みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

インフレ率が目標を下回れば積極、上回れば緊縮財政を

インフレ率がインフレ目標を下回れば積極財政、上回れば緊縮財政をするというのは如何でしょう。これなら確実にインフレ目標は達成できますし、デフレ脱却、GDP600兆円達成、経済活性化、失われた20年からの脱却が全部可能になりますが。

投稿日時 - 2018-05-23 18:04:36

QNo.9501218

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

政府の方針として大筋ではそれで正しいと思います。
ただインフレ率が2%を上回れば”即座に”緊縮財政ってことをしていたらすぐにデフレに戻ってしまいます。

大筋ではそれで正しいと思いますが、まず前提として日銀と協力してインフレ率を確実にコントロールできている必要があります。
現在の黒田日銀のように口先だけで何もできていなく、また「インフレ2%にタッチすればインフレ目標は達成だ」と思い込んでいるような状態では、デフレ脱却は不可能どころか、経済を混乱させるだけです。

現在の日銀は金融緩和し過ぎであり、そのことで市場コントロールを難しくして、日本の経済問題を更に複雑化させてしまいました。本来であれば5年前に「日銀は金融緩和はやや拡大程度にアクセルを踏む、同時に政府は積極財政でアクセルを踏む」ということを続けていれば、日本経済の正常化は成功していたでしょう。

現在まで日銀が2%だ2%だ2%だとやたらにアピってますが、あれも相当におかしくて普通は段階的に行われることです。市場状況に合わせて徐々にインフレ率は高まって行かなくてはならないのですから、最初は1%なら1%をしばらく継続させて、徐々に1.5へ徐々に2%へと数年かけて行うものです。これ当り前のことなんですが、日銀黒田はそのように動いていませんでしたし、どうも「インフレ2%にタッチすればインフレ目標は達成だ」と言いたげな発言もちょくちょく出ていました。
黒田は日銀総裁として消費税推進に動くなど、ここ20年の失政経済政策に反省のない考えの持ち主であると思われます。

インフレ率が2%を上回れば”即座に”緊縮財政ってことをしていたらすぐにデフレに戻ってしまいます。緊縮財政が必要なのは財源不足の場合です。国債がそれまでほど売れなく税の増収も頭打ち状況まで行けば財源不足気味になるので必要不必要に関わらず緊縮財政も必要になります。財源不足になって初めて増税、優遇税制の撤廃、などが必要になり、更にその中で緊縮財政も必要な場合もあるということです。
日本の場合にはそこまで行くのに、真っ当うな経済政策が行われて5年10年の後の話でしょう。

投稿日時 - 2018-05-23 21:02:32

お礼

大変素晴らしいコメントを有り難うございます。全く同感で2%が達成したらすぐに緊縮ということでは、今の日本ではまたデフレに逆戻りです。確か2002年にバーナンキが来日して講演したとき、物価水準目標の話をしておりました。日本は長い間デフレを続けたのだから、暫く前の基準年を設定し、その年からずっと2%のインフレが続いていたら今頃どの水準の物価になっていただろうと考え、そのレベルに追いつくように高めのインフレ率を設定しようというもので、それがよいかと思います。

