みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中間省略登記と譲渡益課税について

A>B>Cの不動産取引でAが30年前に取得した土地を最終的にBがCに売る場合について教えてください。Aが1900万円で取得、それをBがAに2000万円支払い、Cから2300万円もらうとします。

>「第三者のためにする売買契約の売主から当該第三者への直接の所有権の移転登記」
>「買主の地位を譲渡した場合における売主から買主の地位の譲受人への直接の所有権の移転登記」

上記の2形態をとれば中間省略登記が可能だという事ですが、その場合譲渡益課税はどうなるのでしょうか。

1) A>B 長期譲渡、B>C 短期譲渡
2) A>C 長期譲渡
3) その他

投稿日時 - 2018-07-26 14:27:48

QNo.9522027

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

課税は、取引の実体に対して課税され、Bに譲渡益があれば、当然にBに譲渡所得税が課税されます。
(1)が正しいですね。

投稿日時 - 2018-07-27 22:05:04

お礼

明快なご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-07-28 20:23:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問