みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

タバコと経済問題について

世界保健機関(WHO)は、喫煙が環境に与える悪影響に関する報告書を発表した。タバコによる死者は年間700万人。医療費と生産性低下による経済的損失は年に1兆4000億ドル(約155兆円)に達する。

という記事を見つけました。

日本でのたばこ税は「加熱式たばこ」が平成30年10月から段階的に増税されるそうですが、
こうすることで、国の赤字が減らせる、というメリット以外に何かあるでしょうか?
(財政的な面において)

病院などに行けば保険料を国が負担してくれ、3割負担となりますよね?
ということは
病気に罹る人が減る⇨国が支払う保険料が減る⇨赤字対策に繋がる

…のではないかと思ったのですが、実際はどうなのでしょうか?

また記事には「栽培や製造においては森林伐採や環境汚染の原因になり、大量のごみを地球環境にもたらしてもいる。」とも書いていました。
国がどれほど環境問題にお金を注ぎ込んでいるかは詳しくはわからないのですが、その点においても大きなメリットになるのではないでしょうか?

全く詳しくなく、興味を持ったので少し調べた程度です。(詳しくないこと自体ダメですよね‥)
詳しい方、わかりやすく教えていただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-03-13 06:12:01

QNo.9477456

wxw

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

タバコと経済問題は正直、『机上の理論』なんですよね

と、言うのも煙草は疾患の要因ではあるものの原因ではなく
喫煙者が肺癌になったとして、それが煙草が原因によるものかを
限定する事は現代医学をもってしても、誰一人解明出来ていません

>病気に罹る人が減る⇨国が支払う保険料が減る⇨赤字対策に繋がる

必ずしもそうではないです
人間は高齢になると免疫力が下がり、何かしらの疾患を発症します
とどのつまり、喫煙者が比較的若い時代に疾患を発症するのに対し
非喫煙者は高齢になって疾患を発症する訳で
疾患の時期が早いか遅いかの違いだけです

また、長生きをすれば、介護医療だとか年金だとかが掛かる為
医療費は抑えられても、介護保険だとか年金の保険料が増え
トータルでマイナスになるのでは?と、言う意見もある位です

それ以前に、先にも述べましたが、疾患の原因が解明出来ない以上は机上の理論です

とりあえず、国としては、煙草をガンガン吸って、どんどん税金を納め
65歳になる直前で突然死して呉れるのが一番有り難いと思っているんじゃないかと

投稿日時 - 2018-03-13 08:04:31

お礼

回答ありがとうございます。

たばこ税をあげるとその分、国のお金になるが、介護保険料や年金が増えれば確かに一緒ですよね。
実際にやって見ないとどうなるかはわからないですね…。
ご意見大変参考になりました!

投稿日時 - 2018-03-15 02:18:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

実際のところ タバコの販売量は毎年どんどん減っています。
タバコを扱っていた日本専売公社がJTになり タバコの売り上げが占める率は
まだ87%ぐらいですが 子会社をたくさん作って タバコ以外で収益を上げています。
タバコの本数でいうと 
2000年  3300億本
2015年  1500億本
この期間だけで半分以下に減っています。

病気のことですが 世の中には 病気が減ってほしい人がいるのと同じように病気が減っては困ると言う人もいるのです。
医療や医薬の関係者たち
例えば虫歯のこと。
虫歯は伝染病だということがわかってから その予防法も簡単で 広く広報すれば虫歯になる人が減るはずです。
でも今までにそういう動きはありません。
歯科医 歯磨きメーカー などは困るのでしょう。
たばこでも 有害性はないと言う人もいらっしゃるようですし。
なかなか複雑にできていますね 人の世というものは。

投稿日時 - 2018-03-13 22:57:31

お礼

ご回答ありがとうございます。

またほかの回答者様とは違った観点からのご意見で大変参考になりました。
そう考えると、たばこがなくなると困る人はたくさんいるんですね(喫煙者以外で)
仰る通り、本当に複雑ですね…。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2018-03-15 02:21:18

ANo.6

まず、WHO自体がデマを振りまく団体であると認識しましょう。
彼らのデータや言論は世論誘導してますから。
タバコの弊害も確実なデータなどないのですよ。
むしろ食品の添加物の方がよほど有害ですよ。

医療費にしても、無駄な検診の促進や各種ワクチン接種も負担増になってるんじゃないの?
ちょっと風邪ひいただけで病院に行く。
冬になればワクチン接種。
ワクチン接種すれば抵抗力は減少してるんじゃないかと考えます。
世界でインフルエンザ接種の半分以上は日本ですよ。
過剰反応、医師会への利益供与なのでは?
またタバコ栽培と地球環境悪化に因果関係はないでしょう。
タバコの葉なんて自然に存在してるものですから。
ましてやそれが森林伐採など何の関係もないでしょう。

シコし考えればそういう結論になるのです。
おかしな書物に左右されないようにしてくださいね。

タバコの税金で旧国鉄の借金を払ったのですから。
政府は何も払わずタバコ税に押し付けたのですから。

タバコを禁止したところで環境問題には何の意味もありませんよ。
むしろ原発の方が環境問題には有害でしょ。
自然エネルギーに金を使わない自民党政府の方がおかしいのですよ。
何かごちゃ混ぜにしちゃってませんか?

