みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

精神的なパラリンピックもありうるでしょうか

パラリンピックが話題になっていますが、精神的な分野でのパラリンピックもあっていいのかなと思いますが、どうなのでしょうか。ゲームのようなものもオリンピック種目になるような話も聞きますが…。

投稿日時 - 2018-08-27 10:51:01

QNo.9531369

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

パラリンピック精神というものがあります。

車いすバスケットボールというのは、必ずしも下半身不随でなくてもできます。健常者が車いすを駆使しながら競技をすれば成立するんです。
ただ、普段車いすを使いなれて自分の身体の一部のように操作できる人間のほうがどうしても優れているという状況がでて来ます。
目隠しをしたホッケーでも同じで、必ずしも障害を必要とはしません。

パラリンピック初期に偏見があったのは、体が上手く動かない人たちが何かをすることで「よくやったね、えらいえらい」をする大会なんて差別じゃないかということでした。
その偏見は、車いすバスケットボールとか車いすラグビーで払拭されるのです。
ただ単に、何らかの条件をつけてやるスポーツなんであって、どこかの障害がそれを阻止するなんて言うことがないのがパラリンピックスポーツなんです。

最初から差別をするということをオミットする条件で戦うんですよ。
これは知的障碍者でも、水泳なんかではイーブンに戦えます。

知的障碍者だけのパラリンピックというのを考えるとすれば、その精神に違反します。
知的障害がなければ参加してはいけないというような条件をくわえてしまうからです。

もちろん、音楽の分野なんかでは素晴らしい才能の人間がいて、大江さんのところにもひとりいますが、彼をだれと闘わせるというのでしょうか。
ほぼ意味がなくなるんです。

精神障害の場合、そもそも並んで闘う意識が出てこないのが障害なんで、そこに大きなハードルが存在します。

投稿日時 - 2018-08-27 17:15:12

お礼

私も競技の形でなくてはいけないということはないと思っています。

投稿日時 - 2018-08-28 01:00:37

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

実は長野の冬季五輪から、パラリンピックに知的障害部門が入るようになっていたのですが、シドニーパラリンピックで「よく考えれば確かにそういう事件は起きるだろうね」というような大事件が発生してしまいます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%89%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF

知的障害部門に、健常者をこっそり混ぜてしまったのです。身体障害は隠すことはできませんが、知的障害は騙すことができます。でも健常者が知的障害者のフリをするって二重三重にアウトですよね。
この大事件のせいで知的障害部門はパラリンピックから長いこと外されることとなりました。

それがロンドン大会から、ようやく復活することになりました。今現在においてどのような対策と防止策がとられているのかは分かりません。
リオデジャネイロ大会でも知的障害部門に日本人選手がエントリーし活躍したのですが、びっくりするくらい世間は黙殺ですよね。一部スポーツ新聞がこっそり取り上げるくらいでした。知的障害者がメディアに姿を現すことそのものが難しいというのがあるのでしょうね。特に今のマスメディアはとにかく事なかれ主義ですから、取り上げて望まない反応をされることにビビって取り上げないのでしょうね。

そういえば、私の記憶では昭和の頃の24時間テレビって割と知的障害者も出ていたような記憶があるのですが、最近の24時間テレビで知的障害者が取り上げられることってすごく少ないんじゃないかなって気がします。

投稿日時 - 2018-08-27 15:30:45

お礼

競技の形をとらない方式も可能ではないかと思うのですが、オリンピックと呼ぶ必要もなくなるかなと思います。

投稿日時 - 2018-08-28 01:02:52

ANo.5

「スペシャルオリンピックス」というのがすでにあります。
http://www.son.or.jp/

私は大々的な物である必要もないように思います。色々の力が発揮できる場があればいいのでは。

投稿日時 - 2018-08-27 12:25:21

お礼

おっしゃる通りですね。

投稿日時 - 2018-08-27 13:01:29

精神的な分野でのパラリンピックですか?
これ以上、いろいろ増やすとまた「余計なカネ」がかかりますので
やめておいたほうがいいだろうと思いますけど


一旦はじめると減らしたり止めるのって
大変ですし

投稿日時 - 2018-08-27 11:57:44

お礼

なるほど、ご意見の趣旨よくわかりました。

投稿日時 - 2018-08-27 13:02:36

ANo.3

精神的な分野でのパラリンピック=知的障害者の種目もあるべきでは、という意味でしょうか?

90年代に知的障害の種目はありましたが、2000年大会で健常者が装って参加して金メダルを取ったことが発端となって、現在は事実上締め出されてます。知的障害の判別を明確に出来れば復活とされてますが、現時点でも難しい状態のようです。

>ゲームのようなもの
チェスや囲碁などはアジア大会などで実施されたことはあります。チェスは五輪種目にと働きかけてますが、実現には至ってません。そういう意味ではカーリングは冬季種目として採用されていますよ。

投稿日時 - 2018-08-27 11:44:35

お礼

やはりいろいろな問題や課題があるのですね。

投稿日時 - 2018-08-27 13:03:54

精神的障害は、証明する事が難しく、それをランク分けすることは困難です。
なので、精神的パラリンピックの開催は無いです。

投稿日時 - 2018-08-27 11:04:26

お礼

何も競技の形をとる必要もありませんね。

投稿日時 - 2018-08-27 13:04:56

ANo.1

いづれ精神的な分野でのパラリンピックもできるでしょう。

投稿日時 - 2018-08-27 10:54:09

お礼

オリンピック以外のものでもよろしいですね。

投稿日時 - 2018-09-05 13:16:55

あなたにオススメの質問