みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ローカルのIMEとの連動設定について

【環境】クライアント;Windows10 サーバー:Windows Server2012 R2(RemoteApp)

客先の環境では出口対策のため、RemoteAppサーバーを使用しております。
パソコン上にあるインターネット用ブラウザのRDPファイルを実行するとRemoteAppサーバーのブラウザが起動してインターネットに接続されます。

旧システムのときはRemoteAppサーバーのMicrosoft IME2012を使用しており、RemoteAppサーバーMicrosoft IME2012の言語バーが表示されておりました。

新システムにおいて、RemoteAppサーバーのMicrosoft IME2012の言語バーが表示されなくなりました。
パソコンのMicrosoft IME2012で「入力モード」を変更するとRemoteAppサーバーのMicrosoft IME2012の「入力モード」も同じように変更されるように連動させるにはどのような設定が必要でしょうか。

投稿日時 - 2018-03-10 11:00:44

QNo.9476408

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

RemoteAppにおけるIMEは、一筋縄ではいかないようです。

私の拙い説明よりも、
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1505/26/news019.html
がわかりやすいと思います。

望みのことは、このサイトの途中で説明している
「IMEの設定」と「ユーザー辞書ツール」をRemoteAppで公開する。
という話かもしれません。

投稿日時 - 2018-03-10 20:46:11

補足

ありがとうございます。

ご紹介いただいたサイトを拝見すると「IMEの統合」がされたということですね。

「ユーザー辞書ツール」「学習情報」はRemoteAppサーバーが使用されるが、入力はフロントエンドとしてローカルのIMEが使用されるということですね。

MS-DOS時代に「日本語入力システム」は「FEP(フロントエンドエンドプロセッサ)」と呼ばれていましたが、ローカルのIMEがフロントエンドとして動作するということですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B5

昔はRemoteAppのサーバーで中国語(簡体字)、韓国語を入力する場合は、RemoteAppサーバーの言語バーで中国語(簡体字)、韓国語を追加していましたが、ローカルのIMEがフロントエンドとして動作するということは、ローカルのIMEで中国語(簡体字)、韓国語を追加すればよさそうですね。

RemoteAppサーバーにあるブラウザを実行した場合、日本語が正常に入力できないと思ったら、Googleの検索ボックスで全角の「あ」などを入力して確定した後に「Ctrl」+「F10」を押すと確認可能のようです。

Googleの検索ボックスで全角の「あ」などを入力して確定した後に「Ctrl」+「F10」を押すとIMEショートカットメニューが表示されますが、「IMEパッド」「単語の登録」「プロパティ」の前にアイコンがあれば、RemoteAppサーバーでの日本語入力が動作していますが、、「IMEパッド」「単語の登録」「プロパティ」の前にアイコンがなければ、RemoteAppサーバーでの日本語入力が動作していないようです。

投稿日時 - 2018-03-11 18:05:14

お礼

ありがとうございます。

言語を追加する場合、Windows7のときはRemoteAppサーバーでの設定が必要でしたが、Windows10の場合、フロントエンドのため、Windows10で以下の設定をすればよいようです。

【中国語(簡体字)の追加】
1.「スタート」-「W」-「Windowsシステムツール」-「コントロールパネル」を選択します。
2.「コントロールパネル」で「表示方法」を「小さいアイコン」または「大きいアイコン」に変更します。
3.「言語」を選択します。
4.「言語の設定の変更」にて「言語の追加」を選択します。
5.「言語の追加」で「中国語(簡体字)」を選択し、「開く」ボタンを押下します。
6.「中国語(簡体字、中国)」を選択後、「追加」ボタンを押下します。


【韓国語の追加】
1.「スタート」-「W」-「Windowsシステムツール」-「コントロールパネル」を選択します。
2.「コントロールパネル」で「表示方法」を「小さいアイコン」または「大きいアイコン」に変更します。
3.「言語」を選択します。
4.「言語の設定の変更」にて「言語の追加」を選択します。
5.「言語の追加」で「韓国語」を選択し、「追加」ボタンを押下します。


Windows10でATOKがインストールされていますが、RemoteAppサーバーにはATOKがインストールされていないため、Windows10からRemoteAppサーバーのブラウザを使用する場合、Windows10でフロントエンドとしてATOKは使用できないようです。

投稿日時 - 2018-03-12 22:20:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問