みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

Accessファイルの新規作成について

システム名 生産管理システム
バージョン Access2013

どうぞよろしくお願いします。

マルチメディアファイルは削除されたか見つかりません。

投稿日時 - 2018-03-19 22:42:33

QNo.9479631

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

プロヒールのテーブルが完成しましたね
このテーブルを開いて1レコードだけ入力してみましょう
IME入力モード、定型入力、住所入力支援、規定値の設定が
効いていることを確認できますね

T_顧客、T_顧客部署、T_お客の作成の3つのテーブルが完成したら
これらを関連付けの為リレーションしてみましょう
--------------------------------------------------------------------------------------------------
2-4 リレーションシップ
【データベースツールリボン】→【リレーションシップ】→【T_お客様】
→【追加】→【T_顧客】→【追加】→【T_顧客部署】→【追加】→【閉じる】→【T_顧客のID】→【顧客IDへドラッグ】→【参照整合性】→【作成】
→【T_顧客部署のID】→【部署IDへドラッグ】→【参照整合性】→【作成】
→【リレーションシップを閉じる】

投稿日時 - 2018-03-21 06:46:07

補足

2-4 リレーションシップまで完了しました。

私は、現場で加工を担当しております。
任命者は、工場長です。

回答に時間がかかってしまい申し訳ありません。
現場で作業しながらの作成になりますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-03-21 10:19:16

ANo.4

2-3 T_顧客、T_顧客部署、T_お客の作成
・T_顧客テーブルの作成
 →【作成リボン】→【テーブルデザイン】
 →【フィールドに顧客名と入力】→【データ型:テキスト】
 →【値要求の右端】→【はい】
 →【空文字列の許可の右端】→【いいえ】→【インデックスの右端】
 →【重複なし】
 →【IME入力モードの右端】→【ひらがな】→【ふりがなの右端の…】
 →【はい】
 →【テーブル名1をT_顧客に変更入力】→【はい】
 →「顧客名のフリガナをフリガナに変更】
 →【完了】→【OK】
→【顧客番号と入力してフィールドを追加】→【データ型の右端】
 →【フィールドサイズ 3】
 →【IME入力モードの右端】→【オフ】→【T_顧客タグの右端の✖】
・T_顧客部署の作成
→【作成リボン】→【テーブルデザイン】
→【フィールドに顧客部署と入力】→【データ型:テキスト】
 →【IME入力モードの右端】
 →【ひらがな】→【ふりがなの右端の…】→【はい】
 →【テーブル名1をT_顧客部署に変更入力】
 →【はい】→「顧客部署のフリガナをフリガナに変更】→【完了】→【OK】
→【空白のフィールドに部署IDと入力】→【データ型を数値型に変更】
 →【ルックアップ】
 →【表示コントロールの右端】→【コンポボックス】
 →【値集合ソースの右端】→【顧客】
 →【列数 2】→【列幅 0】→【リスト行数:任意】→【リスト行数:任意】
   ※列数 2は1列目2列目のIDと顧客名でIDは非表示 
    自分のシステムでリスト行数を32にしたものがあります
 →【部署番号と入力してフィールドを追加】→【データ型の右端】
 →【フィールドサイズ 2】
 →【IME入力モードの右端】→【オフ】→【T_顧客部署タグの右端の✖】
・T_ お客様の作成
→【作成リボン】→【テーブルデザイン】
→【フィールドにお客様と入力】→【データ型:テキスト】
 →【IME入力モードの右端】→【IME変換モードの右端】→【人名/地名】
 →【ひらがな】→【ふりがなの右端の…】→【はい】
 →【テーブル名1をT_お客様に変更入力→【はい】
 →「お客様のフリガナをフリガナに変更】
 →【完了】→【OK】
→【空白のフィールドに部署IDと入力】→【データ型を数値型に変更】
 →【ルックアップ】→【表示コントロールの右端】→【コンポボックス】
 →【値集合ソースの右端】→【T_顧客】
 →【列数 2】→【列幅 0】→【リスト行数:任意】
 →【T_お客様タグの右端の✖】→【はい】 

投稿日時 - 2018-03-20 22:39:56

ANo.3

個人の所得税の計算期間は1月1日~12月31日の1年間と定められています。
この最初の日と最後の日を期初日、期末日と呼ぶことにします。
「国、自治体、法人、その他の組織体にも期初日、期末日が定められています。
これらの組織体の期末日は3月末日が多いので、プロフィール期末月追加し、規定値を3にします。
--------------------------------------------------------------------------------------
2.2.1 フィールドの追加
【ナビゲーションにある「プロフィールを右クリック】→【デザインビュー】
→【空のフィールドに「期末月」と入力】→【データ型:数値型】
→【フィールドサイズ:整数型】→【規定値:3】→【入力規則:>0 and <13】
→【プロフィールのデザインビューを閉じる】

投稿日時 - 2018-03-20 19:37:49

ANo.2

説明文ご理解できているようで、次のテーブルに進みます。
これは数回に分けて魁皇します
------------------------------------------------------------------------------------------------------
2.テーブル
テーブルはシステムの基礎部分で、ここで設定した内容がフォーム、レポートに反映されます。
丁寧に定義しましょう。
先ず前回作成したプロフィール編集です。
2-.プロフィールテーブルの仕上げ
【ナビゲーションにある「プロフィールを右クリック】→【デザインビュー】
→【システム名】→【IME入力モードの右端】→【ひらがな】
→【会社名】→【IME入力モードの右端】→【ひらがな】
→【郵便番号】→【定型入力の右端…】→【はい】→【郵便番号】→【次へ】→【次へ】→【完了】
→【住所】→【フィールドプロパティをスクロールダウン】→【住所入力支援】→【はい】→【次へ】→【次へ】→【完了】
→【電話番号】→【定型入力の右端…】→【はい】→【電話番号】→【次へ】→【次へ】→【完了】
2-2.T_顧客、T_顧客部署、T_お客作成

投稿日時 - 2018-03-20 12:25:22

補足

2-.プロフィールテーブルの仕上げ 編集できました。

投稿日時 - 2018-03-20 13:24:06

ANo.1

1.ACCESSファイルの新規作成
 【ACCESSのアイコンをダブルクリック】→【空のデータベース】
 →【ファイル名入力】→【保管フォルダ選択】→【作成】
以上でシステムのファイルの出来上がりです。
この中にテーブル等を定義していきます。
プロフィールという言葉をご存知ですか
ここではシステム内で共通して参照する項目とご理解ください。
テーブル1の定義画面になっていますね せっかくですから
プロフィールの項目を作成してみましょう
→【クリックして追加】→【短いテキスト】→【システム名と入力】
→【クリックして追加】→【短いテキスト】→【〒と入力】
→【クリックして追加】→【短いテキスト】→【会社名と入力】
→【クリックして追加】→【短いテキスト】→【住所と入力】
→【クリックして追加】→【短いテキスト】→【電話番号と入力】
→【クリックして追加】→【数値】→【期初月と入力】
→【テーブル1の右上角の✖】→【はい】→【プロフィールと入力】→【OK】
以上でこの章はは終わりですが、プロフィールの細部はテーブルの章で触れます

投稿日時 - 2018-03-20 00:08:41

補足

プロフィールの項目作成まで終わりました。

投稿日時 - 2018-03-20 08:49:38

あなたにオススメの質問