みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

社員旅行は必要?それとも不必要?

某業界の2代目の中小企業の社長です。

最近考えているのは社員旅行を廃止するかどうかです。
先代の頃から毎月3000円ずつ会費として(ほぼ強制的に)集めています。
5年に1回は国内、5年に1回は海外旅行します。会費の半分ぐらいが負担金になり、残りは旅行中のお小遣いという形なので残りは全て会社負担です。

本音で答えれば、行きたい人と出来れば行きたくない人が半々ぐらいだと思います。

俺が考えている社員の本音は下記のとおりです。

【社員旅行賛成派】
・会社で旅行してくれないと私はどこも旅行できない。
(子供も成長し一緒にいるのは嫌がるし、妻は一緒に旅行してくれず、お金もないからどこにもいけないという事です)
・会社の金で遊びたい
・全員参加することによって社内の人間関係が円滑になる

【社員旅行反対派】
・仕事の延長みたいなものなのにお金払ってまで行きたくない
・社長、部長、上司などと職場以外で付き合いたくない
・旅行するなら友達や彼女と行きたい。有給と旅行補助金の方が良い


行きたい人だけ旅行して、行きたくない人はその期間は休暇で良い。
ただし従業員が50%以上参加しないと福利厚生費で落せないので参加者が少ないの時は要相談。みたいな感じで言ったのですが結果はパート1人除いて全員参加でした。

自由参加といっても中高年社員(上司)の圧力があって結局、参加せざるを得ないというのが現状ですね。

俺ははっきり言って数十人のオッサンを引き連れて修学旅行みたいなことするのはめんどくさいです笑

賛成派も反対派も福利厚生として良い制度にしたいなと思うけど、なかなか良いアイディアが浮かびません。

皆様は社員旅行は必要だと思いますか? 不必要だと思いますか?
その理由も教えてください。

あと出来れば社員旅行は行きたくないけど、代替案としてこういうのはどう?というアイディアがあれば教えてください。

以前、5年ごとに5日間の旅行休暇と旅行補助金に変えようか?というアイディアを出したら、役員と部長はみんな現状のままが良いとの事でした笑

時間とお金を貰っても仕事絡みの人以外で一緒に行く人がいないオジサンが多いのかも知れません。

投稿日時 - 2017-07-30 10:54:49

QNo.9357459

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

かつては廃止されていたことが多い「社内運動会」を復活させる会社が増えているそうです。パソコンやメールなどが普及するにつれて、社員の孤立化が進み「隣の人がどんな仕事をしているかもよく分らない」という時代になりました。そうなるとコミュニケーションが失われて「同じ会社の人だけれどほとんど知らない」なんてことになったんですね。チームワークみたいなものが失われていったのです。
ですから、社内旅行をすることによってお互いのコミュニケーションが進むというのは間違いなくあると思います。

ただ、今のご時世に「給料からその費用を天引きする」っていうのはちょっと違うかなと思います。月3000円ということは、年間36000円にもなります。それはちょっと高いです。
かといって「行きたい人だけ参加」ってのも個人的にはちょっと異論を唱えたいです。なぜかというと、そういうのに自ら参加しない人こそが社内で孤立化しがちな人だからです。

で、代替案ですが、旅行に行く代わりに基本全員参加の日帰りイベントというのはどうでしょうか。例えば社内運動会だとか、バーベキューとかです。それならみんなからお金を集めなくても会社の経費だけで賄うこともできるでしょうし、ちょっと高いならそのイベントの月だけいくらか徴収すればいいかと思います。
できるなら家族同伴もOKのイベントがいいと思います。

私が若いときにいた会社では、社員の家族が参加してもいい社内食事会のイベントがあったのです。憎たらしい上司でも、お子さんと一緒のパパの顔を見ると嫌う自分が大人げないなという気持ちにもなりますし、家族に会社の仲間などを紹介すると自分の仕事に対する責任感や愛社精神も出てくるんですよ。不景気でそのイベントが行われなくなってから、段々と社内の横のつながりがギスギスするようになったと思います。
社内運動会なんかは企画と運営をしてくれる会社なんかもありますね。中小企業こそそういうイベントが意味を持つと思いますよ。

