みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

枯渇資源の金の値下がり

金は枯渇資源ではありますが、
 今後値下がりすることはありえるのでしょうか?

投稿日時 - 2018-06-26 02:07:27

QNo.9512215

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

まず 現在は 高値安定です。
金価格 年次推移表
https://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/y-gold.php
前回のピークが1980年 その後安値安定の長期を経て 2000年を過ぎたあたりから じわじわと値上がり2013年に最高値をつけて その付近にとどまっています。
上がったものは下がる と見ていいのか このまま高値を維持し続けるのか
どちらでしょうか。
私は少なくとも 今は買いません。人にもお勧めしません。

投稿日時 - 2018-06-27 22:11:46

ANo.6

金が急落する要因は幾つかあります。
例えば
大量の売り注文が出る
期待インフレ率が下がる
ドル高になる
など。
大量に偽物が出回ってることが発覚すると
値が付かなくなることもありえますね。
これからバブルが崩壊したら期待インフレ率が下がって
金価格は急落するでしょう。

金は枯渇資源といってもただの資産です。
需要が弱くなれば値を下げるのは
他の資産と何も変わりません。
土地だって広さが限られてますが
人口が減れば値下がりしますよね?
それと同じですよ。
価値の裏づけの無い紙切れ紙幣が出回ってる世界では
これから先上がり続けるだろうと予想は付きますが。

投稿日時 - 2018-06-27 11:55:26

ANo.5

確かに枯渇資源ですが、実際にはまだまだ地球上に眠っている「金」は確認されている鉱脈に埋蔵されている量よりも遙かに多いとも言われています。
例えば、海水中にも金は溶け込んでいますし、海底熱水鉱床にも多くの金が埋蔵されています。そして都市鉱山です。
都市鉱山を除くこれらの金は単純に採掘や抽出してもコストが見合わないからであって、金価格の上昇よりも技術的な進歩でコストが見合う可能性があります。
また、都市鉱山と呼ばれるように様々な家電製品に組み込まれている基盤には金が使われています。これらのリサイクル率を高めて再生出来れば、需要より供給が上回るので金価格は下落します。

金は安定している元素です。色んな化学反応で性質が変わることが無いとされていますので、過去に掘り出された金は厳密には無くなっていません。それは宝飾品などに加工されたとしても、個人などが保有しているだけで消費され無くなっている訳では無いのです。
また、金はリスク資産としての価値はありますが、保有しているだけでは利益を生みません。有事の際に貨幣はゴミになる可能性はありますが、金の価値は変わらないと思われているから貴重だと言われているだけに過ぎません。

よって、例え枯渇資源だからといっても市場の原理で価格が決定する以上、値下がりする可能性はあります。

投稿日時 - 2018-06-26 16:48:17

ANo.4

生きているうちに枯渇することはないでしょうが、リーマンショックのような世界規模の金融危機が再び起これば、前回そうであったように、換金売りされ一時的に金価格も下がるでしょう。もちろんその時は買い場です。

投稿日時 - 2018-06-26 13:49:21

ANo.3

金価格は上下するものですが、今後値下がり続ける事は
無いと考えています。

その理由は金価格は他の商品と違い、枯渇資源という要素だけでなく、
主な金価格変動要因が8つほどあり、そのバランスによって決まります。
株式・債券価格、ドルの信用度、景気動向、原油価格、金利動向、
国際政治情勢、社会不安、金融不安などです。

リーマンショック後、上記のうち5~6つが金価格上昇要因として
働いた為大きく上昇し、その後、上昇要因として働いていた幾つかが
落ち着き、下落要因として働き始め、現在に至っています。

今後の動向は上記の8つの要因を注意深く見る事によって、
上下の予測が付くと思います。
長年の投資経験からの意見ですが、参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2018-06-26 09:08:02

ANo.2

市場に出つくしたら、下がることは無くなると思いますが、出つくことは100年くらいないんじゃないですかね。。。

投稿日時 - 2018-06-26 09:00:16

ANo.1

下がることもありますし、上がることもあります。

金の産出国は、中国とロシアを合わせれば、22%もあるわけです。
どちらも、資金的に余裕がない国なのはわかると思いますが。
なので、この国が、資金の代わりとして放出を始めれば、金相場は下がります。

また、日本円の相場で考えれば、極端に行って、金は今日現在は、税込4896/g(売り)ですが、円高で、1ドル55円になれば、2488円/gになるわけです。

算出や放出量と、為替相場に左右されるものです。

投稿日時 - 2018-06-26 02:41:22

あなたにオススメの質問