みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

渓流トラウトのスピニングタックルとベイトタックル

渓流のトラウトルアー歴10年の男です。ここのところ釣りに飽きてきて「そろそろやめようかな~」なんて思いながら今シーズンは4回行きました。一番回数行った2年目は38回行きました。

ここ数年渓流ルアー界ではベイトフィネスが流行しています。私はスピニングしか経験がなくベイトリールは一度も触ったことがありません。

まだ渓流ベイトフィネスが流行する前に、後に渓流ベイトフィネスを流行らすことになる御本人に「どうしてベイト使っているんですか?」と訊いたら、「楽しいから」
と言っていました。

スピニングでマンネリ化していて釣りをやめようかと考えている私ですが、そんな私でもベイトに変えれば「へぇ~!ベイトで投げるとこんなに楽しいんだ!」と覚醒するぐらいにベイトとスピニングは違うのでしょうか?

投稿日時 - 2018-07-31 16:12:17

QNo.9523604

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ベイトリールの一番の利点というか、
その道具を使うことで得られる効果が「ピンポイント性」です。
正確性(最近横文字多用で”アキュラシー”とか言いますよね)だろうと
思います。狙ったポイントにかなり正確に落とせるのが、
私はベイトタックルの一番の魅力だと思います。
(もちろん、その道具に慣れているというのが大前提ですけれど)

バスフィッシングをそこそこやっている人だと日常的に両システムを
使い分けているだろうから、その良さ・悪さは分かると思います。

ただ、、なんというか、渓流でベイトタックルを使うことのみが
楽しいのか?いや道具は何でもいいから掛けることが楽しいのか?は
人によってそれぞれでしょうけど、渓流という流れのあるエリアで
ベイトタックルが有効かどうかとなると「特に有利でもない」というのが
私の見解です。

それと、小さい軽いルアーを投げるために小さいベイトリールと
ペナペナな竿の組み合わせって「つぶしが効かない」道具でも
あるんですよね。買ったはいいが、汎用性がない、という特化した
システムだと思います。

漁と違って趣味の魚釣りでも「魚は掛けてナンボ」ですし、
道具でどうこうという意識は私にはないです。
(スピニングもベイトリールも両方使えて、それらの道具の
特徴も分かっているつもりですけど、わざわざ渓流でベイトタックルを
使う気は私にはないですね)

ちなみに、、、スピニングタックルで渓流に飽きた・・となると
フライフィッシングに移行してみてはどうでしょうか?
スピニングでもなく、ベイトでもない、全く異次元の釣りで
「ヘェ~!フライで投げるとこんなに〇〇なのか!?」と
感じると思います(〇〇はあなた次第で変化するので、あえて
”楽しい”とは書きませんでした)。

投稿日時 - 2018-07-31 17:24:32

お礼

そうなんですか・・・・汎用性がない・・・
汎用性は自分にとって重要なので、やっぱり必要ないのかな~。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-08-01 23:07:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

海も川もやりますが
ベイトもスピニングも使います。
川では桜の時ぐらいですが、必然があった方が
理由付けにはなるでしょう。
ベイトの必然って巻き上げ力が強いというぐらいではないですかね。
釣りを楽しむ、遊ぶという面では
ベイトの場合、使えるようになるには結構な練習が必要で
スピニングのように買った日に使えるようにはなりませんから
使っているだけでそれなりの優越感があるでしょう。
趣味ということで釣りに関して言えば
困難だったり面倒だったり難しい方が
長続きします。
簡単ですよ。
自分で制限を加えればいいんです。
今日は、スプーンだけを使うとか、
金色のスプーンだけで一日過ごすとか
対象魚に対してタックルを弱くするとか
そんな中にベイトだけでやってみるなんていうのも
一興ではないでしょうか。
釣れて当たり前ならあきがくるのも早いってことでしょう。
海なら
4Lbナイロンですずきを狙うとか
そんなことです。

投稿日時 - 2018-08-01 09:47:27

お礼

当方まだ中級レベルで「釣れて当たり前」というレベルではないですが、「もう伸びしろがないなあ・・・」と感じています。

シーバスもやりますが、ナイロン4ポンドは初耳です。一番細くてナイロン16ポンドです。今はPE20ポンド。磯だとPE30ポンドです。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-08-01 23:18:38

ANo.2

両方のいいとこどりのようなものですね。
軽いルアーを太いラインで使える。
大物がかかっても安心。
簡単に言うと そういうことでしょう。

道具はほとんど買い替えないといけない。ルアーは別として。

投稿日時 - 2018-08-01 09:38:07

お礼

ラインも違うのですね。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-08-01 23:08:21

あなたにオススメの質問