投稿日時 - 2017-07-30 13:21:19

お礼

コメントありがとうございます。

・普段旅行に行けないので旅行したい人
・宿泊はしたくないけど、日帰り程度なら良い人
・そもそもこういうイベントが要らない人

いろいろな考えたの従業員がいるのでどういう形にしても不満に思う人が出てくるよなと考えてしまいます。

会費制は止めて
宿泊型の研修旅行か日帰りのバーベキューパーティーか選べるようにすれば不満が少ないかなと思います・・・・
税制上、福利厚生費として成り立つのか検討してみようと思います。

投稿日時 - 2017-07-31 20:31:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

お礼を読んで・・・
研修旅行として、平日に行くのなら・・・
不参加は認めるべきではありません。
不参加ではなく有給とか欠勤ですね。
土曜日に掛けて日曜は使わない。と言うなら
土曜日分を自由行動と言う事で・・・
あくまでも仕事の延長の研修旅行としないと意味がありません。
ですので、少しは会社見学など関係ない会社で良いのです。
名目上「何か学べよ!」って言うだけで・・・
知見を広げる。とか理由を付ければよいのです。

投稿日時 - 2017-08-01 09:17:17

ANo.11

社員旅行は条件次第ですよ。

・会社が全額負担する(個人の現地での小遣いはもちろん別ですよ)。
・旅行日程は土日祝が休みの場合は平日に行く(通常の営業日に会社を
 閉めて行く、という意味)。

この2点さえクリア出来れば社員旅行に行く人は多いと思いますよ。
他回答にもあるように、社員旅行だとか、運動会とか、全員参加の
研修とか、心の奥底では「案外いいな」と思う人は少なくないですよ。
部門によっては隣の人との会話もPC経由(特にIT部門とか)とか聞いた
ことあります。

前に勤めていた会社だと、土日に社員旅行でした。
新入社員は強制参加でしたけど、3年もしたらなくなりましたね。
(それ以前は毎年やっていました)
そりゃあ、週末まで社員と一緒ってなると2週ぶっ通しで
ずーっと同じ顔見ることになりますから、不参加が増えますよ。

家族や恋人あるいは友人との予定を潰されてまで週末休日に、
しかもウイークデーにはずっと社員と顔を合わせているのに、
連続で同じ時間を過ごさなければならないなんて地獄ですよ。

投稿日時 - 2017-07-30 23:46:00

お礼

コメントありがとうございます。

確かに土日旅行だと12日間ずっと一緒になってしまいますね。
好きな人なら嬉しいけど、職場の人だときつそうですね。

社員旅行期間は基本的に休業になるので平日だけで行くのも難しいのが現状です。ただ日曜日は空けられるような日程にしたいなと考えたいと思います。

投稿日時 - 2017-07-31 20:52:18

ANo.10

 社員旅行反対派です。
サラリーマン時代は有給を取って社員旅行を欠席しました。
 何が楽しくて上司と旅行に行かかければならないのでしょうか?
 今は立場が変わって起業したため自分がトップになったため社員旅行も社員の親睦のために良いかも?と思えます。
 要するに立場の問題です。
 会社で立場が上の者は社員旅行で気兼ねすることなく楽しめるため賛成。
 下の者は上司に気を使わなければならず、楽しくないので反対です。
 私の所では、若手が企画して会社負担、完全自由参加でレクレーションを行っています。
 

投稿日時 - 2017-07-30 20:08:06

お礼

コメントありがとうございます。

確かに20~30代の社員が楽しめる企画であれば、全体的に満足度が高い旅行になりそうですね。

企画は若手がまとめて予算は役員が決算するという形も検討したい。

投稿日時 - 2017-07-31 20:47:32

ANo.9

廃止のほうに賛成です。

社員側の気持ちは質問者様の観測でほぼあっていると思います。

でも、それは、旅行に行く前の話です。なんだかんだいいながら参加したあとの感想で言うとこういうことになるはずです。

[社員旅行よかった派]
なんとなく上司の実感というか本音が見えて、すっきりした。一緒に苦労してもいいと考えた。
得意でない同僚とも溶けこむことができた。

[社員旅行いやだった派]
個人的なことまで蹂躙された気がした。宴会にかこつけて私生活の暴露とか批判を受ける筋合はないと思った。
旅行で発生したことが根に持つようになると思う。いくら酒の席とはいえああいうことをされたら、業務中の信頼なんか霧消した。
見境のない色気発散が不愉快で、ケモノの集まりかと思って信用できなくなった。

