みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

筆ペン、万年筆、選び方教えてください

筆ペンと万年筆を良く使いますが(私用)、ボールペンと違って綺麗に書けるので
気に入っています。新しいものを買いたいのですが、全く専門外なので、
どうやって選んだらいいのかわかりません。
万年筆に関しては、なんとなくお金さえ出せばいくらでもいいものを買えそうな
気もしますが、高級なものを求めているわけでもありません。

常用されている方、どんなものがお勧めか教えてください。
できれば、製品名ではなく、機能面(インク、材質、他にもあるかな?)を
メインに特徴など教えていただければと思います。
私が外せないと考えているのは、リフィル可能であることです。

以上、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-11-30 15:20:49

QNo.9402996

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> 綺麗に書けるので気に入っています。

 ということであれば、同じ物をお買いになるのが最善ではないでしょうか?

 私が使っているものを紹介したいのですが、万年筆は使っていません。学生時代までは何種類か持っていたのですが、どうも、太さが指に合わなくなってきて引き出しの中に放置状態です。

 握ってみて、手にぴったりの太さのものを買うのがいいと思います。

 使っていた時の記憶では、ペン先は14金がベスト(18金は柔らか過ぎ)とか言われていたのと、黒インクは粒子が大きいのでよく詰まる、ということくらいですか。

 筆ペンですが、穂というか筆先の太さや材質は用途に合ったものを使えばいいだけです。

 例えば、写経用の筆は穂先が細いです。それはのし紙には使えません。

 穂先が割れるのが嫌いなら、毛状のものではなくスポンジみたいなのを使えばいいかと思います。

 液ですが、「墨液」と書かれているのは、いわゆる「墨汁」と呼ばれるものと同じ液だろうと思いますが、文字がかすれます。液の出が悪い。

 うまい人が書くと、かすれが文字の味わいになるのですが、すぐ書けなくなるので、頻繁にクチュクチュと胴回りを押して、液を穂先のほうに押し出す必要があります。

 最近は、顔料インクを使ったものを多用しています。ケースにそう書いてあったと思います。たぶん、「和紙用」などと書かれた筆ペンも同じなんじゃないかと思いますが、顔料インクだと割合すらすらと書き続けることができます。

 液の濃さでは、濃いものがほとんどですが、弔事用の「薄墨」の筆ペンや、朱筆もありますね。

 昔から、墨液が無くなったら胴の一部を入れ替えて、穂先が傷むまで使うことができましたから、質問者さんの書かれた「リフィル」がその意味なら、大半の筆ペンもリフィル可能だと思います(一部使い切りもある)。

 今は万年筆でおなじみのインクカートリッジにインクが入っているものもありますので、万年筆がインク切れをおこした場合と同様に、空になったものを抜き取って新しいのをさしこめば、同じようにすらすら書けます。

 ただ、穂先の交換ができるものは、たぶんナイと思います。文具店に筆ペンの穂先だけが並んでいるのを見た記憶がありませんので。

 それぞれに改良されて、もっとよくなっているかもしれませんが、これまで気に入って使っているものをお使いになるのが、一番だと思いますよ。穂からインクまで、組み合わせはたくさんありますので、一々試しているとお金が大変ですから。

投稿日時 - 2017-12-01 00:10:38

お礼

筆ペンの筆部分の劣化については考えても見ませんでした。
おっしゃるように、インクを変えて使ってもいつか穂先が駄目になることを考えるべきですね。参考になりました!ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-12-01 21:09:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

筆ペン選び方は大きい文房具のお店は全部試用可能です
もちろんサンプルとして設置されています、どれが
良いのか全部試してみれば貴方の好みの筆圧とかわか
るので、書き心地に気づきます。
万年筆についてはたくさんおいてある店舗にいけば、
よりどりみどりなので、専属の店員いますので相談さ
れてください。

投稿日時 - 2017-12-01 07:46:00

お礼

ありがとうございます。
店頭でのためし書きやってみます!

投稿日時 - 2017-12-01 21:08:32

ANo.1

どれがオススメかと言われれば、一概にこれが良いと言うのは難しいです。
一口に万年筆といえど、それなりに値段のするものは、
ペン先に色々な特徴や種類があります。
同じ万年筆でもペン先の固いもの、柔らかいもの、太いもの細いもの、また
自分の筆圧や書き方の癖によっても書き味が変わって来ます。
つまりウン万円もする高級な外国製でも自分に合わなければタダのインクのシミ出て来る棒切れのような感じさえします。
では、どうすれば良いか…
品揃えの多い、ちゃんとした店員のいる店でとにかく試し書きさせてもらう、
と言うことです。
そうすればアナタに合った万年筆に出会えることでしょう。

投稿日時 - 2017-11-30 19:42:57

お礼

ありがとうございます。
やはり、ためし書きが必要のようですね!

投稿日時 - 2017-12-01 21:11:15

あなたにオススメの質問