みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

印鑑の管理

三文判の管理方法で悩んでいます。現在は100本超所有しています。

・不定期に印鑑が増える
・あいうえお順で並べたい
・印鑑の名前が人目でわかるようにしたい

現在はエクセル表にナンバーと名前の対応表(あいうえお順)を作り、印鑑の頭?にテプラでナンバーを貼っています。最初は便利ですが印鑑が増えるとすぐに破綻してしまいます。手提金庫に仕切りを作って入れています。

よい管理方法を教えてください。

投稿日時 - 2018-06-23 16:43:47

QNo.9511262

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こういったものが便利なのでしょうが テプラ貼り換えは面倒かな?
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9+60/

私が過去に見た例としては 背景を目印に どれだけの情報が必要か分かりませんが
厚紙・ボール紙で背の高い箱を作る(添付画像) 背面に必要事項を書いておく 箱ごと入れ替え 修正液などで対応可能
デスクの引き出し2段くらいを独占してました

付箋に書いて印鑑収納場所の背に貼っておく サイズに合わせて切り取ったダンボール紙やガーデニング用の短冊ラベルを剥がせるノリで貼っておく
https://www.askul.co.jp/m/01-0102-0102007/?sc_i=cp_l_b_ot_gokushou
https://item.rakuten.co.jp/chanet/276460/
硬いものなら簡単に折れ曲がらない

という方法の記憶があります(事務の人のハンドメイド)

それでも100本以上あれば 面倒は避けられないと思います

投稿日時 - 2018-06-24 00:10:58

お礼

印鑑ボックスという専用のモノがあるとは知りませんでした。大変参考になりました。

これとエクセル表の組み合わせで運用ができそうです。


ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-06-26 06:17:27

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

何らかの事情で社員の印鑑を一括管理されているというような状況でしょうか?
既にエクセルで管理されているとのことなので、印鑑その物やエクセル表の名前欄をあいうえお順で並べることはやめて、印鑑は番号順(場合によっては社員番号順に番号を付け直して)に、他の方が紹介しているような箱に並べる。名前との照合は、エクセルの検索機能を使えば、一覧表をあいうえお順に並べておく必要もありません。
印鑑の頭に付けておく番号を社員番号にするだけでも、だいぶ楽になるのではないでしょうか。100人くらいの規模なら、よく使う人の番号は覚えてしまうのではないでしょうか?
以上、御参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2018-06-24 06:04:01

お礼

エクセル表さえあればハンコを番号順に並べる必要ないですね!


非常に示唆に富む回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-06-26 06:18:36

ANo.2

よくわからないんですが、自分の名前でない印鑑を100本管理するという話ですか。それは自社社員のものなんでしょうか。

非常にまずいことですよ。
自分の印鑑なのであれば100本あっても自分がもっているなら構わないのですが、他人の印鑑を保持するというのは、不正利用の可能性も間違った使用の可能性もあり、とてつもなく危険です。

三文判でも、銀行口座は開設できますし、契約書に押印もできます。つまりこれは個人情報の不正使用につながるからまずいのです。
もし会社で社員分を100人分必要なのであれば、それらはすべてその当人に管理させ、必要な時にすぐに押印できるように指示しておけばいいのです。

その100本は当人に変換し、管理はやめてください。

投稿日時 - 2018-06-23 21:59:03

お礼

質問と直接関係の無い回答はご遠慮ください。


失礼します。

投稿日時 - 2018-06-26 06:14:45

ANo.1

箱を10個にする。
あ行 か行 さ行・・・・にわける。
あ1  あ2 あ3・・・
か1 か2  か3・・・・

投稿日時 - 2018-06-23 21:13:06

お礼

そんなスペースありません。


ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-06-26 06:13:53

あなたにオススメの質問