こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ガソリン車廃止

ドイツは2030年、フランス、イギリスは2040年にガソリン車を廃止するそうですが、日本はどうなりますか?

投稿日時 - 2017-08-24 13:50:00

QNo.9366675

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

日本は対応が遅れていますが、追従せざるを得ないと思います。ハイブリッドに頼りその後燃料電池車に目標を定めて大きな投資をしてきたのが出遅れの原因と思いますが、アメリカ、欧州、中国は脇目も振らずEVなので、急がないと日本の車産業が危ないです。
EVの技術だけじゃなくてこのままだと充電設備の設置が海外では急ピッチで進んでいるので、ゆっくりしたペースで進めていると日本だけガソリンスタンドがたくさんあってガソリン車やハイブリッド車が走っているなんて言うガラパゴス状態になりかね無いので計画をたてないとまずいです。でもその前に燃料電池車をあきらめないといけないので厳しい選択と思います。

投稿日時 - 2017-08-24 15:27:31

お礼

とにかく日本はグローバル対応が遅いし、国内仕様にこだわりますよね。スマホとかもひどい

投稿日時 - 2017-09-11 12:41:54

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(20)

ANo.20

>ガソリン車を廃止するそうですが
口だけです、一般に言われるように人気取りと、ディーゼル車の不正問題の目先を変えるための物です。

日本で電気自動車はメリットが無いので日本では、ハイブリッドが主流の時期が長く続くと思います、原発がバンバンできれば電気もアリかと思います。

投稿日時 - 2017-09-08 09:20:36

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-11 12:51:52

ANo.19

現時点貨物車はミニキャブミーブとe-NV200のみ。
トラック物流に頼りきりの日本では難しいでしょう。

投稿日時 - 2017-08-29 08:07:39

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-11 12:51:35

ANo.18

ガソリン車廃止ではなく、ガソリン及びディーゼルなどの内燃機関車廃止ですね。
ヨーロッパでは、ディーゼル車が主流のため、大気汚染が深刻のための措置です。
ガソリン車が主流で、大気汚染が改善されている日本とは全く事情が異なりますので、日本が追随するとは思えませんし、欧州が実行できるとも思えません。

投稿日時 - 2017-08-25 22:16:54

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-11 12:51:27

ANo.17

遅速は彼らの様子を見ながらでしょうが、大きな潮流としては日本は欧米に追随して行きます。

歴史的な事実としてもそうして来ていますし、今後もその点では変わらないでしょう。そのようにして日本はここまで発展して来たのですから。

投稿日時 - 2017-08-25 17:59:46

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-11 12:51:11

ANo.16

日本はやらないでしょうね。プリウスだって、発売してからけっこう経ちますが、いまだにあのレベルですからねえ・・・。

投稿日時 - 2017-08-25 17:21:30

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-11 12:50:58

ANo.15

多様な意見がたくさんあつまってよかったですね。

私は、様々な種類の動力源の車が日本にはまだしばらく続くと思っています。

ハイブリッドと燃料電池車については、明るい未来はないと思います。
世界有数の会社が主導していますので、影響はあると思いますが、様々な課題が出てきています。

ディーゼル車については、ヨーロッパでは、ワーゲンの事件が起こる前は「二酸化炭素の問題は、ディーゼル車が解決する」といった勢いでしたが。

電気自動車についても、「走行中は二酸化炭素を出さない」だけ(広範囲にまき散らさない等のメリットはありますが)
で電池の開発など世界の過疎地などでは、普及は大変だと思います。

ガソリン車については、ある程度、熟成した技術で、世界中で、生産技術やメンテナンス技術は広まっています。
先進国の中古車や中古エンジンが、発展途上国で活躍する構図はまだしばらく続くと思います。

つまり、先進国から発展途上国になったり、発展途上国から先進国になった国は少数派で、自動車についても
「先進国が開発し、発展途上国に広める」形がまだ続きそうでです。例外的なのは電気自動車がありそうですが、
自動運転や電池の開発でC国はそう簡単にトップクラスの自動車生産国にはなれないと思っています。

