みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

教育委員会の独立性は良いか

似たような質問をさせて頂きましたがわたしの質問の真意が伝わらなかったようで独立して質問させていただきます;
例えばなにか問題があって(たとえば生徒の自死)教育長が解任されたという報道を聞いたことがありません。
建前上は首長が任命・解任権限を持っているとしてもそれが実施されないのであれば、それは良い意味で機能していないことに等しいとおもいます。(国家権力から独立するべきというのはその通りです。その意味では機能しているのかもしれませんが)
その意味では教育委員会は独立し過ぎていると思いますがお教え下さい。

投稿日時 - 2018-04-25 14:35:10

QNo.9492184

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

えーと

書かせていただいたとおり、性善説としての組織編成です

補則に書かれている例は、性善説とは真逆の例ですので、私の回答とは異なります

学校の起こりは、家庭ではできない教育を学校に任せるモノで、それこそ・・字を読めるよう・書けるようになるといった、基本から成り立った施設です

なので昔は、教職は聖職と呼ばれ、性善説がまかり通った職種であり教育施設であったのです

つまり、何か悪いこと・事件・問題が起きた場合のことを想定された施設ではありません

なので、わかりやすく、人事権についての説明においてデパートの例を書いただけであって、もしも売り上げが下がったら・・とかの責任などは、その例に当てはまることはないのです

投稿日時 - 2018-05-03 15:34:16

ANo.5

では追加で回答させていただきます

イメージとして学校は、地域のデパートのようなもので、地域の洋服店や県外の洋食店などが契約して店舗を借りて運営していますので、その店で問題が起きても、デパートには責任はありませんし、契約しているのは本社ですから、デパート責任者にも責任はありませんし、本社も契約先が起こした問題ですから責任はありませんし、契約を切って、新しい事業者に店舗を貸すだけです

教育委員会は、あくまでも教育施設の管轄をする組織ですから、学校以外にも学校が使用するキャンプ場があるような教育施設や図書館、史料館、歴史博物館などの教育施設を管轄しています

学校教育などはその一部で、教員や事務職員が研究員になって史料館に行ったり、指導者としてキャンプ場などの教育施設にいったりしているので、先にも述べたように、その各施設で問題が起きても、教育長が責任をとることはありません

また、仕組みの問題ですが、人事権は学校長にありませんから、学校長や施設長にも責任が及びません

だからといって、なぁなぁとかいうのではなく、それぞれが独立しすぎているのことのほうが問題だと思います

まぁ・・性善説からなりたった組織編成だと言えるでしょう

投稿日時 - 2018-04-29 14:58:42

補足

重ねてのわかりやすい例を用いてのご説明誠にありがとう御座います。

デパートに即してご説明致しますとすこし違う様に感じます;

確かに本社と出店社が契約しているのですが、デパートの中での各出店社の場所はデパートの責任者が決めているふうです。確実に、本社が決めていることでないことは分かります。

そこで問題なのは、よい商品を扱っている客にも良心的な出店社がデパートの入口付近に店を構えるのなら良いのですが、時に何故こんな店がと思うような店が一番良い場所をとり、客にとってよいと思える、ないしはそれまで繁盛していた店が、5階のエスカレーターから一番遠い場所に移動させられたり。どうもこれはデパートの責任者が決めているらしい。背景には、若しかすると、裏から手をまわして、場所取をさせてくれるように頼んだり、経営感覚のないデパート責任者が、自分の一存で勝手に店の配置を決めているらしい節がないわけでもない。

そこで問題なのは、勿論良い商品を扱ってくれる店に直ぐに行けることが大事で、更には、粗造品を扱ってくれるいる店で買う様に強制させられている客が一番困る訳です。

こういう事を考えると、わたしにはデパートの責任者に問題があるように思えます。もちろん本社はそのようなデパート責任者の管理監督責任があるわけです。私は決してこの三者各々が独立しているとも思いません、また独立しては効果的(=客にとってよい店=経営側にとっても良い店)な経営が成り立つとも思えません。

さらに問題なのは、あたかも共産圏の国の様に、あなたは、あのデパートに買物にいきなさいと指示される。更にあの出店社で買いなさいとまで指示される。
この様な指示に従わなかった方もいる様ですが・・・
具体的には、随分前ですが、ある作家がご自分の娘さんを御家庭で教育し、学校に通わせなかった。これは、必ず、どこそこのデパーとにいきなさい、と命じられている事に、反していた訳ですよね。

投稿日時 - 2018-05-03 13:14:56

ANo.4

>問題があって(たとえば生徒の自死)教育長が解任されたという
>報道を聞いたことがありません。

 そのような問題があった場合には教育長が解任されるという規則がないからです。凶悪犯罪があったとして、警察が責任を取ることはありませんし、犯人の家族が逮捕されることもありません。質問文の場合なら、自死の原因を作った者が最初に責任を取らなければなりません。教育長レベルの者が解任されるのは、生徒の自死があり、原因がいじめや体罰などの学校の監督下で起こったことであると把握していたにも拘わらず、隠蔽するなど、学校に対しての指導を解決を怠った場合になります。

