みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今後の日銀の為替戦略について

異次元緩和の目的は・・・とは口が裂けても言えませんが、インフレ率目標を達成することはこれっぽっちもできず、実際の効能は円安誘導であったことは明らかです。

問題は今後の対応ですが、ドル買い介入は許されない、緩和もしっぱなしとなると今後円高が進んだ時に取れる対応がないという事になります。次回のアメリカの景気後退によって円高が進んだら、日銀にはどのような手がありますか?
黙って円高を見ているほかありませんか?

投稿日時 - 2018-08-03 13:46:57

QNo.9524412

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

そのような局面では市場は金融収縮の方向で動いている状況ですから、その逆となるバイアスとして政府と日銀で足並み揃えて行動すれば対処可能です。
政府が国債を追加発行し積極財政政策を行い、日銀は状況に応じ積極的に国債を買うということで十分対応可能です(まぁそもそもここ20年も今現在もそれをすべきなのにずっとやってこなかったのですが)。

現在でもそうですし、ここ20年ずっとそうですが、日銀が金融緩和の方向で、政府は緊縮財政と構造改革で引き締めの方向、これじゃいつまで経っても景気は上向かないですよ(苦笑)。政府なんて「GDPが横ばい」で「景気は緩やかに回復している」とかいってみたり、「インフレ率 +0.x%」で「もはやデフレではない」と言ってみたりしているポンコツぶりです。

投稿日時 - 2018-08-03 19:33:49

お礼

ご回答ありがとうございます。言われてみればその通りというか、政府が浪費してしまえば円安にはなりますね。ワイズスペンディングで行きたいところですが。

投稿日時 - 2018-08-03 21:28:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

異次元緩和の目的は・・・とは口が裂けても言えませんが、インフレ率目標を達成することはこれっぽっちもできず、

実際の効能は円安誘導であったことは明らかです


★回答 まちがえ


(1)最初から 物価目標 オーバーシュートコミットメント2パーは変わらない
周りがバカだけ

(2)金融が政策どうりやっても
まぬけセクハラ 財務省と政府の財務省系の議員が 足ひっぱってりゃ
2013年予想どうり デフレ気味 失敗は政府のまぬけ 日銀には迷惑なだけよ
国民にいい迷惑

以下で予想と まぬけは あぶりだされてる

★検索キーワードは以下で 解説済みだ 公知よ

消費税は精神分裂 ユーチューブ

消費増税の集中点検会合、有識者の7割が増税賛成?誰が賛成?

投稿日時 - 2018-08-04 17:47:20

ANo.4

すでにアメリカは円の円高を要望していますので、円高にするしかないでしょうね。
どこまでの円高を容認できるか、です。
また日銀のインフレ対策は絵に描いた餅であり、実現不可能。
市場に、庶民に金が流れていないのですから消費も起きません。
ましてや消費意欲のない高齢者が増え、消費しようとしない低賃金の若者が増えてるのですから。
それに国債の日銀買い入れですが、その量が多すぎます。
今のレベルは太平洋戦争中のレベルです。
これを良しとすれば永遠にその状態は続き、市場原理としてもおかしなことになります。
ましてや現在では日銀保有の国債が売れないのですよ。
日銀が保有したままだと、国債が暴落すれば日銀は倒産します。(ご存知ないかもしれませんが、日銀は単なる会社ですから)

これらは経済を知らない安倍と発想力の乏しい黒田、そして株価だけが頼りのアベノミクスの失敗を隠すための施作です。
私は経済には疎いので解決策は見出せませんが、安倍・黒田のような経済音痴を排除し、彼らのような旧態以前の経済しか知らない老人を排除し、発想の転換できる首相・総裁を据えるべきでしょうね。
このアホ二人組のために、今後の経済修正は数十年かかるでしょうね。
アホが権力をを持てばどうなるかのお手本です。
もはや世界経済の破綻は秒読みですよ。
1~2年のうちに世界経済破綻なども言われ始めてますから。

そうなれば国債も株価も下落。
年金原資もパァで、ますます年金支払いは減額されるでしょうね。

それに金融緩和も少しずつ是正され、マイナス金利も極々僅かに金利も上がります。
ホンマに更に失われた5年間ですね。
老人の経済感覚をやめ、斬新な経済政策に転換した方がいいかもしれません。
政府寄りな人材に頼るのではなくね。

投稿日時 - 2018-08-03 21:06:46

お礼

ご回答ありがとうございます。経済というのは存外難しく専門的な分野だと思います。

おっしゃる通り為替は政治で決まるのでどうにもならないところはありますが、それはさておき日銀が今後の円高を阻止する手段を持っているかどうかを経済学の範疇でご回答頂けましたら幸いです。

まず日銀は国債を売れないと言っても償還期限は来ますから、新たに買わないと勝手に減っていきます。
また太平洋戦争レベルの国債を発行しても何のインフレも起こらないのは経済的な意味での生産力が十分にあるからであって、その限りにおいては無限に借金できる可能性はあるという事です。

投稿日時 - 2018-08-04 16:33:50

ANo.3

いいえ、違う。2013年度末に、インフレ率は1.4%で絶好調だった。円安誘導は公然の秘密で、米英欧、みんな金融緩和による自国通貨安誘導はやっているたことで日本が始めたからといって文句のつけようがない。インフレ率が落ちたのは8%消費税のためである。一応8%消費税は黒田の管轄ではないが、経済を良くするために雇われた総裁としては、彼が消費税アップに賛成なの重大な問題がある。

浜田さんは外国債を買えばいいっていっていた。

subarist00さんは状況判断に誤りがある質問が多いように思える。当然、質問に沿った答えもとんちんかんになりがちである。

投稿日時 - 2018-08-03 20:55:22

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-08-03 21:26:29

ANo.1

安倍体制で、何もしない前から上がった株価ですが、「アベノミクス」
を看板に経済優先の政策をとり、政権安定を図ってきています。
そこに黒田総裁が2013年に就任して以来、安倍圧力下で金融政策を
実行しています。更にここで再任されました。

国の借金があろうが、無かろうが、お構いなしです。
その中で黒田バズーカを何発も撃ちましたが効果は限定的で、今さら
不発とは言えません。要するに「失敗」です。
https://moneyforward.com/media/career/66248/

ここで出てきたのが地銀対策ですが焼け石に水でしょう。
「手詰まり」「詰み」の状態だと思います。
藤井聡太七段に出てきてもらって、起死回生を狙うしかありません(笑)

投稿日時 - 2018-08-03 14:50:43

お礼

お付き合いありがとうございます。失敗というのは”真の”目的を達成したかどうかで決まると思いますが、その意味ではバズーカでインフレというのはもともと無理だとわかっていて、円安誘導のためにやったことは明らかなので達成はしていると思います。成功かどうかはそれで得られる利益とそのためのコストが今後どう跳ね返るかにもよるので今は何とも言えないと思いますが。

投稿日時 - 2018-08-03 16:19:51

あなたにオススメの質問