みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

法人なりで借入金を引き継いだ場合

法人なりで固定資産を引き継いだ場合は、個人側では譲渡所得になると思いますが、借入金を引き継いだ場合の課税関係はどうなりますか?

投稿日時 - 2017-11-02 13:28:45

QNo.9392818

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> 法人なりで・・・ 借入金を引き継いだ場合

 えっと、まず「法人なりで」ですが、「法人成りした後」ですよね?(債務を現物出資するのは無理だったと思います)

 法人成りした後なら、法人経営者の判断で債務(借入金)を引き継ぐことは可能です。

 できたてホヤホヤ、何時転けるかわからない会社が「債務を引き受ける」と言っても、ふつうは債権者が了承しないので引き継げないのですが、引き継げたならば「個人の債務」が消滅するので、「個人へ利益の供与」となります。

 (重畳的債務引受なら個人債務は消滅しないが、個人の立場からすると無意味/よって今回は重畳的債務引受ではないと判断)

 対価なしで、法人から個人へ利益の供与が行われたことになりますので、個人側に「一時所得」か「雑所得」になるのではないかと思います。個人の側に、得た利益相応の「所得税」が発生するのは間違いないでしょう。

投稿日時 - 2017-11-03 00:32:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問