ただ、今の政府は2%に遠く及ばない時期、つまりデフレ脱却もできていない時期に、もう増税、緊縮財政をやるのですから、全く話になりません。

投稿日時 - 2018-05-24 18:32:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

前提から間違っています。
インフレ率を人工的に操作しても
経済活性化は無理ですから。

生産能力の高い富裕層から
生産能力のない政府へ富が移転するだけです。
これがリフレ論の裏側。

投稿日時 - 2018-06-06 10:40:49

ANo.9

 『貸出金利を上げ、預金金利も上げるためにはデフレ脱却をする必要があり、そのためには、減税と財政拡大でしょう。 』ですか。

 ウーム、政府の減税と財政拡大か、民間銀行の貸し出しか、どちらが先か、効果があるかの議論ですね。

それは、昔のテレビ、洗濯機、冷蔵庫の三種の神器のような買いたい目標作る、これは、合意して、目標の出来た後の展開ですね。

 目標が出来れば、政府の減税と財政拡大など、金額が小さいので、必要ありません。

民間銀行の貸し出し額は、圧倒的に多いので、政府の減税と財政拡大など、小さすぎて、無視できる程です。

 バーゼル規定の民間銀行の自己資本率の規定で解ることです。

バーゼル規定の民間銀行の自己資本率を、勉強してください。

投稿日時 - 2018-05-29 22:02:15

補足

民間銀行の貸出額を増やす方法があれば、政府・日銀はすぐに実行するでしょう。黒田日銀総裁も異次元の金融緩和をやり、毎年80兆円のお金を刷って国債を買い、マイナス金利まで導入したのに銀行貸出の伸びはイマイチです。逆に2014年の消費増税の効果は劇的で一気に消費が落ち込みました。増税額は小さくでも劇的な効果があるということです。逆に消費減税をすれば景気浮揚に劇的な効果があるということです。金融は規模が大きくても流動性の罠にはまっているときは効きません。今は自己資本比率が問題になる状況ではありません。

投稿日時 - 2018-05-30 10:46:26

ANo.8

 『>デフレ脱却には、国民に可処分所得を増やすこと。
賛成です。それには減税、そして財政拡大です。

>そのためには、預金金利を上げること。
預金金利が上がれば貸出金利も上がり、景気を悪化させます。
預金金利を上げ、貸出金利を上げなければ銀行は潰れます。
貧困世帯は金利収入はあてにしていません。

テレビ、洗濯機、冷蔵庫は大抵の家庭に入っているでしょう。物余りの時代でも経済的に困窮している人も多く、支援の手をさしのべるべきでしょう。様々な研究開発費がカットされており、日本は大きく遅れつつあります。AIの分野等、追いつき、追い越せの精神を取り戻すべきです。 』ですか。

 あなたの考えは、ケインズ流です。

ケインズは、投資をして、失敗、損をしたのですよ。

あなたの、説明
>そのためには、預金金利を上げること。
預金金利が上がれば貸出金利も上がり、景気を悪化させます。
預金金利を上げ、貸出金利を上げなければ銀行は潰れます。
貧困世帯は金利収入はあてにしていません。

ですか。

景気回復には、
 昔、景気の良かった、神武景気みたいに、世界中の消費者が、テレビ、洗濯機、冷蔵庫の3種の神器の買いたいとした、目標作ることが大事。

だから、あなたの、
 様々な研究開発費がカットされており、日本は大きく遅れつつあります。AIの分野等、追いつき、追い越せの精神を取り戻すべきです。

には、そのとおりで、買いたい目標を造ることです。

 そして、その買いたい目標、3種の神器を造る企業に、民間銀行は融資する、増産、雇用増大、労働者の所得増大、消費拡大と。

 『預金金利が上がれば貸出金利も上がり、景気を悪化させます。』ですか、

貸出金利が低ければ、次第に民間銀行は潰れます。

現在の公定歩合は、コール市場で、約-0.07% 、民間銀行はお金を借りたら、金利が貰えるから、借りなきゃ損という現状です。

本来の機能をしていません。

貧困世帯は、雇用増出で、救うのです。

消費を増やすには、可処分所得を増やすこと。

民間銀行を健全経営にするには、貸し出し金利を、まともにする。

貸し出し金利を上げ、預金金利も上げ、民間銀行に預金が集まるように、健全化することです。

投稿日時 - 2018-05-26 05:16:27

補足

貸出金利を上げ、預金金利も上げるためにはデフレ脱却をする必要があり、そのためには、減税と財政拡大でしょう。

投稿日時 - 2018-05-28 21:38:26

ANo.7

 『国債を大量に日銀が買っていますが、金利は0%以下にはならず、その効果は限定的です。
やはり財政政策を行わないと景気はよくなりません。
デフレ脱却ができるまで、融資を受けるのは危険ということで警戒感があります。 』ですか。

 デフレ脱却ができるまで、融資を受けるのは危険ということで警戒感があります、ですか、私もそう思います。

デフレ脱却には、国民に可処分所得を増やすこと。

そのためには、預金金利を上げること。

次に、昔のテレビ、洗濯機、冷蔵庫の三種の神器の買いたい目標作る。

投稿日時 - 2018-05-24 22:36:01

補足

>デフレ脱却には、国民に可処分所得を増やすこと。
賛成です。それには減税、そして財政拡大です。

>そのためには、預金金利を上げること。
預金金利が上がれば貸出金利も上がり、景気を悪化させます。
預金金利を上げ、貸出金利を上げなければ銀行は潰れます。
貧困世帯は金利収入はあてにしていません。

テレビ、洗濯機、冷蔵庫は大抵の家庭に入っているでしょう。物余りの時代でも経済的に困窮している人も多く、支援の手をさしのべるべきでしょう。様々な研究開発費がカットされており、日本は大きく遅れつつあります。AIの分野等、追いつき、追い越せの精神を取り戻すべきです。

