みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

■取締役

 友人が、株式会社を起業しようとしています。

 どうしても、名簿上、取締役3人のうちの、一人として、
名前を貸して欲しい(参画して欲しい)といわれています。

 (有限会社から)株式会社なので、(株式)投資した分は、責任はあると認識していますが、「それ以上の責任」ってどうなのでしょうか?

 今のところ、資本金1200万円で、私の投資は分、50万ぐらい程度なら、事業失敗してもしかたないと思っています。

 手形に裏書をするつもりもありませんし、共同出資者として、参画するのは、危険なんでしょうか?

投稿日時 - 2004-07-27 05:20:59

QNo.940913

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

出資をしていなくて、会社の債務の連帯保証人にもなっていなければ、債務などの弁済の責任はありません。

ただし、株式会社や有限会社の取締役は、たとえ名義を貸しただけでも、実質的な取締役と変わりなく法的な責任が有ります。
出資をしていなくて、経営にタッチしていなくて、名義だけの取締役の場合、謄本には取締役として登記されますから、外部からは、名目だけの取締役との判断が付きませんから、通常の取締役としての法的な責任があります。

取締役の責任には、会社に対する責任・第三者に対する責任・刑事責任の3種類があります。

会社に対する責任は、違法配当を行った場合や会社と利益が相反する取引を行い会社が被った場合・法令に違反したことによって会社が被った額に対する責任等です。
第三者に対する責任としては、放漫経営等で債権者に被害を与えた場合などです。
刑事責任とは、特別背任罪等に該当する場合です。

下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.eiko.gr.jp/kigyou027.htm

参考URL:http://www.sunfield.ne.jp/~shihou/sodan/ka06.htm

投稿日時 - 2004-07-27 06:49:12

お礼

 早い回答ありがとうございました。

 参考URLが、とても参考になりました。

投稿日時 - 2004-07-27 21:16:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

出資者(株主)としての責任と取締役としての責任は別物です。

株主としての責任はいわゆる有限責任のため、出資額以上の責任を負うことはありませんが、取締役の責任については#1さんがおっしゃているとおり、それなりに重い責任が課せられます。

hororiさんが実際に経営に参画する意思がないのなら、取締役の就任は慎重にされたほうがいいと思われます。

投稿日時 - 2004-07-27 09:12:59

お礼

 早いご回答で大変助かりました。
 また、とても参考になるご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-07-27 21:14:21

あなたにオススメの質問