こんなことになるかと思います。
何件ずつこういうことがあるかはわかりませんが、バランスということで考えると、おそらくデメリット側のほうが根が深く、組織を壊していくものだと思います。

私の若いころ、入社年はさすがに参加しましたが、仕事の考え方なんかで部屋のなかで取っ組み合いのけんか寸前の言い合いをしました。

二年目は行きませんでしたので、つまらない菓子の土産物をもらっただけで済みましたが、状況を聞いて驚いたのは、事務所内ではやや頭の悪めのパー子ちゃんなんて呼ばれていた女の子が行きずりの男を引っ張ってきて、その相手のところで泊まり込んで帰ってこなかったとか、対外的にどう思われたかという破廉恥ぶりでした。この女の子はその後社内の数人をひっかけてどのどの男もあれが運命の女だと思ったなんていうこともひきおこしましたので、必ずしも旅行の話ではなくなりましたけど。

おそらく旅行にいくことで、相互に親しくなるというのは事実ですけど、その代り公私のけじめがつきにくくなるという弊害が無視できません。

今、そうでなくても、終業時に一杯行こうかと上司が誘っても平気で断る若い人間が多くなっていますので、酒を飲むとか旅行するというようなことで意思疎通感の改善を図るというのは夢物語になっているんじゃないでしょうか。

おもいだしたので書きますが、2008年のことです。誰でも知っている超大手のH社というのがありまして、ここの部長が「おい今日つきあうか」と言ったら何人もがはいはいはい、とつながってきてごちそうになるというのが普通の暮らしでした。この部長は部下の信頼を得ていて、親しみなついていた。ときどきは部下側からおねだりをして部長に飲みにつれていってもらうこともありました。週2度ぐらいはそういうことをしていました。

ところが、リーマンショック発生です。管理職といえども簡単に経費を認めない状態になってしまうと、部下はてのひらを返した。
呼びかけがあるんじゃないかなみたいな顔はせず定時に即帰宅動作となり、全くこの部長と親しく会話しなくなった。

そういうもんなんですよ。黒字を減らしたいならお金を使って旅行でもなんでもすればいいのですけど、人間としての信頼だとかはまったく別次元のところにあるのです。

投稿日時 - 2017-07-30 17:20:18

お礼

コメントありがとうございます。

会社の社内行事が楽しみという人は本当に普段の生活に楽しみのない人が多いと正直思っています。大抵は仕事の延長として付き合っているだけだと思いますので。

個人的には日帰り程度で良いと思っていますが社員旅行が楽しみだと言われると立場上、継続することも考えないといけません。

個人的には本当に各従業員が「自由参加」となれば問題がないと思っています。ただ役員は本当に自由参加で良いと思っていても、中高年男性はそう思っていません。

全員参加してほしいと思っている幹部社員もいますから

ちなみに経常黒字を減らしたいから福利厚生費で落すなんて考えはないです。福利厚生費で使うより法人税を払って内部留保したほうがお金が残るからです。

先代は従業員に対するご褒美(賞与とは別の形)という考えでした。

行きたくない人は理解できない考え方ですが、シニア世代は本気でそう考えている人は多いです。

投稿日時 - 2017-07-31 20:45:12

ANo.8

nobiske さん、こんにちは。

先代の頃から毎月3000円ずつ会費として(ほぼ強制的に)集めています。
5年に1回は国内、5年に1回は海外旅行します。会費の半分ぐらいが負担金になり、残りは旅行中のお小遣いという形なので残りは全て会社負担です。
毎年3万6000円も出しているのに5年で国内旅行、さらに5年で海外旅行ですか?
何だかずいぶんおかしいですねえ。会社負担は旅行一回につきおいくらですか?
おそらく、会社はかなり出していないと思いますけど…
【社員旅行賛成派】
大体、若手社員ですかね?
【社員旅行反対派】
管理職及びベテラン社員ですね。
もうこういうのは止めた方がいいと思う慣習ですね。おそらく半々ですよ。もうやめた方がいいかもしれないですね。

投稿日時 - 2017-07-30 16:27:42

お礼

コメントありがとうございます。

5年間で海外旅行1回と国内旅行1回という意味です。
実際に旅費の半分以上は会社負担(福利厚生費)として落としているので会社が負担していないという事はないですね。

投稿日時 - 2017-07-31 20:33:36

ANo.7

社員旅行は賛成です。
でも仕事以外・・・と言うなら仕事としていくと良いのでは?
結局、半分は小遣いとして返却するのですから・・・
半分が旅費で足りない分は会社持ちですよね・・・
いっそ、研修旅行として・・・
移動と宿泊代は会社持ちとし、食事は社員持ちと割り切れば・・・
昼間は仕事で、食事は各自でも時間等の関係で一緒に済ませましょう。となれば
仕事だから休めない。
仕事だから一緒に行く。って体になります。

