みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

新撰組の近藤勇の肩書

新撰組 局長となってますがこの局長というのは幕府や藩の組織で用例が
あるのでしょうか?
他で見聞きしない、現在でいうとナウイ用語のように思えるのですが

投稿日時 - 2018-07-03 18:39:42

QNo.9514856

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

やっぱり 後世の創作の影響で作り出されたものでしょう。
「局中御法度」も 当時の名称は 「禁令」
政府の職制として 局という語句を用いたのは 明治政府から。
総裁局
神祇事務局
内国事務局
外国事務局
軍防事務局
会計事務局
刑法事務局
制度事務局
そして子母沢寛が昭和3年に著した『新選組始末記』に 局という語を用いたことにより広まった。

投稿日時 - 2018-07-03 22:31:12

お礼

回答ありがとうございます。
昭和の初期から広まったということでしょうか。

投稿日時 - 2018-07-04 11:39:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

過去の質問に素晴らしいものがありました。
https://sp.okwave.jp/qa/q906004.html

投稿日時 - 2018-07-03 20:15:18

お礼

回答ありがとうございます。
どうも期待していた、彼の書状などで署名に使われた形跡はなさそうですね。
小説で使われ始めた、ということでしょうか。

投稿日時 - 2018-07-04 11:37:43

あなたにオススメの質問