日本は自動車メーカーが多いので、それぞれに個性を出して長所を生かした戦略で(様々な動力源の車が共存する)
日本で試して、世界で売るのが良いように思います。

投稿日時 - 2017-08-25 09:22:31

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-11 12:50:51

ANo.14

日本は追従しないですね。
レシプロエンジンも人気があるから・・。
バッテリーの大容量化とか、長距離の運用に耐えられれば流通関係者が強い興味を持つでしょうね。
あとは導入コストと維持コストが課題でしょう。

投稿日時 - 2017-08-25 00:25:45

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-11 12:46:50

ANo.13

欧州のガソリン車廃止は、無理だと思いますよ。
ガソリンは石油精製で出来てしまう副産物だから、使わないわけにいかない。
電気は柔軟なエネルギーだから、ガソリンをいかに効率的に電気に変えるか
は課題となります。
また、EVを走行中に無線充電できるインフラを整備することが急務です。

投稿日時 - 2017-08-24 22:03:37

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-11 12:46:41

ANo.12

海外輸出の関係から日本も同じような環境になるかもしれませんが、最低ですね。エネルギー効率、環境破壊は一層進むことになりますな。
化石燃料を焚いて加圧した水蒸気で発電機を回して、送電網を通して電気自動車に充電するくらいなら、直接化石燃料を燃焼して走った方が余程効率が良いだろうに。
電気自動車が主流になれば、火力発電が主力となるでしょう。
大量の化石燃料を焚けば二酸化炭素が出ます。誰も気づかないのかね?
太陽光発電は、エネルギー効率を考えると発電しないゴミだ。
なぜなら太陽電池を作るためには、太陽電池の生涯発電量より大きな電力を消費するからだ。
私達が太陽光発電だなんだと屋根に取り付けているパネルは殆どが中国製で、中国の火力発電によって作られている。中国のPM2.5が迷惑だと嘆く輩が沢山いるが、実は、自分たちの太陽光発電パネル制作も絡んでいるありさま。
風力発電は不安定な電力しか産まない。
原子力発電はやれ核のゴミが心配だとか。。。
他の発電方式からすれば微々たるモノだが、心配性の国民性は。。。。
救えないな。
結局ヨーロッパの人たちは、頭が悪く、嫌なものを誰かに押し付けているに過ぎないのだよ。バカバカしい話だ。

投稿日時 - 2017-08-24 20:21:47

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-11 12:46:29

ANo.11

分かりませんけど僕が一番気になるのは?
ガソリン税の代替税は何処の部分で取ろうとするのか?😱

投稿日時 - 2017-08-24 19:32:51

お礼

充電課税にするのか、車の購入や維持費をさらに値上げですかねえ

投稿日時 - 2017-09-11 12:46:03

ANo.10

2014年カリフォル二ァZEV規制を2018年モデルからが発表されています。
ZEV規制からハイブリットは除外されました。
現在の世界の流れからEVに変わりそうです。
世界のEV開発走行距離300マイルが中心。
日産リーフ9月発表では走行距離400Km/h以上といわれています。
トヨタもEV出遅れで自社開発がよりも、スバル・マッダと共同開発。

投稿日時 - 2017-08-24 19:29:35

お礼

トヨタも読みが甘いですね・・・

投稿日時 - 2017-09-11 12:44:49

為政者がそんな先をみとうす人でないようだし、直近をよく生きる、というのが日本人の感性では?
世界がかわれば合わせて変えてゆく、融通無碍でいいのでは?

