みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

車の事故での保険の使い方

昨日車で事故を起こしてしまいました。過失割合は決まってないのですが自損自免、または5:5にするつもりです。そこで保険の使い方なのですが私の車は事故で出来た傷ともう一つ飛び石によるフロントの傷があります。調べると保険では当たり前ですが事故によりできた傷のみが直せるとのことでした。しかいもっと調べてみると修理するかは別としてお金だけを振り込んでもらう方法があるそうで、事故代替と同じ考え方だそうです。どうせなら全ての傷を直したいのでなるべく修理料の高いところ(ディーラー)で見積もりを出してもらい、なるべく安いところで全ての傷を修理したいと考えていますし。この際に認められる修理はどの程度のものなのでしょうか?私は後ろのバンパーとフェンダーがに凹みと傷があるのでそこを丸々交換してしまおうかと思っています。車はメルセデスなので修理ではなく交換をする人も多いと思うのでそんなにおかしなことではないと考えています。

免許を取ってから四年たちましたが初めての事故で保険などの仕組みがあまりわからず質問しました。保険の担当者に話すにも保険会社側としては美味い話ではないので言えません。

どなたかこのやり方でいいのか、それともこのようなやり方は通らなくなっているのかなど何かご教授ください。

投稿日時 - 2017-08-27 06:44:27

QNo.9367613

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

事故を起こした場合の過失については自分で決める事はできません。加害者被害者双方の保険屋さんが事故の様子を調べてそれで過失割合が決まります。そして相手側の過失10になることは被害者側の車が完全に止まって無い限りありません。そして質問者様によれば加害者側からお金を振り込んでもらい安いところで修理して、その差額を貰おうとしているようですが、修理後は領収書を請求されます。領収書を出さないと、保険屋が修理工場の帳簿を調べて、その後弁護士が登場して、詐欺の疑いで恐らく手が後ろに回ります。事故を起こしたという事で車を売ることも視野に入れてみてはどうでしょうか?
参考までにどうぞ!

参考URL:http://carurucar.xyz/

投稿日時 - 2017-08-29 11:27:49

理屈だけでいえば通りますが、保険会社を入れて、修理費用をディーラーに算定させる(あなたの言い分ではなく、保険会社が妥当と認める修理内容しか反映しない、単価の水増しも認めない)ので、思惑通りには行きません。

また、ディーラーが修理費用を見積もるのもタダではないので、やーめたとやれば諸費用を請求されるでしょう。
世の中、見積もりはタダだとカンチガイしている人が多すぎます。労力、手間、設備など入り用なんですよね。

そんなチンピラまがいの利ざや稼ぎをしたければ、保険会社に頼らず自力でやるといいでしょう。
ただ、相手の保険会社もバカではないので、不当請求だろう、そちらのディーラーに内容をきっちり確認して単価も正当なものにした見積もりを出させるとやってきますよ。

投稿日時 - 2017-08-27 10:04:58

ANo.3

まず過失割合は貴方だけの問題では無く、保険屋と事故相手考えもありますから、貴方の思う通りには成らないようと思います。

事故の修理は、今は保険担当者は乗用車の修理代に関しては、かなり詳しいです、貴方の思い通りにいくかどうかです。

事故以外の修理は保険は効きますが、一件に対して3階級割引が落ちます。
事故以外の場所を一件ごとに数えて割引を下げていけば、割引が無くなり保険料が高くなるのと、修理代とを考えてどちらが得かになります。

投稿日時 - 2017-08-27 07:55:42

ANo.2

まず相手のある事故のようですので、ご自身の契約している保険会社と相手の方が契約している保険会社の間で示談交渉をしてもらいましょう。
そこで過失割合が決まります。
次に、ディーラーでも街の修理工場でも何処でもいいのでご自身のクルマの修理見積を取って下さい。
この修理見積に相手の方の過失割合を掛けた金額が補償として受け取れる金額になります。
同時に相手の方も修理見積を取り、その金額に貴方の過失割合を掛けた金額が相手へ支払う補償額になります。

もし貴方の受け取る補償金額の方が多い場合、貴方自身の保険を使わずに相手から貰う予定の補償額から支払う予定の補償額を引いて受け取るという事が出来ます。
その場合、受け取れる補償額は少なくなりますが、ご自身の保険の等級が下がらずに済むので、来年以降の保険料が上がる事はありません。

逆に相手への支払いが多い場合は相手からは1円も貰えずに、貴方の保険から相手への補償と貴方が受け取るはずの補償額相当のお金が支払われる事になります。

相手から補償を受け取ったら、そのお金をどう使うかはあなたの自由です。
車の修理をせずに貯金しても構いませんし、美味しいごはんを食べに行っても構いません。

車を修理する場合。修理費用が補償額を上回りご自身の車両保険を使う場合は、ご自身が契約している保険会社と相談して下さい。
基本的には実際に支払う修理費用を車両保険から出す事になり、保険会社から修理業者に直接支払われるケースが多いかと思います。

投稿日時 - 2017-08-27 07:38:01

事故証明をとれるようにする。(届出する)
そこで過失割合は決まらないと思います。クルマの位置関係、走行状態などを記録に残す。
保険屋に連絡して今後について話す。私の場合は損傷箇所の写真(自分で撮った)と修理見積もりを郵送
指定した口座に振り込み
その金をどう使うかは不問。(私の場合は缶スプレー等を買ったのと家族でフグを食べたー冬のことだったので
厄払い?)
以上です。

投稿日時 - 2017-08-27 07:29:24

あなたにオススメの質問