みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

創価学会による組織的なストーカー犯罪を隠す理由

創価学会による組織的なつきまとい、嫌がらせ、悪評流布等のストーカー犯罪が存在するか質問される方が未だにいます。
犯罪事実の確認は簡単ですし、犯罪の告発者は元創価学会幹部、政治家、大学教授、芸能人と多岐にわたります。
法廷で認められた事実を、苦しい嘘を吐いてまで隠そうとするのはなぜですか。

国会で創価学会の集団ストーカーを非難する亀井静香
https://www.youtube.com/watch?v=BFWh_jctYgs

公明党委員長 矢野絢也氏「僕が創価学会を訴えた理由」
https://www.youtube.com/watch?v=5UQ55hpH1c4

公明党委員長 矢野絢也氏 「創価学会は反省すべき」(3) 手帳強奪の真相を語る
https://www.youtube.com/watch?v=NhbLrO2h-G4

矢野絢也(著)「黒い手帳」裁判全記録
最高裁で完全勝訴確定!公明党・創価学会を追い込んだ集団ストーカー法廷闘争のすべて。
「創価学会の監視・尾行のノウハウは、昨日や今日築かれたものではない。常軌を逸したパッシングのなかで、監視や尾行が日常的に行われ、その他、反学会者や脱退者に対しても監視や尾行が繰り返されてきたと聞いている。ちなみに創価学会の組織のなかで、特に脱会者や学会批判者に対する監視・尾行などの役割を担っているのが「広宣部」と呼ばれるところとされる。
広宣部の主な活動は、郵便物の抜き取り、盗聴、交友関係の調査、尾行、怪文書攻撃、構成員のゴミからの情報収集などだ。
このように学会の監視や尾行などの非合法活動は、早くから組織化されて行われてきた経緯があり、そうした卑劣な活動はつねに対外的に、そして学会内においても、数かぎりない摩擦を生んできたのである。」

矢野絢也(著)  創価学会「日本占領計画」の全記録
「各部門と連動しながら、スケジュールを組んでの連続的な組織的犯罪だったのである。また、攻撃範囲は本人のみならず、家族・親族に及ぶものであり、精神的威嚇、社会的地位の抹殺、または生活の基盤を奪い取ろうとする、包括的なものであった。
私はかつて、学会内のハイテクを担当する部屋を案内されたことがあった。ずらっと並んでいるのが最新設備だとわかった。
創価学会がハイテク強化に注力しているのは、ひとつには敵対者や敵対組織の情報収集の大きな武器となるからだ。これまでも、学会は盗聴事件など数多くの非合法活動を行い、世間から非難を浴びた。」

「誰も書かなかった 池田大作創価学会の真実」 元創価学会教学部長 原島嵩(著)
「月刊ペン裏工作、電話盗聴や謀略、他教団や学会批判勢力の分断工作、世論操作、買収に多額な金が使われたことも、各種批判で明らかになっています。それとて氷山の一角でしょう。
池田は、創価学会を批判する者に対して、これを徹底的に痛めつけることを青年たちに教えました。
池田による僧侶リンチ事件も見せしめであり、青年たちの教訓として起こしたものです。
創価学会批判者に対する盗聴、スパイ、見張り、尾行は執拗に行われました。
池田は「ウソも百篇言えば真実になる」といい、自分を守るためには、虚偽を捏造し続けてきました」

池田大作の品格 小多仁伯(著)
「当初は、組織防衛のための広宣部を結成したことが、いまでは積極的に反対者への恫喝、圧力を加える組織へと移行しているようです。私の身辺で得体の知れないグループが、車での尾行、電車の移動や近所に出かける際の尾行など、頻繁に行うようになってきました。」

イケダ先生の世界 青い目の記者がみた創価学会  ベンジャミン・フルフォード(著)
創価学会に造反した山崎正友・元顧問弁護士はそのひとりだ。彼は宮本顕治・日本共産党委員長宅の盗聴事件を指揮した人物と言われ、後に反旗をひるがえし、反学会の立場に転じて盗聴の事実を暴露した。
山崎元弁護士は、常に尾行されているという。彼と一緒に外を歩くと、たしかに不審な男がつけてくる。
「あの人は、私を尾行しています」山崎がそう言うので、私がその男に、「あなたは、尾行しているのですか?」と、誰何したら逃げてしまった。
山崎の発言は衝撃的だった。創価学会はファシスト集団で、世界支配を目指していると物騒なことを言い出す。


国会でも、創価学会の集団ストーカー犯罪が議題になりました。
第136回 国会予算委員会 第22号
第126回 国会予算委員会第三分科会
「自分にとって好ましくない人、敵対している人を常時尾行する、追いかけ回す、見張るというような行為は、日本国の何らかの法律に、刑罰を伴う法律に違反するのかしないのか、法務大臣もしくは国家公安委員長にお聞きしたい。仮にそういうものに抵触しないとしても、これは少なくとも人権侵害であることは間違いないのじゃないかと思いますので、法務大臣に御答弁をお願いいたします。」

日刊ゲンダイから。
ジャーナリスト乙骨正生氏は、週刊誌に創価学会の記事を掲載した直後、無言電話され、車のフロントガラスを壊された。
日本大学教授の北野弘久氏は、公明党を批判した途端、無言電話が殺到しただけでなく、尾行もされた。

東京方面では、いま、新型集団ストーカーが流行してます。
創価学会の広宣部と男子部か婦人部あたりのカルトを筆頭に、服装の特徴や居場所などを共有しながら個人を追いかけ回し、電車内では「ゴホゴホゴホ、死ぬ~」とか「ああ、もう終わりだ~」とか言いながらアホなことをしています。車内は、しーんと静まりかえり、変人の声だけがこだましているという、恐怖映画さながらの演出がされています。
おまけに、共犯者を募りながら大規模な工作をしたり各所に圧力を掛けて情報統制してくるので、ストーカーに興味ない人には迷惑な話です。
世の中を混乱させながら、創価学会の方策「総体革命」を推し進める気なのでしょうか。

投稿日時 - 2017-12-22 17:44:11

QNo.9410558

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

そんなことが暴露されれば宗教法人認可も取り消されるでしょう。
宗教法人であることで私腹をこやせるのですから。
個人的にはオウムも学会を手本にしたと思っています。
公明党も学会資産を守るために存在し、与党に組してるだけです。
国家権力に入ったのですからなんでもありでしょ。
安倍だって好き放題して国民を拘束してるのですから。

投稿日時 - 2017-12-22 22:18:49

ANo.1

(1)この質問を印刷してください
(2)精神科医に印刷したものを提出し、診断を受けてください
(3)当分の間(数年)インターネットの利用を避けるようにしてください

これをやられるとストーカーは全く手出しができなくなり、あなたの周りからいなくなります。

投稿日時 - 2017-12-22 17:49:46

あなたにオススメの質問