みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己破産すると子供の為の貯金は?

こんにちは。
どなたか詳しい方がいましたら教えて下さい。

4年前に離婚して7才と4才の子供がいます。
結婚した時にマンションを購入し35年ローンを組みました。
名義は旦那で私が連帯保証人になっています。私と子供は団地に住んでいますが、元旦那はマンションに済み続けています。
マンションを売ろうと行っても、借り換えをして連帯保証人を外してほしいと言っても一切動く気配はありません。
お金の使い方はまったく駄目な人で油断するとすぐ借金をするし、支払いを踏み倒すのも平気な人です。

元旦那がローンを払わなくなれば私は自己破産するしかありません。なので今のうちに自己破産になった時はどうなるのかを少しわかっておきたいと思いこちらに質問させて頂きました。

母子で細々と生活しているので大した貯金はありませんが、児童手当てを使わずに子供達の通帳に貯金しています。離婚してからは扶養手当も入るのでそれもなるべく残るようにしてできる限り貯金しています。あとはお年玉や出産祝いなどで頂いたお金です。上の子は、そのお金が少しまとまった金額になったので保険会社の貯蓄する保険?みたいなのに入れてます。
あとは二人共、20歳までの学資保険に入っています。
これらの子供の為にした貯蓄も自己破産した時にすべて失うのでしょうか?
失わない為にはどうしたら良いのでしょうか?

毎日の生活に我慢をさせているのでせめて子供にはお金を残してあげたいと思っています。どなたかアドバイス等あれば教えて下さい。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2017-07-28 12:11:33

QNo.9356806

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> 親が入金してやった=親のお金という事ですね。

ちょっと違います。入金しただけでなく,預金通帳とかをあなたが管理しているんでしょ。印鑑も子供に渡していませんよね。つまりあなたの一存でどうにでもできるお金だから,あなたのお金なのです。
もし子供にそのお金のすべてを管理させるのであれば子供のお金です。7歳とか4歳であればお金の管理を任せることは出来ないでしょうが,子供が大きくなったときには管理を任せるとよいですよ。そのときには破産しても,あなたとは関係のないお金ということになります。
お金(通帳と印鑑)を渡すときには一般に贈与税の対象となりますが,1年に110万円までなら贈与税もかかりません。

投稿日時 - 2017-07-28 23:40:50

補足

2度もアドバイスを頂けたのでベストアンサーにさせて頂きます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-07-29 12:28:43

お礼

再度のアドバイスありがとうございます。
法律も奥が深くて難しいですね。
今のところローンの支払いは何とか払っているようなのであと数年持ちこたえてくれる事を祈って、子供がもう少し理解できるようになったら通帳と印鑑を渡そうかと思います。
今はその方法しかなさそうですね。
何度もご丁寧にありがとうございました。

投稿日時 - 2017-07-29 09:19:07

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

学資保険の契約者はあなたですね。それから子供名義の貯金の原資はあなたの財産ですよね。そうだとすると原則としてどちらも手元に残しておくことは出来ません。
破産しても手元に残るのは,家財道具の他には99万円までの現金(預金ではありません)と残高20万円以下の預金(複数口座があれば合計です),解約返戻金が20万円以下の生命保険などです。
もし学資保険の解約返戻金が20万円以下であれば残しておけます。そうでなくても契約者貸付があるのなら貸付を行うことで返戻金を20万円以下に抑える事ができますので残しておけます。

投稿日時 - 2017-07-28 13:45:11

お礼

回答ありがとうございます。
児童手当や扶養手当、お年玉など、内容は関係ないという事ですか。親が入金してやった=親のお金という事ですね。
借りたお金を返せないこちらが悪いのですが、状況はかなり厳しいです。
なんとか前向きに頑張ります。
ご親切にありがとうございました。

投稿日時 - 2017-07-28 16:26:15

ANo.2

>これらの子供の為にした貯蓄も自己破産した時にすべて失うのでしょうか?

失います。「子供名義の預金通帳」であっても「そのお金が、元々、誰のお金だったのか?」が重要となり「元々が貴方のお金」ならば、債権者から差し押さえされてしまいます。

また「破産前に、別人名義の口座にお金を移す行為」は「阻害行為(財産隠し)」となり、お金を移した行為が無効となったり、免責不許可(破産しても借金が消えずに残り、破産する意味が無くなる)になったりします。

ですので「子供の為の貯蓄」であっても、きちんと、裁判所に提出しなければなりません。

>失わない為にはどうしたら良いのでしょうか?

「自己破産などしないこと」です。

貴方は「連帯保証人からの脱退」をするべきです。

「連帯保証契約」は「貴方と金融会社が結んだ契約」ですから「元旦那」は、一切「法的には関わりが無い」です。当事者は「貴方」と「金融会社」です。

ですから、元旦那に何を言っても無駄です。元旦那は「連帯保証に付いて、何も出来ない」のです。

従って、貴方が「金融会社が納得できる、代わりの連帯保証人候補者」を見付けて「金融会社と代わりの連帯保証人候補者を説得」して、保証人の「付け替え」をして貰いましょう。

代わりの連帯保証人候補者は「元旦那の両親」など、お金を持ってそうな「元旦那の親族」から選ぶと良いでしょう。

投稿日時 - 2017-07-28 13:32:05

お礼

回答ありがとうございます。
やっぱり子供の貯金を守る事は難しそうですね。
元旦那はお金にルーズなので親からの信用もありません。なので親から連帯保証人になってもらうのは無理そうです。
借りたお金を返すのは当たり前の事なのでできる事なら返済したいのですが私の給料ではとても払ってはいけないです。
ご親切にアドバイス等ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-07-28 16:12:48

ANo.1

ご参考まで。

https://saimuseiri-pro.com/columns/153/#i-4

投稿日時 - 2017-07-28 12:35:31

お礼

回答ありがとうございます。
この内容はとても参考になりました。
またじっくりと読んで知識として覚えておこうと思います。
ご親切に感謝しています。

投稿日時 - 2017-07-28 16:04:14

あなたにオススメの質問