投稿日時 - 2018-05-25 11:27:01

ANo.6

これ秘密でぜったいナイショなんですが、
No5の内容はここ20年ほど日本政府が行い続けて来た
経済政策そのまんまです。
結果はGDPはずっと横ばい、民間投資は縮小し続け、デフレの泥沼にハマったまま
という日本を作り出しました。

投稿日時 - 2018-05-24 16:23:39

お礼

その通りだと思います。

投稿日時 - 2018-05-24 20:41:45

ANo.5

 『インフレ率がインフレ目標を下回れば積極財政、上回れば緊縮財政をするというのは如何でしょう。
これなら確実にインフレ目標は達成できますし、デフレ脱却、GDP600兆円達成、経済活性化、失われた20年からの脱却が全部可能になりますが。』ですか。

 景気を回復させるには、日銀は、

(1).  公定歩合を下げて、民間銀行に融資し、民間銀行はその資金を企業や個人の住宅ローンに貸し付け、生産活動を活発にする。

(2).  預金準備率を下げ、民間銀行に融資し、民間銀行はその資金を企業や個人の住宅ローンに貸し付け、生産活動を活発にする。

(3).  国債の買いオペをして、民間銀行に融資し、民間銀行はその資金を企業や個人の住宅ローンに貸し付け、生産活動を活発にする。

 ですから、政府の積極財政、緊縮財政ではなく、民間銀行に融資し、民間銀行はその資金を企業や個人の住宅ローンに貸し付け、生産活動を活発にする、のが一番効果のある政策です。

 不景気なのは、民間銀行がその資金を企業や個人の住宅ローンに貸し付けしてなく、生産活動を活発にしていないからです。

民間銀行が貸し付けしてないのは、企業の生産体系が、ロボット化やコンピュータ化する基本事項が整備されていないからだと思います。

政府が、積極的に、ロボット化やコンピュータ化する基本事項が整備することだと、思います。

投稿日時 - 2018-05-24 04:17:05

補足

>  景気を回復させるには、日銀は、

>(1).  公定歩合を下げて、民間銀行に融資し、民間銀行はその資金を企業>や個人の住宅ローンに貸し付け、生産活動を活発にする。

以前は公定歩合で金利調整をしておりましたが、今は短期金利の操作で金融調整をやっています。しかし、0金利が続いており、金利調整は機能しなくなっております。


>(2).  預金準備率を下げ、民間銀行に融資し、民間銀行はその資金を企業>や個人の住宅ローンに貸し付け、生産活動を活発にする。

1991年以降預金準備率は変更されていません。

>(3).  国債の買いオペをして、民間銀行に融資し、民間銀行はその資金を>企業や個人の住宅ローンに貸し付け、生産活動を活発にする。

国債を大量に日銀が買っていますが、金利は0%以下にはならず、その効果は限定的です。やはり財政政策を行わないと景気はよくなりません。デフレ脱却ができるまで、融資を受けるのは危険ということで警戒感があります。

投稿日時 - 2018-05-24 20:40:51

ANo.4

またインフレ率を抑制するのに、市場を利用する方法もあります。

例えば、構造改革というのがその方法として提案されたもので、もともとは構造改革はインフレへの対処として発案されて来たものですね。構造改革とは「インフレ率が高い経済において失業率が高いままであるのは,それは労働市場の規制が原因である」と仮定して、「労働市場を自由にして柔軟にすればインフレを抑制するはず」との主張から考案されたもの。要するに、リストラを推進して賃金を切り下げたりできるようにすればインフレ抑制(つまりデフレ圧力)として機能するって話で提案された経済政策、それが構造改革。

インフレで困っていたアメリカで、構造改革でインフレが抑制ができるとして提案され導入されたものですが、なぜか日本ではデフレで困っているのに、インフレ抑制の構造改革が20年以上推進され続けてきた。

そんなのですから、日本は20年もデフレの泥沼の中ですね。
なぜならデフレで困っているのにインフレ抑制の経済政策ばかりを行ってきたのですね。緊縮財政もインフレ抑制のための経済政策ですね。
「極寒の地で寒い寒いと困っているのに、暑さ対策ばかりを行い、多くの自殺者を作り続けてきた」のが日本です。
ここ20年の失政経済政策を反省しない限り、またデフレが政府ぐるみで礼賛されつづける事態になってしまいますね。