投稿日時 - 2018-03-13 21:32:16

お礼

回答ありがとうございます。

私も記事を読んだだけの浅はかな知識ですが、タバコに含まれるダイオキシン濃度が環境汚染になったり、タバコの製造に木材は大量使用されており、約1/6の木材に及ぶそうです。

ですので、「タバコの葉なんて自然に存在してる」かもしれませんが、「森林伐採など何の関係もない」ということは無いようです。

投稿日時 - 2018-03-15 02:37:05

ANo.5

単純に、
酒税のがれはダメ、という理由で、第三のビールなどの課税が強化されました。
これまでビールを飲んでいた人たちが税金がやすいために価格も安いビールもどきの利用に変わったことを、課税のがれと考えたわけですね。

電子たばこのユーザーはもともとたばこユーザーだったとすると、これも一種の課税のがれなわけです。

同じアルコール、同じたばこ というカテゴリなら、税制の隙間を利用して課税のがれをして安く売るというのは、納税しているマジメな?生産者、製造者に対して、税制を利用した好き不正競争をしているという一面があります。
マジメな納税者が不利にならないように税制をはじめとする改めるというのは、国の正しい動きなんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2018-03-13 15:44:29

お礼

回答ありがとうございます。

ほかの方とはまた違った回答で大変参考になりました。
確かにそういう考え方もありますね。
ありがとうございます!

投稿日時 - 2018-03-15 02:27:48

ANo.4

他の皆さんが指摘しているように、タバコの害については相反するデータが並立している矛盾があるのです。

タバコは害であるという話から、当然世界中の喫煙者がタバコ会社を相手に「タバコがこんなに体に悪いと聞いていなかった。そのため健康を害した」ということで訴えを起こしたのですが、実は世界中で一例もその訴えが認められたことはなかったのです。
裁判所の判決はいつもこうでした。「あなたの肺ガンの原因がタバコであるという医学的証拠はない」と。というか、あくまで医学的に分かっているのは「統計として喫煙者には肺ガンが多い」ということだけであり、そのメカニズムまでは分かっていないからです。

そこから「パンを食べた人はいつか必ず死ぬ」というジョークが生まれました。

私は非喫煙者ですが、タバコには効能があることは実は隠されています。タバコは「精神を落ち着け、うつ病を防ぐ」という効能もあるのです。日本でも喫煙率の低下と共にうつ病患者の数が増加していますが、そこに相関関係が存在するかどうかは分かりません。タバコの精神安定効果は、今のところないことにされているからです。昔は日本軍もアメリカ軍も兵隊にタバコを配ったのですが、それは戦場の恐怖から兵士の気を紛らわせるためでした。アメリカ軍はベトナム戦争の頃はそれが大麻にとって代わられたのですけれど。

私は基本的に嫌煙家で、分煙化には大賛成なのですが、しかして最近の反喫煙活動はちょっとファナティックなんじゃないかなと思っています。昔のF1カーにはマールボロとかJPSとかタバコの広告が入っていたものですが、あっちのほうがカッコ良かったもの。

投稿日時 - 2018-03-13 14:20:53

お礼

回答ありがとうございます。

私の父も昔喫煙者でした。今はもう吸っていませんが、なぜ吸っていたかを問うと、回答者様のおっしゃった<「精神を落ち着け、うつ病を防ぐ」>に近い返答でした。ヘビースモーカーではなかったので、禁煙すると言ってから案外スッとやめれていましたが…笑。

大変参考になりました!ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-03-15 02:25:54

ANo.2

喫煙者でも、90才以上生きています。
喫煙者以外でも、肺の病人は沢山います。
喫煙しなくても、高齢になれば、介護などに沢山のお金が必要です。
病院代のことを考えると、喫煙者に高いお金がいるのは間違い。
森林伐採は、人口が増えすぎたから、増えた人が生きるために木を切っているのだから、たばことは関係ない。

すべて、たばこをなくすための屁理屈を並べて、統計を取っているだけ。

投稿日時 - 2018-03-13 08:01:23

お礼

回答ありがとうございます。

確かにほかの回答者様も仰るように、実際にタバコが及ぼす影響が確実に悪い、とは言い切れないようですね。
難しい問題ですね…。

投稿日時 - 2018-03-15 02:39:54

ANo.1

両方を並行して実験することはできませんので、本当のところは誰にもわかりません。

森永卓郎は、「喫煙者が減ると寿命が伸びて年金受給者や医療費が増大するので結局マイナスである」という持論を展開しています。「喫煙者が多い方が財政面から考えるとむしろ好都合」というわけです。

投稿日時 - 2018-03-13 06:16:43

お礼

回答ありがとうございます。

なるほど、そういう考え方もあるんですね。
んー、難しい問題ですね。参考になりました!

投稿日時 - 2018-03-15 02:11:40

あなたにオススメの質問