みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

民法 制限行為能力者についての質問です。

宅建の勉強頑張っています !!

こちらではお世話になっています。
みなさん丁寧な解答をいつもありがとうございます!!

今教科書を使って勉強していますが、 質問がありますのでよろしくお願いします 。

制限行為能力者がした一定の契約を取り消せるのは制限行為能力者本人と保護者だ。

制限行為能力者本人は20歳になるなどの制限行為能力状態を出した事実がな くても、取り消せる。

取り消すことについて保護者の同意がなく ても取り消せる。

とありますが、なぜ 制限行為能力状態を出した事実がなくても取り消せるのでしょうか 。
取り消すことについて保護者の同意がなくても取り消せるのは何故なのでしょうか 。

お答えよろしくお願いいたします!

投稿日時 - 2018-03-16 17:41:35

QNo.9478621

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 一言で言えば、「社会的安定性の確保」のためです。

 A:制限能力者の行為を「取り消せる」としたのは、制限能力者を保護するため。

 しかし、何か(例えば家の売買)が行われれば、それを前提にさまざまなことが積み重なる(賃貸や転売など。そこでの出産や入学などなど)。たくさんの積み重ねが、後の「取消」によって一気に崩れる(売買の無効化により家から退去させられたりする)と、社会の安定性が損なわれる。

 B:社会的要請として、「『いつ取り消されるか分からない、不安定な状態』で放置しないくれ」が出ることになる。

 A要請とB要請の妥協点の1つが、制限無能力でも「取り消したいと言うなら、取り消させれば」ということ。

 制限無能力者は「無効化」で保護される。社会は、以後「無効」を前提としての社会生活が積み重ねられる。問題なし。



 本音では、かみ砕きすぎた長ったらしい説明はお好みでないという感じを受けたので簡単にしてみましたが、いかがでしょうか。もっと簡単にもできます。

投稿日時 - 2018-03-17 00:07:35

お礼

ありがとうございます!!

もっと簡単な説明もできますとのこと、
いっていただきありがとうございます。

納得できました♪

くわしく説明をしてくださってありがとうございます!!

なるほどー♪

引き続き、宅建の勉強を続けますので、また
機会がありましたら、ヨロシクお願いします!!

丁寧な解答をありがとうございました!

投稿日時 - 2018-03-17 07:00:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問