みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

腹痛が4か月以上続きます 胃カメラでは

異常なしでした
食べなくても満腹感があるし
食べても食べなくても腹がいたいです
食べると特にすごく痛みます
ひどい腰痛があります
関係ありますか
食べたあとは気持ち悪くて必ず吐きます
腸やみぞおちがいたいです
広く胸やお腹が痛いです
なんの病気が考えられますか
脂肪肝や逆流食道炎があります
なんの臓器がわるいんでしょうか
痛くてたまりません
消化器内科では問題ないといわれました
どこの科にかかればいいですか

投稿日時 - 2018-09-27 17:58:52

QNo.9541736

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

何処の”診療科・・・と、お尋ねでしたら、”投稿者様の、お体の症状を詳細に述べられて、話されまして”まずは、診療内科とか”受診医療科目の相談室などを、お尋ね頂ければ、宜しいのではないでしょうか、どうぞ、お体を”ご自愛を、お願いを致しまして。・・・
===================================
◎直ぐに、投稿者様の”勤務先又は、日頃何かと”心近しい方と”ご相談をされる
事でしょう、場合によっては”即時、入院準備マタは、投稿者様文章内容では、かなり”人間の”体に関して医師先生でも”特定臓器専門医師でもナイ方々の、提言等を受けられる事よりも、慎重に”お体症状と、今後の手当て”治療方法等は、至急、近傍の”総合病院又は、◇◇◇大学病院等へ、受診ご相談をされます事を、”場合によっては、緊急”外科手術を、必要とされる場合が、有りますので、極々、慎重に対処をされて下さいませ。・・・
*** *** ***
(下記の文章を、ご参照下さいませ。)
+++ +++ +++
●慢性の腹痛は、3カ月以上持続する痛みです。常に痛みがある事も、痛みが現れたり消えたりする(反復性)事も、あります。

慢性腹痛は通常は小児にみられ、5歳以降に現れます。5~16歳の約10~15%(特に8~12歳)に慢性腹痛または反復性腹痛がみられます。男児と比べ女児にやや多いようです。成人の約2%(主に女性)に慢性腹痛がみられます。

慢性腹痛がある場合、原因に応じて他の症状が、診られる事も、あります。

<原因系>
●通常は、腹痛が3カ月以上持続する時点までに医師による評価を受けており、腹痛を引き起こす典型的な病気( 急性腹痛)は既に、特定されています。
この時点までに評価が行われていて原因が特定されていない場合、具体的な身体の病気が認められる人は約10%に過ぎません( 慢性腹痛の身体的原因と特徴)。残りの90%は、いわゆる”機能性の腹痛でしょう。
基本的には、人間には”各種の自浄作用が、ありますが”特定臓器か複雑系”連動された、お体内部からの”SOSアラームが、腹痛になる事もありますから。・・・

●機能性疼痛は、実際の痛みが4~6カ月以上持続するもので、具体的な体の病気(消化性潰瘍など)の証拠が認められなくても発生します。また、身体機能(月経、排便、食事など)、薬、毒性物質とは関連していません。機能性疼痛は重症化することがあり、一般的に生活に支障が生じます。この痛みの正確な原因は不明です。

しかし、殆んどの人にとって苦にならない感覚(消化管の正常な動きなど)に対して消化管の神経が過敏になることがあります。
遺伝的要因、生活面でのストレス、性格、社会的状況、または基礎にある精神障害(うつ病や不安など)は、全て、機能性疼痛の一因になる可能性があります。

小児における慢性腹痛は、注意を引きたい場合(兄弟姉妹が生まれた場合や家族の引っ越しがあった場合など)、就学開始のストレス、乳糖不耐症、またはときに小児虐待に関連する事が、あります。

(( 一般的な、身体的原因 ))
身体の病気の多くが、慢性腹痛を引き起こします。
( 慢性腹痛の身体的原因と特徴)最も一般的な原因は年齢により異なります。
小児で最も一般的な原因は、以下のものです。

•乳糖不耐症(乳糖は乳製品に含まれる糖分)又は、便秘など。
•胃食道逆流症、若い成人で一般的な原因としては、以下のものが、あります。
•消化性潰瘍又は、”アスピリンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)などの薬による消化不良(消化障害)
•胃の不快感(アスピリンやNSAID、コーラ飲料[酸性度]、香辛料の_効いた
食品に、起因する場合)・・・•”肝炎(かんえん)等の、肝疾患(かんしっかん)
•胆嚢炎などの胆嚢疾患 •膵炎(すいえん)膵臓(すいぞう機能の衰え)などの膵疾患
•ジアルジア症などの寄生虫感染症 •クローン病などの炎症性腸疾患
•過敏性腸症候群等々。

※成人では、がん(胃がん、膵臓がん、結腸がん、卵巣がんなど)がより一般的になります。

更に、、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、子宮内膜症などの病気がある女性が、更年期(こうねんき)に成ると、腹部症状が一段と疾病が、増加傾向に、なる場合も有る事でしょう。                        以上
*** *** *** *** ***

投稿日時 - 2018-09-28 21:26:27

ANo.2

胃カメラでは腸は見れないのでお尻から入れないとダメだと思う
そちらも相談してみたらどうですか?

投稿日時 - 2018-09-27 20:30:30

ANo.1

すぐに総合病院の内視鏡検査で小腸を調べてください。
あなたの症状が、私と同じなようです。
私は小腸に「クローン病」という潰瘍が全体に広がっている病気に
掛かっていました。胃や大腸を調べても「なんの異常もありません」
と言われるだけでした。
しかし、小腸を内視鏡で調べてみると潰瘍が内視鏡を通さなくなるほど
肥大していたそうです。
出血すると大変です。
早めに小腸内視鏡のできる大病院に掛かることをお勧めします。

投稿日時 - 2018-09-27 18:38:23

あなたにオススメの質問