投稿日時 - 2018-05-23 21:26:26

お礼

全く同感です。デフレ脱却は積極財政でなければなりません。積極財政を十分やれば構造改革も意味があると思います。
AI/ロボットにしっかり投資しし、生産性を上げれば構造改革も進んでくるでしょう。AIが大規模に導入されるようになると、産業構造も変えざるを得なくなります。フィンテックで銀行も大規模リストラでしょうし、農業もAI/ロボットの導入で大きく変わるでしょう。AIで人手を省くことができ、余った人はより低賃金のサービス業へと移らざるを得なくなればデフレに拍車が掛かります。だからこそ大規模減税や大規模財政拡大が必要になると思います。

投稿日時 - 2018-05-24 18:45:34

ANo.3

インフレ率がインフレ目標を下回れば積極財政、上回れば緊縮財政をするというのは如何でしょう。これなら確実にインフレ目標は達成できますし、デフレ脱却、GDP600兆円達成、経済活性化、失われた20年からの脱却が全部可能になりますが。


★回答

そりゃ欠陥消費税は おとくな奴がいるからよ
国全体の成長 経済健全化は 後回し・・・・国民説明は ごまかせばOK
政府の借金と 個人を比べさせ 錯覚を起こさせる まぬけの作戦



(1)聖教新聞も軽減税率に入れてもらえる

財務省のまぬけにさからうのはお得でない。。。公明党
公明党は逆累進の税徴収を高めることに熱心


(2)経済 金融はまぬけの集まり  自民税調
消費税は 財務省役人 天下り先 法人温存の財源だ

仕組みは以下

マスコミが「反アベノミクス研究会」と呼ぶ、野田毅主導の
自民党の財政・金融・社会保障制度に関する勉強会とは?

https://okwave.jp/qa/q9341668.html

再度 こぴぺ ざっくり回答


(1)野田 毅 は まぬけ財務省とがっちり 忖度 しがらみ政治家

経済 金融は まったくのまぬけ

欠陥消費税を推進し 日本をデフレに継続させたクズの代表でっす
消費税は社会保障財源とか嘘を垂れ流す奴

税金=金に色はない  すべての税金は金  その中から 社会保障財源が出る

逆を言えば 所得税 法人税 その他から 社会保障財源にはまわさねーと言ってるまぬけ

消費税とは?欠陥税制消費税
消費増税の影響は軽微と財務省が国民を騙したのでは?
https://okwave.jp/qa/q8821869.html
消費税
https://okwave.jp/qa/q9070920.html
これよ↑解説 ベストアンサー


(2)石破茂は経済 金融度素人←財務省のまぬけ利権誘導の役人の説明に誘導される
防衛とかは詳しい


(3)早川は 日銀の古いのこり 
白川総裁 以前の使えない リストラ組み
こんなのをTVによんで解説させる番組は クズ


【回答 解説】

★まずお約束の法則
金融緩和と財政出動は 車の両輪であり
片方だけあっても 車は進まない これが鉄則の法則
またデフレ期に 増税して 経済が上向き 株価上昇した国はない あたりまえ
景気 儲け 株価 雇用 すべて連動よ



★今までの経緯説明は 以下となる
まず最初に日本の不況の元凶
https://okwave.jp/qa/q8536491.html
これよ↑ざっくり解説


<つぎに 昨今の経緯 解説>

I)まぬけ 民進(民主)のころ

金融政策がわからず
既得権の債券マーケット受益者に配慮して
いっさい 金融緩和をしなかった
ざっくり言えば金を刷らなかったと言うこと

いくらリーマンショックや地震の後 財政出動しても
金融がまちがってりゃ 効果剥げ落ちよ

アベノミクス以前、野田総理はなぜ為替介入をしたの? - 政治 【OKWave】
https://okwave.jp/qa/q8681414.html
これ↑説明

おかげで大手倒産が出る
まぬけの野田総理は マニュフェストどころではなく
経済金融はまったくの度素人
財務省の ご自分の利益役人 財政緊縮財政派などの
まぬけの説明にごまかされ デフレを悪化させた
雇用激減 社会保障費財源は消費税で激減
目先の税率変更と欠陥消費税で 経済成長を鈍化させた
財政において緊縮財政推進して
倒産続出 エルピーダーなどは 公的資金(税金)(枝野のとき)も入れており
戦後最大級の倒産となり 技術はアメリカ企業に買い取られた
経済政策音痴 円高放置の民主党政権で木村雅昭(経済産業省)が 
インサイダー取引を生じさせ300億の税金が消えた
https://www.youtube.com/watch?v=BzzbWRZYeos
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2706D_Y3A620C1000000/
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1301/21/news023.html
http://satoshi.blogs.com/life/2012/02/elp.html
↑ここみりゃ 経済音痴でも だれでもわかる
こんな馬鹿が 野党 第一党では 安倍政権のおもうつぼよ