投稿日時 - 2017-07-30 14:44:20

お礼

コメントありがとうございます。

仕事して一緒に行ったけど、自分にとって良い経験ができて、思ったよりも楽しめた。
というのが社員旅行の理想なのかもしれません。

頻度を減らしてでも、移動費と宿泊費は会社持ちで食事などは各自持ち
というのが良いのかもしれません。
各ツアーも選択制にしたり自由行動が良い人は自由行動したり。

社内行事で一番やりたくないのが社員旅行だとネットのアンケートにありますが、この行事を本気で楽しみにしている中高年もかなりいるというのが実感です。


皆様の意見を聞いて現状の考え方ですが

・会費制度の廃止
(反対者が多いなら社員旅行時に全額返金するだけの預かり金としての扱い。既婚者にとってへそくりらしいから)

・休業・莫大な費用を使う福利厚生費なので多くの社員が
 楽しめる研修旅行にする。
→若手の意見(行きたい国、行きたい場所など)を聞く
→会社負担は移動費と宿泊費、オプションツアーや食費は各自持ち
→参加したくない人は不参加にしやすいようにする(これ想像以上に難しいかも)

・土日両方使った社員旅行はしない。

投稿日時 - 2017-07-31 21:17:35

私は有ると嬉しいですね

理由は会社のお金(弊社は社員旅行は全て福利厚生費です)で
実費ではまず行けないであろう北海道や沖縄に行けて
宴会では酒は飲み放題な訳ですからね

会社としても普段頑張っている社員に対し
慰労の目的で設定している事が殆どだと思います

ただ、今の若い世代はそういった事が面倒くさいと思う様ですね

・会社とプライベートは別
・会社以外で上司と要るなんて何て罰ゲーム?
・`旅行に行く位ならその分休みが欲しい

なんか、この様な事を考えている方も居られるらしいです
まあ、この辺りは世代による壁みたいなものですね

若い世代は、昔からの考えに雁字搦めになり
新しい事について行けない昭和脳と罵り
中年世代は、これだから最近の若い者はと
郷に入っては郷に従えが実践出来ない
若者世代に呆れます

これは会社だけではなく、ネットなんかでもそうですね

正直、どちらの言い分も筋が通っているので
どちらが悪いのかはなんて、私では判断出来ません

案外このまま時が過ぎ、今の若者世代が
会社を背負って立つ地位に付けば
世の中の仕組みが変わるかもしれませんね

投稿日時 - 2017-07-30 13:28:57

お礼

コメントありがとうございます。

弊社にいる50代の社員と同じ考え方だなと思いました。
社歴が長い方は社内で気を使う人が少ないし、ガミガミ言われる立場ではありません。だから一緒に旅行しても楽しめるのかもしれない。
逆に若手は上司からきつい事を言われることもありますし、本人からすれば無茶ぶりされることもあります。だからプライベートぐらいは一緒にいたくないので旅行なんてありえないと思っている人が多いのでしょう。


本当に社内行事で社員旅行の扱いは難しいです。
若い人が多い会社でも海外研修旅行(実際は遊びです)を実施している会社が多いので中高年が多い会社にいる若手が嫌がっているだけなのかもしれません。

経営者にとって、社員旅行は本当にお金が掛かる福利厚生なのでやるなら満足してほしいし、嫌な人が多いなら実施する意味はないです。

休業して数百万円の福利厚生費を出して社員は嫌な思いをするだけなんてこんなバカな話はないのだから。

投稿日時 - 2017-07-31 21:02:09

ANo.4

こんにちは。

大変言いにくいことなのですが、【先代の頃から毎月3000円ずつ会費として(ほぼ強制的に)集めています。】というのは違法になってしまいます。
http://www.roudousha.net/private/070_tenbiki.html