投稿日時 - 2017-08-24 18:00:24

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-11 12:44:18

ANo.8

現在は 自動運転車の実用化が進んでいるところです。

自動運転車にはEVのほうがコントロールしやすいので

少しずつそちらに舵を切っているところでしょう。

そうなると 自動車は 家電という扱いになってしまう。

そして 青キップが切れなくなって 警察の収入が減る。

石油業界がブレーキという回答もありますが

警察も結構抵抗しています。

替わりに 自転車に目をつけたりしているところです。

でもいずれ インフラの発達している先進国では

そちらに進むのは避けられなくなっているでしょう。

EVと自動運転。

投稿日時 - 2017-08-24 17:59:39

お礼

またもや抵抗勢力がいるのですね。やれやれです

投稿日時 - 2017-09-11 12:44:08

ANo.7

ヨーロッパはその流れですが、人口の多い、アメリカ、インド、中国などがどうなりますかねえ。まあメーカーとしては技術開発はしていくんでしょうけど

投稿日時 - 2017-08-24 17:34:19

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-11 12:43:04

ANo.6

日本の場合、石油利権者が睨みを効かせているから無理なんじゃないでしょうか?
国としても、ガソリンに暫定税率を加えた上に消費税を加えると言った
税金に税金を課す二重課税でうま味を搾り取っていますし
それが出来なくなるEVには中々シフトしないんじゃないでしょうかね?

もっとも、EVにシフトし始めると同時に、それを管轄する独立行政法人が出来て
大量の天下りが流れ込むのも問題ですが・・・

まあ、冗談はさておき(あながち冗談でもないのですが…)
今は、トヨタとマツダがEVの開発で提携を結びましたが、それにより
画期的な車が誕生すれば、もしかして…って可能性は否めませんね

投稿日時 - 2017-08-24 17:27:53

お礼

早く完成度の高いEV車が出てほしいです

投稿日時 - 2017-09-11 12:42:55

ANo.5

冷静に考えれば・・・
ガソリン車廃止はヨーロッパ方面だけですね。
アメリカや中国でEV車が増えたとしてもガソリン車が廃止されるとは考えにくいです。
ましてや、南アメリカやアフリカ大陸・その他多くの国でガソリン車が廃止されるといいのは考えにくいです。
先進国の一部が廃止したとしても多くの国でガソリン車は生き残るでしょう。
販売先として考えると・・・
EVも売らなければいけないし・・・
後進国にはガソリン車も売らないといけないし・・・
両方の車をもっと研究開発しないといけないし・・・
って事になるでしょう。

あと20年で全世界が裕福に成るとは考えられません。
アメリカの国民の8割以上が年収数百万以上にならないと、
ガソリン車廃止には出来ないでしょう。

投稿日時 - 2017-08-24 16:05:23

お礼

なるほど、ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-11 12:42:18

ANo.3

日本は保守的かつ自動車メーカーやガソリンメーカーの顔色をうかがうので、こういう目標は出せないでしょうね。そうして遅れをとります

投稿日時 - 2017-08-24 15:21:29

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-09-11 12:40:26

ANo.2

トヨタが電気自動車に本腰を入れたので、そのせいか次第ですね。

http://kunisawa.net/car/car_latest-information/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%80%81%E6%AC%A1%E4%B8%96%E4%BB%A3%E9%9B%BB%E6%B1%A0%E4%BD%BF%E3%81%86%E9%9B%BB%E6%B0%97%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E3%82%922022%E5%B9%B4%E3%81%AB%E7%99%BA%E5%A3%B2/

インフラの再構成も20年位はかかるだろうから、2040年頃になるのでは?

投稿日時 - 2017-08-24 14:52:06

お礼

日本はちょっと先ですかね

投稿日時 - 2017-09-11 12:40:17

ANo.1

>日本はどうなりますか?

日本では、2016年に発表された「EV・PHVロードマップ」で、2030年におけるEV及びプラグインハイブリット(PHV)の新車販売におけるシェアが20~30%、保有台数におけるシェアで16%を目指すという目標が示されているのみです。

つまり「単に目標を掲げただけで、何にもしてない」です。

投稿日時 - 2017-08-24 14:41:25

お礼

目標だけなんですね。日本らしい(笑)

投稿日時 - 2017-09-11 12:39:52

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-