投稿日時 - 2018-04-28 09:29:09

補足

かさねて御回答誠にありがとうございます。お示しの
>自死の原因を作った者が最初に責任を取らなければなりません。
そうなのですが、このとき同時に、学校の管理監督責任が問われます。
(乃至は、そこに持って行かないと現実の訴訟の場合には、原因を作ったものを相手にするのが難しいという主旨の説明を弁護士からいただいた事が有ります。)この責任を明らかにするのが教育委員会の立場と説明をしていただいたことも有ります。
いっぽう、最近報道されたことですが、神戸市教育委員会或いはその監督下にある学校が、まさにいじめに関しての事情調査書類を隠蔽していたことが報道されました。メディアもそのときには報道するのですが、その後どうなったかを報道しないので、私達もフォローするのが難しいですが。

投稿日時 - 2018-04-29 14:19:51

ANo.3

まず、教育委員会は、学校の上層部のような機関ではありません

確かに教師の人事権は有しているのですが、これも処分をする権限のためのではなく、運営がうまくまわるようにしている権限です

簡単言うと、問題があるかどうか査定する機関です

もともと教育員会は、学校・家庭・国とは別の第三者機関のような目的で作られました

ので、教育長は、委託している会社の社長のようなものです

もっとたとえて言うと、相撲協会に似ています

よく皆さんが勘違いしているのですが、力士は相撲協会に属しており、各部屋(親方)は、その力士の教育を委託されているだけです

ので、力士の不始末や親方(校長先生とか担任)本人の不始末の責任は親方がとるだけで、問題が多い部屋は、委託業務を外される・・・部屋をつぶし、親方でなくなるというモノです

学校に置き換えたら、問題のある学校は、教師を入れ替えるといったことになります

つまり、教育委員会そのものに問題があれば、教育長が解任されるやもですが、学校で問題が起きても、責任が問われることはありません

投稿日時 - 2018-04-25 23:42:04

補足

教育委員会の立場をたいへん分かりやすい例えをまじえて御回答まことにありがとう御座います。
個人名を出して何ですが、貴乃花親方の様なケースですね。
この場合何故そのような対応を貴乃花親方がとったのかなど詳細は分かりませんのでこれ以上このケースについてはなにもいえません。

一方、学校長の場合は、最近では時にはメディアがとりあげるからか、それともそういうのは事件そのものが多くなっているか、いずれにせよ、学校でいじめに象徴されるような問題が全国的に大きく報道されています。なかには対児童生徒比率からして、明らかに全国よりも多くなる問題が発生している地域もあります。このとき、相撲部屋の取り潰しに相当する様な、校長・管理職の処分は聞いた事が有りません。聞いた事があるのは、管理職が酒酔い運転をしたなどと言う教育の本質とは無関係(その法を守らないこと自体は裁かれて良いですが)な事のみです。恐らく学校は取潰しになっていないのでしょう。これは問題ではないでしょうか。

投稿日時 - 2018-04-29 14:11:09

ANo.2

教育長及び教育委員は、地方公共団体の長が議会の同意を得て任命。任期は教育長は3年、教育委員は4年で、再任可。

3年の任期で、問題の責任があるとは思いません。
責任は、学校を運営している、校長、教頭、教員です。

投稿日時 - 2018-04-25 16:02:49

補足

そうなのですがその現場が責任を取らない。
任命権は教育委員会にある。
と答えられました。
現場を処分するのは(もちろん其れは良くない事ですが)飲酒運転。セクハラだけ。これでは組織として機能していないと思います。

投稿日時 - 2018-04-25 19:34:05

ANo.1

戦前の教育制度に原因があります。
教育は時の政権に流されてはいけない。
時の政権が戦争を選んだら否応なく生徒が戦争に巻き込まれる。

与党も野党もいる中で色々な考え方があり、
それぞれがどう考えるかというのが真の教育だからです。
もちろん外国に学ぶのも必要でしょう。

それを反省して政治から切り離したんです。
最近は聞かれなくなりましたが「日教組」なんて言葉もありました。

政治が決めた国旗・日の丸や国歌・君が代が制定されたのも最近ですし、
それまでは先生の判断で教えないことも出来ました。
(というかタブーでしたね)

投稿日時 - 2018-04-25 14:49:51

補足

戦前を反省して、という点では機能していると思います。ただ振り子が逆に触れ過ぎて、逆に教育委員会に権限を与え過ぎていませんでしょうか。

投稿日時 - 2018-04-25 19:41:48

あなたにオススメの質問