まずは、【先代の頃から毎月3000円ずつ会費として(ほぼ強制的に)集めています。】ということを止めて、有志で社員旅行を計画してみてはいかがでしょう。

賛同する人は喜んで社員旅行に参加するでしょう。また、賛同しない、あるいは家庭の事情でやむなく社員旅行に参加できない人もいるでしょう。

あなた様が社員旅行を福利厚生の一環だとお考えであれば、ベネフィットワンなど福利厚生を代行してくれる会社もあるので、そちらも社員旅行と合わせて検討してみる価値はあると思います。

<ベネフィットワン>
https://bs.benefit-one.co.jp/pr/?utm_expid=120988893-24.ar9ucAwOR36CTr_PQi4WWw.0&utm_referrer=https%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2F

http://at-planet.com/archives/1466/



     参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2017-07-30 13:04:33

お礼

コメントありがとうございます。

有志だけで旅行するというのは良い方法だと思いますが
俺が把握している限り、せいぜい日帰りでどこかに行く程度ですね。

旅費に関しては会社負担
会費制は中止するかどうかは再度全体で決議したいなと思っています。
既婚者が過半数のため、会費として集めて後で返してくれた方が自分のお金になると考えている既婚者が多いからです。

旅行先に関しては幅広い意見を聞いてバランスが良いものにしたいと思っています。

投稿日時 - 2017-07-31 20:23:59

ANo.3

昔は、会社が保養所と言うものを作って、リゾート地に旅館を運営してて、社員が予約すると割安もくしは無料で泊まれる施設なんてものがありましたけどね。

割安だから、家族でちょっと旅行代金節約するのにそんなところを利用したと聞きます。

バブルがはじけて保養所を売り払うところが増えて、今じゃ都市伝説なのかな。

社員旅行の社員の人間関係を向上を図るのは
新入社員のためみたいなところはありますが
昭和のマナーなどを考えたりすると時代にあって
なく単に上司が部下をパワハラするようなところでしかないかも知れません。

ま、毎月3000円くらいなんて思うのが、大半かも知れないけど、自由参加とうたっている時点で、それはおかしな話であり、自由参加と言っている時点で毎月お金徴収するのは、会社の不当な搾取でしかありません。
もし、何かの証拠がつかめるなら、それは労基違反であり、法的な問題に出来ることなのかも知れません。
昔は、そんなことで法的な問題にならなかったことが、現代ではあり得ることなのかも知れないけどね。

投稿日時 - 2017-07-30 12:16:56

お礼

コメントありがとうございます。

今後は会費で旅費に充てないようにするようにしたいです。

ただ会費を集めない事に反対する既婚者は意外と多いのです。
どうやら「ちょっとしたへそくり」になっているからです。
実際、返金される会費で旅行中に何か使っている人はほとんどいません。

せいぜいちょっとお土産を買う程度ですので。

投稿日時 - 2017-07-31 20:18:27

ANo.2

会費を徴収して社員旅行は無理でしょう。昔は個人の旅行が難しく会社が社員の慰労も兼ねて慰安旅行と称して多少上から目線で社員を旅行に連れて行った。
今は休みも年間120日も取れるし個人で自由に行ける。自分でお金を負担して会社の行事は無理です。福利厚生費で野球大会、運動会、花見、飲み会かな。

投稿日時 - 2017-07-30 11:30:40

お礼

コメントありがとうございます。

俺ももう旅行は個人で自由に行ける時代だと思うし、職場で旅行というのは本当に古いシステムだと思っています。
今時、海外に職場の人と旅行するなんて日本人と中国人ぐらいしかいないのではないかと。

今後は会費を旅費に充てないような形に変えていきたいと思っています。

投稿日時 - 2017-07-31 20:14:45

ANo.1

社員旅行は必要だと思います。
しかし、全員参加は難しいと思われます。従業員の半分も参加すれば成功かと思います。
旅行の計画はどなたがされておりますか?
会社のTOPに近い人よりも、できるだけ若い人にさせた方がよいと思います。

投稿日時 - 2017-07-30 11:24:37

お礼

コメントありがとうございます。

先代が社長の時はほとんど先代が決めていました。
今は私が何人かの意見を聞いて決めています。

箱根1泊2日旅行の時は「帰れない飲み会」のような雰囲気で嫌気さしていた社員がいたなと思っています。
今は海外に行ってみたい若手が多いのが分かったので香港・マカオに3泊4日など企画して実行しました。
箱根よりか満足してくれた社員は多かったなと思っています・・・。

投稿日時 - 2017-07-31 20:55:04

あなたにオススメの質問