みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自動車と自転車でギア比の定義って逆ですよね?

自動車(クルマ)と自転車(チャリ)でギア比の定義って逆ですよね?

自動車(クルマ)では入力軸の回転数/出力軸の回転数

自転車(チャリ)では出力軸の回転数/入力軸の回転数
別の表現をすると入力側(クランク)の歯数/出力側(カセットスプロケット)の歯数
この認識であっているのでしょうか。
判断根拠は以下のとおりです。
自動車の諸元表(ホンダフィットDBA-GE6マニュアル仕様)の1速で変速比3.3、5速で0.7だったこと。
チャリの方は、ロードバイクのコンポーネントを選ぶと変速比を算出してくれるwebサイトの計算結果から。

私がどこか勘違いしているのか、チャリとクルマで逆転している紛らわしい状況なのか分からなくなってきたので教えてください。

投稿日時 - 2018-05-03 12:21:44

QNo.9494710

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まぁ、どちらの表記でもどちらが入力側でどちらが出力側かが明記してあれば問題はないのですが、この件については、自動車や多くの機械では変速機は入力側に対して減速する方向に働くのに対して、自転車では加速側に働くことも関係あるのではないでしょうか。

どちらかに決めなくてはならないという決まりはありませんし、直感的にわかりやすい方を使っていると言う事でしょう。エンジンとかモーターが相手ならある回転数でどれだけのトルクがあり変化がどうなるかがわかっているので、それらの特性曲線から駆動軸の出力を推定するのに今の方法が向いているだろうし、自転車のように乗りて次第で入力側の特性が大きく変わる状態では自転車式のほうがわかりやすいと言う事でしょう。

このような比率を表記する方法ではギア比だけでなく他の物でもどちらを分母に置くかは状況次第でどちらを選択するかというのは数多く見られます。どちらを選択しても意味としては同じですけどね。

投稿日時 - 2018-05-03 12:59:55

お礼

もやもやしていましたが、理由もわかってスッキリしました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-05-03 14:29:41

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

 ギア比の定義は同じでしょう。自転車の用語で言えば (ギア比)=(クランクの歯数)÷(後輪ハブの歯数)
 質問者の言う通り、入力側(クランク)の歯数/出力側(カセットスプロケット)ですね。

 ただ、自動車と自転車で大きく違うのは
 自動車はオーバードライブを除いて「減速」です。(自転車に例えれば後輪軸の歯車の方がクランク軸の歯車より多いようなもの) だから「1速で変速比3.3、5速で0.7」となるのです。この5速はオーバードライブです。ただ、質問者が書いている車のギア比はトランスミッションの入力と出力だけの比です。これにデフでの減速比を掛けて「採集減速比」が出ます。
 自転車は逆に「増速」です。後輪軸の歯車の方がクランク軸の歯車より少ない。だから数値が逆転しているように思えるのではないでしょうか。


 

投稿日時 - 2018-05-03 14:26:49

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-05-03 14:34:08

ANo.1

自動車は工業製品のエンジンであるため定数で出力値の予想(期待値)ができますが、自転車は人力なので入力値が変動するためではないでしょうか。

投稿日時 - 2018-05-03 12:32:20

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-05-03 14:30:23

あなたにオススメの質問