みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

USB WEBカメラのハードウェアIDの確認方法

【環境】Windows10

SKYSEAデバイス管理をしております。許可されていないデバイスは閉塞されており、許可するためには接続したいハードウェア機器の「ハードウェアID」を調べて、その「ハードウェアID」を使用できるように解放する必要があります。

Q1.USB WEBカメラのハードウェアIDを確認したいと考えていますが、確認手順として以下の2通りあると言うことであっておりますでしょうか。
<手順1>
1.「スタート」-「W」-「Windowsシステムツール」-「コントロールパネル」を選択します。
2.「コントロールパネル」で「表示方法」が「カテゴリ」が選択されていることを確認してから、「ハードウェアとサウンド」を選択します。
3.「デバイスとプリンター」で「デバイスマネージャー」を選択します。
4.「デバイスマネージャー」の「カメラ」にある「USB WEBカメラ」で右クリックをしてメニューより「プロパティ」を選択します。
5.「USB WEBカメラのプロパティ」で「詳細タブ」を選択後、「プロパティ」で「ハードウェアID」を選択します。
6.「ハードウェアID」の値を控えます。
※ 「USB WEBカメラのプロパティ」の「USB WEBカメラ」の箇所は、実際に接続されているUSB WEBカメラのモデル名になります。
接続されているのが「UCAM-DLE300T」の場合、「UCAM-DLE300Tのプロパティ」になります。

<手順2>
1.「スタート」-「W」-「Windowsシステムツール」-「コントロールパネル」を選択します。
2.「コントロールパネル」で「表示方法」が「カテゴリ」が選択されていることを確認してから、「ハードウェアとサウンド」を選択します。
3.「デバイスとプリンター」を選択します。
4.「デバイスとプリンター」の「カメラ」にある「USB WEBカメラ」で右クリックをしてメニューより「プロパティ」を選択します。
5.「USB WEBカメラのプロパティ」で「詳細タブ」を選択後、「プロパティ」で「ハードウェア」タブを選択します。
6.「デバイスの機能」に表示されているものを選択肢して、「プロパティ」ボタンを押下します。
7.「USB WEBカメラのプロパティ」で「詳細タブ」を選択後、「プロパティ」で「ハードウェアID」を選択します。
8.「ハードウェアID」の値を控えます。
※ 「USB WEBカメラのプロパティ」の「USB WEBカメラ」の箇所は、実際に接続されているUSB WEBカメラのモデル名になります。
接続されているのが「UCAM-DLE300T」の場合、「UCAM-DLE300Tのプロパティ」になります。

Q2.「USB WEBカメラ」が1つにもかかわらず、「ハードウェアID」の値が2つあるものがありますが、なぜ、2つあるのでしょうか。

投稿日時 - 2018-04-02 22:52:09

QNo.9484454

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

そのIDのフォーマット仕様はこれですね
https://docs.microsoft.com/en-us/windows-hardware/drivers/install/standard-usb-identifiers
REVがあってMIがあるという仕様がそこには書かれていないので、何が起きているのかは残念ながら答えられません。

投稿日時 - 2018-04-06 21:25:21

補足

ありがとうございます。

原因は不明ですが、OSが変わった場合は、ハードウェアIDは新しいOSで確認してもらったほうが無難ですね。
また、Windows10でもパッチなどを適用したらハードウェアIDが変わらないとはいえないですし、そのデバイスを使用してくれデバイス解放したい場合は、都度、申請時にハードウェアIDを控えてもらうようが安心ですし。

投稿日時 - 2018-04-09 22:25:01

お礼

ありがとうございます。

ユーザーから、申請に関する問い合わせが来たら、デバイス解放したいハードウェアIDを都度 控えてもらうともに申請書への記載ミスもありえるので、万が一に備えて解放したいデバイスのハードウェアIDのスクリーンショットも保管しておいてもらうように案内しようと思います。

投稿日時 - 2018-04-09 22:28:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

マイクやスピーカーに関しては、Windows 10でOSの処理が変わったため、ハードウェアIDを構成している要素文字列の一部が変わっている可能性が考えられます。
他には、7の環境ではセットアップの過程で単なるAUDIOクラス扱いのドライバーをインストールしたが、10では本来のHDAUDIOクラスのドライバーをインストールしてハードウェアIDが変わって見えているといった可能性も考えられます。
どっちにしても何がどう変わったのか具体的にわからないと、現物を持っていない状況では空想するしかありません。

投稿日時 - 2018-04-05 00:49:02

補足

控えてきました。

「BSWHD06M」のAUDIO,スピーカーのハードウェアIDではなく、「BSWHD06M」のカメラのハードウェアIDになります。

Windows7での「BSWHD06M」でカメラのハードウェアID:USB\VID_0411\PID_0260&MI_00\7&3254434480000

Windows10での「BSWHD06M」でカメラのハードウェアID:USB\VID_0411\PID_0260&REV_0103&MI_00

投稿日時 - 2018-04-05 22:20:10

ANo.2

Windows7と10で同じ機器が同じハードウェアIDなのかですが、
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/drivers/dashboard/using-chids
ここを見ると同じIDもあるけれど異なるIDも追加されている事がわかりますね。

投稿日時 - 2018-04-03 19:58:55

補足

ありがとうございます。

ユーザーが使用しているのは、 「BSWHD06M」でカメラ、マイク、スピーカーで別のハードウェアIDになっているようで、Windows7で使用していたときのカメラのハードウェアIDとWindows10で使用していたときのカメラのハードウェアIDが違っていたとのことでした。
実際のハードウェアIDではないですが、例えるならば、Windows7で「A」だったハードウェアIDが、Windows10で「B」というハードウェアIDになっているということになります。
Windows10で追加されたハードウェアIDではないですが、そのようなことがあるのでしょうか。

http://buffalo.jp/product/multimedia/web-camera/bswhd06m/

投稿日時 - 2018-04-04 22:57:34

ANo.1

そのデバイスの事は知りませんが、USB機器には複数のデバイスを内包している物があります。
考え方としてはSCSIのLUNと同じ機能がUSBにも存在しますし、そのような場合はPHY(物理層)が共通でMAC(論理層)が別という作りの物もあります。
そのデバイスの場合はカメラとマイクで別々のハードウェアIDを必要とする作りになっているのではないかと思います。

それとWindowsではハードウェアIDの表示がUSB情報から複数の要素を連結して作られている場合が多々あります。
その場合には連結する情報の要素数に応じて複数の表示が並ぶ場合があります。

投稿日時 - 2018-04-03 06:14:27

補足

ありがとうございます。

Windows7、Windows10ともに同じメーカーの同じ型番のUSB WEBカメラなどのUSB機器を接続した場合、OSによってハードウェアIDは、変わるのでしょうか。

投稿日時 - 2018-04-03 19:35:53

あなたにオススメの質問