みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中古車

中古車は距離や年式が多いと値段が下落したりまた、消耗品の劣化がはげしくなります。
このため、年式が古くまた距離が長い車の中古の購入は控えたりする傾向があります。
その一方、同じ車種で新車の車両価格より中古の車両価格がやけに高い車をみかけます。(もしくは同じ値段)それも、距離や年式に関係なくです。
主にスポーツカーの特別仕様車だったりします。(1)新車より中古の車両価格が高い(もしくは同じ値段)車種が存在するのはどういった理由からなのですか?
(2)また、極端に走行距離や年式が新しい車の中古車を購入を控えたほうがいいとききました。
理由は、あまり車を動かさないためタイヤの同じ面が地面に設置しつづけている、オイルが車全体に行き渡ってないのでというものですが。
本当でしょうか?

投稿日時 - 2018-03-11 11:00:35

QNo.9476778

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

2 極端に走行距離や年式が新しい車の

ではなく、年式の割に極端に走行距離が短い、、です。
言葉を取り違えると意味が全く違ってきますから。

で、そのような車はご指摘のような危険性があります。
展示車などで全く動かさず10年も経過したような車は、走らせる前に入念な点検が必要です。へたすれば、シリンダーが錆び付いて、完全にO/Hしなければならないような場合もあります。特に屋外放置はお話になりません。どうしても湿気が侵入します。もっとも、屋外で何年も動かさないのは、解体屋とか倒産した車屋などでしょうけど。
タイヤも変形します。特にエアが抜けてくると変形度合いが強まります。やはり解体屋でしたが、数年放置でも、エア入れてもタイヤがおむすびのままです。まともには走れません。
気の利いた博物館ではタイヤを浮かせた状態で保存しています。

投稿日時 - 2018-03-11 12:19:43

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2018-03-11 21:13:43

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

(1) 需要と供給のバランスで価格が決まります。
入手が難しい限定生産車や生産台数が少なく新車を注文しても納車まで数年待ちなんてクルマ、ファンが多いけど現存数が少ないクラシックカーなどは購入希望者が多いので価格が上がります。
一方大衆車は中古車の台数も多くなるので安くないと買って貰えないため値段が下がります。

(2) 走行距離が少ない車は利用頻度が低くメンテナンスがあまりされていないと言う事が考えられるため、年式のわりに走行距離が少ないモノは注意が必要でしょうね。
仰られる通り、使っていなければオイルやグリスが回らず摺動部に錆などが出やすく摩耗が多いなんて事もあります。(特に露天駐車場だった場合)
点検記録などがしっかり残っていて、定期メンテナンスがしっかり行われていれば問題無いでしょう。

年式が新しい車は、販売店が成績稼ぎに登録だけ掛けて中古車として流したクルマなんてモノもあるので、どう言う経緯で中古車として出てきたのかによるでしょうね。
低年式車には、事故に遭ってゲンが悪いから手放したなんてクルマも結構あるので、修理履歴が無いかなどチェックした方がいいでしょうね。

投稿日時 - 2018-03-11 11:45:12

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2018-03-11 21:13:26

ANo.1

(1) 希少価値があるからですね。
  製造台数が少ない。限定車など。
  人気車種で注文をしてから手に入るまで時間が掛かるから。
(2)そんな事はありえません。
  ディラー展示車や試乗車が中古市場に出回ります。
  タイヤの同じ面が・・・。
  オイルが車全体に・・・。
  全然問題無い事です。
保証の付いたディラー系の中古販売店で購入すれば安心です。
残価設定ローンで契約して3年で乗り換える方も多いです。
  

投稿日時 - 2018-03-11 11:22:56

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2018-03-11 21:13:11

あなたにオススメの質問