II)安倍の第二次政権 アベノミクスとは
現在以下となっている 以下ざっくり説明


(1)金融は 日銀人事をリストラ v字回復
日銀 量的質的金融緩和は継続中 OKよ 黒田 岩田 で成功
まぬけのマスコミが出口はないのとか言ってるだけ
とくに新卒 若い奴の雇用は回復

(2)財政は 消費税でデフレ継続 財政緊縮財政 だったよな
 実質賃金は減ったまま
財務省と自民税調のまぬけどもは まだリストラされてない

(3)構造 規制改革  成長戦略は内閣人事局主導でやるはず 
成長戦略が進んでないからとか 前項の課題を ごまかしてる
 再履修よ 落第の前項(2)は緊縮財政だっただけ やらんでいい増税で崩壊

以上は予想どうり的中
消費税増税 安倍政権デフレ脱却が遠のく? - 経済 【OKWAVE】
https://okwave.jp/qa/q8278421.html



★まぬけの 言い訳 嘘 まとめ

人口減少  単年度プライマリーバランス信仰 
国債暴落  

以上まったく関係なしよ
人数少なければ 資産 やまわけ もうけ増える
民間企業と同じだ リストラすりゃ 人数少ない効率いい企業はV字回復
日銀は政府子会社連結決算と見る 金も刷れる 借金などはない
国債発行せよ!


日経平均 4万も行けば 全部解決
他国は20年で5倍
日本はまぬけ政治家 役人 経済有識者 忖度御用学者のせいで 半分のままよ
いまだに2万程度が上限 笑える
国民に ちょーいい迷惑よ

早く民間企業 みたいにリストラすりゃいいだけ

消費税集中点検会合で クズは あぶりだされた
http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/01/consumption_tax_n_3853649.html
あたらん まぬけの記録はここである↑
あたらんまぬけはリストラ 政府関連の仕事に出るな!


★結論
デフレ脱却による成長は幻想ではない
普通に成長すりゃ
ほかの国と同様 20年で 株価 5倍 程度 国民資産増える すべて解決!
それが世界標準だからよ!
もちろん 賃金 雇用 資産 株価 社会保障財源 全部連動である!

日本はまぬけ 経済金融だから ←いままでのクズ(上記記載済み)をリストラ 民間と同じでOK
日本は技術だけ世界トップクラス それだけでもってるのだ

投稿日時 - 2018-05-23 21:05:03

積極財政とは具体的にどのような支出を増やしたいのでしょうか?

デフレ脱却、GDP600兆円達成、経済活性化、失われた20年という問題は財政改善で治るほどやすい病気ではないような気がします。

デフレは需要より供給が多いため価格が下がっている。=買う人が減っている。
GDPは消費年齢人口、生産年齢人口が減っているため上がることが根本的に難しい。経済活性化は具体的に何を指しているのか不明ですが、みんなで出費を増やすということなら、お金を持っている高齢者層が「医療サービス先買い」つまり将来医療のために使うお金をずっと溜めたままでいるので、出費は増えない。また、お金のない若者からの出費を増やすことも難しいでしょう。よって失われた20年はだんだん20年以上になっていくでしょう。


日本経済の低迷は財政ではなく、消費人口=生産人口の減少、つまり出生率低下による若者の減少が大根源です。緊縮財政を行う時代をこさせることすら難しいのではないでしょうか。

デフレの正体という書籍をお読みになられると、良い知識が得られるのではないかと思います。私はかなり目からウロコでした。

投稿日時 - 2018-05-23 18:27:30

補足

積極財政とは何かですが
(1)消費税減税を含む様々な減税
(2)AI/ロボット関連の研究開発への大規模投資
(3)その他様々な研究開発の大規模支援
(4)産業のAI/ロボット化への大規模支援
(5)公共投資
(6)貧困層への財政支援
等でしょう。人口が減っても国民にお金を渡せば確実に需要は増えます。

投稿日時 - 2018-05-24 18:21:03

あなたにオススメの質問