みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

月面基地

アメリカのトランプ大統領が40ぶりに月面探査をはじめる。と言い出した
そうです。つまり月面に軍事かまたは民間の資源調査基地を建てるという
ことでしょう。
しかし、大気の無い月面に建造物を建てると言っても、その資源はどう
するのでしょうか。地球から運ぶのは無理です。そんなに出力のある
宇宙船は出来ていません。
また、大気が無いので太陽風による放射線を常に浴びることになりますので
人間がそれに耐えられるのでしょうか。
アポロ計画では月面に立っていられる時間が制約されていました。
実際に、月面基地ができるとなったら、どんな形状の建造物になるでしょ
うか。
詳しい方、お教えください。

投稿日時 - 2017-12-12 10:13:36

QNo.9406944

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

これは、先日、以下のニュースで報じられたからです。
抜粋=
かぐやがレーダーで月の地下を観測した結果、表側にある「マリウス丘の縦穴」付近から、長さ約50キロにわたって洞窟が延びていることが分かった。
洞窟は縦穴につながっているとみられ、地表からの深さは最大で数百メートル。幅は100メートル前後で、断面は崩落しにくいかまぼこ形と考えられるという。・・・富士山麓の風穴のような溶岩でできた空洞
http://www.sankei.com/life/news/171018/lif1710180033-n1.html

これなら、基地が作れる可能性がありますよね。
将来、ホテル建設も考えられます?

投稿日時 - 2017-12-12 10:31:03

お礼

回答ありがとうございます。
なるほど、かぐやの働きで。
素晴らしいです。そんな大規模な洞窟があるなんて知りません
でした。やはり地下に建設するのが適切なようですね。

投稿日時 - 2017-12-12 12:51:58

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

いかにもトランプらしいアメリカ第一主義の象徴でしょう。
巨額の資金を投げ打って世界一を誇りたいのだろうが、そんなことをしてどんな結果が得られるのか全く考えていない。
火星に人を送り込むと言うが、何年も地球を離れて真っ暗な宇宙空間を漂って限られた狭い宇宙船内で過ごすなんて事を誰が望んでやるのか?
私だったら途中で気が狂いそうだから断固お断りする。
無人探査機で充分だ。

投稿日時 - 2017-12-13 08:20:45

ANo.5

 トランプさんには、「月もアメリカのものにしてしまえ!」という意図があるのかも知れませんね。まぁ~プーチンさんも、機会さえあればそうしそうですし(^^;)。

 それはおいといて、それから資源の問題もおいといて・・・。

 バブル華やかりし頃の話ですが、日本の巨大ゼネコン、清水建設,大林組,間組は、「月面ホテル構想」ってのをかなり本気でやってたフシがあります。バブルは永遠に続くと思ったのでしょうね。土木系ゼネコンですから、ホテルの建築材料は当然、コンクリートって事になります(^^)。

 ところがコンクリートってのは、水に溶かした状態のものを乾燥させて固める必要があります。それをコンクリートの養生といいます(^^)。いいますが、月面の真空で養生できるのか?といった類の(本気の?)論文発表を、自分はかなりの本数聞きました。そこでフルカラーキラキラの「月面ホテル・パンフレット」なんかも見せられたおぼえがあります。

 バブル頃、清水建設,大林組,間組には確かに宇宙開発部みたいな部所がありました。今でもそのHPで、その「名残り」が見られるかも知れませんよ(^^;)。

投稿日時 - 2017-12-12 20:37:48

お礼

回答ありがとうございます。
技術的に可能ならば実現の可能性もありですね。
問題は金ですか。
おそらく、金の工面は大丈夫です。
日本の企業の溜め込んだ資金を出させれば、おつりがきます。

投稿日時 - 2017-12-17 10:09:57

ANo.4

宇宙船をそのまま基地にするような形にするのではないでしょうか。飛び立つときは一部だけ地球に帰還するようにすればいいのです。空気はないので金属でも錆びたりすることはありません。

投稿日時 - 2017-12-12 14:05:02

お礼

回答ありがとうございます。
太陽風の問題はどうなりますか。

投稿日時 - 2017-12-17 10:19:38

ANo.3

 月面上で活動出来るパワーショベルのような重機が運べれば、月面開発は飛躍的に進みます。月面上に広大なグラウンドを建設したり、道路、建築物の土台なども建設出来ます。電力は太陽発電で賄えますし、建物は太陽炉を使って、月面に豊富にあるレゴリスと呼ばれる土壌を焼結し、煉瓦にして積み重ね、熱で溶かした岩石を上から流して固める方法でドーム構造が作れるようです。与圧された都市建設も将来的には可能だと考えられています。

 月面の岩石や土壌を原料にし、太陽エネルギーで発電や溶解をおこなって、都市建設をおこなう構想はずいぶん昔からありましたが、それだけではなく、月面は重力があるので金属の溶接作業も可能で、地球のような建設作業も考えられると思われます。

 もっとも、莫大な予算と何十年もの時間が必要で、国際協力が無ければ無理な計画でしょうね。日本のように経済が行き詰った国は抜本的な改革をおこなわないと、途中で脱落するのではないですか。

投稿日時 - 2017-12-12 13:32:23

お礼

回答ありがとうございます。
月面での発電技術は可能ですね。また衛星から発電してレーザー
技術での転送もできれば、仕組みとしては良いと思います。

日本がそれを途中で投げ出すのであれば、国際的な信用は無くなり
ますが。どうもそれって考えすぎなのではとも思いますね。

投稿日時 - 2017-12-17 10:15:18

ANo.2

単に方針だけで予算が無いから実現は厳しいですね。
やるにしても、最初から恒久的な基地を作るのは無理でしょう。洞窟を利用するにしても気密や出入りを考えなければなりませんから、かなりの資材が必要になります。最初は地球から持っていく以外に方法は無く、将来的には月の資源を利用できるようになるでしょうが、百年単位で考える必要があると思います。
それまでどれほどの事ができるのか、トランプ氏のお手並み拝見と。

投稿日時 - 2017-12-12 12:59:17

お礼

回答ありがとうございます。
アメリカ頼りの宇宙開発なら、このプランはアメリカ独占のものと
なってしまいます。同盟国として技術供与の用意がある。と言えば
アメリカも賛同するのではと思います。

投稿日時 - 2017-12-17 10:18:19

あなたにオススメの質問