 - 2018-10-02 15:29:36

お礼

この手の脅し的なものって妄想だと思われたら意味がないですから、相手に「もしかして本当かも」と信じさせるノウハウは必要ですね。

投稿日時 - 2018-10-02 15:32:06

ANo.1

 
特許は毎年20万件ほど登録されてます。
 
私は一介のサラリーマンですが登録した特許を4つ持ってます。
 

投稿日時 - 2018-10-02 15:12:00

お礼

僕も特許は1件持っていますが、4件とは素晴らしいですね。
1件だけでも試行錯誤して結構大変でしたから。

投稿日時 - 2018-10-02 15:13:57

あなたにオススメの質問