みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

政策金利の上昇は、仮想通貨市場にどう影響しますか?

日本・アメリカの双方で政策金利の上昇が意識されていますが、
2018年の景気影響はどういったものが考えられますか?
その際、仮想通貨市場にはどう影響しますか?

金利上昇のきっかけ自体は、実は仮想通貨市場の問題があるのでは?と考えています。
理由は2つです。
1つは、仮想通貨市場に、低金利政策で実態経済の儲けが
そのまま流れ込んでいる点が、結果として昨年の活況を生んだのでは?という点、
もう1つが、昨年後半から仮想通貨市場への金融規制強化が強まったことです。

ここ1週間の株価の乱高下も、こうした市場にあふれたお金が
一部の銘柄に集中・離散を繰り返している結果ではないかと考えています。
その点で、仮想通貨含む、金融市場全体の適正化という意味でも利上げ自体は
進んだほうがいいと思うのですが、一方でこうした激しい値動きは、
相変わらず仮想通貨を一部の投資家たちだけのものにする気がしています。

その場合、一時的に下落したものが、再び上昇するといった可能性は
描けるのですが、実際にそうした可能性はあるのでしょうか?
またそれは利上げの影響といえるのでしょうか?

投稿日時 - 2018-02-06 15:59:35

QNo.9426226

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

oomorikaiganさん、こんばんは。


こんな仮想通貨なんかが規模も小さいのに話題に触れているから、いくら金利上昇期に政策金利を上げようとしても邪魔になって、できない。非常にめぐらったい存在ですよ。半年は政策金利上昇を遅らせましたね。金融当局は今度のことでは問題を深めたと思います。

投稿日時 - 2018-02-07 20:09:26

ANo.2

現在の仮想通貨は古典的な通貨詐欺システム。
多くの仮想通貨は9割ほどが初期メンバーにより保有されている。そして残りの1割がばらまかれ、それらが売買されて名目価格が上昇していっている。この9割固定、1割売買ということで意図的に価格釣り上げのために行われている可能性が高い。そして0.1円から数百倍以上に値上がりしたところで初期保有者らが徐々に売り抜けて行く。ビットコインでは数人の人間により価格高騰させる釣り上げ行為が行われていたことが一部明らかになっている。

そのような状況であり現在の仮想通貨売買の主体は素人の集まり+一部の仕手。取引所で信用取引ができる訳でもなく、保険会社や金融機関が売買をしている訳でもない。なので政策金利の影響は実質的には殆ど無い。政策金利はすべての経済活動に影響するという建前なので、仮想通貨にも影響しているという話はいくらでも作れるが、株式市場や他の債券市場のような影響の受け方はしないということですね。

投稿日時 - 2018-02-07 00:32:14

ANo.1

ビットコインは既存の金融システムの中に組み入れられた訳ではないですし、実際のところ値段ほどの経済圏を持っている訳でもありません。ですから、関係は全くしないといっていいのではないかなと思います。

そもそも去年と今年1月中旬の暴落は昨年12月のバブル崩壊の調整であるといえます。上がり方が異常だったのは間違いないですからね。
市場はその後底を打って、確実に上昇ムードになったという矢先にタイミングを合わせた可能性さえあるコインチェックによるNEM流出事件、そして何らかの意図的な情報である可能性が濃厚なテザー社(USDT)問題、ビットフライヤー社のSFD中止とまー「これでもかこれでもか」というくらいバッドニュースが出てきてこの有様です。
数日前からの下落は、世界同時株安の影響ですね。ちょっと前まではビットコイン金融圏と既存の金融圏は全く連動はしなかったのですが、市場が大きくなって既存の金融界隈(トレーダーだけではなく、株投資家など)からの資金が入ってきて影響が出ているのでしょうね。

「ビットコインがこの惨状から復活することがあるのか」は、既存の金融システムに所属する人たちに聞けば100人が100人とも「あれはチューリップバブルで、終わったのだ」というでしょう。チューリップバブルの形とビットコインの形が似ていることを指摘して「ほらな。こういうことだ」というでしょう。
一方の、このとんでもない暴落でもヘラヘラしているビットコイナーたちに聞くと10人が10人とも「しばらくは低迷するだろうが、また何事もなかったかのように戻るだろう」というでしょうね。中長期的にはライトニングネットワークなど明るいニュースが多いからです。
これはあくまで「この暴落でもヘラヘラしている頭のおかしなやつの戯言」として聞いて頂きたいのですが、急落に結び付いたバッドニュースの中で仮想通貨の本質を揺るがす問題は何ひとつありません。コインチェック事件もいってみれば銀行強盗に入られたのと同じで、強盗に入られたから銀行システムに欠陥があるわけでもありません。インドのビットコイン規制がそうですが、明らかに歪められて拡散されていることは間違いありませんね。
一例だけグッドニュースをお伝えしましょう。これだけバカみたいに下げたビットコインですが、実は仮想通貨全体の規模は昨年の11月くらいのレベルに落ちただけなのです。もう何もかも終わりに見えて、実はまだ急騰バブル前に巻き戻っただけなんですね。

ビットコインの価格は、実体経済とはほとんど関係しないで勝手に動くと思いますよ。今までもそうでしたし、少なくともまだこの先数年はね。
ただ、底が完全に見えたわけではないのでここでエントリーはまだ危険ですね。5500ドルくらいまでは落ちる可能性はあるのではないでしょうか。全く望まないシナリオですけどね。

投稿日時 - 2018-02-06 16:39:03

あなたにオススメの質問