みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

YouTubeへのコメントについて

スメタナが作曲したモルダウについてYouTubeにコメントを投稿した所、妙な事が起きました。投稿は英語で内容は「スメタナはスウェーデンで5年間を過ごし、ロシアやロシアの作曲家とは生涯関係が無かった。スメタナはリストと親しく、音楽も影響を受けたがチャイコフスキーを始めロシアの作曲家とは生涯無関係で影響も受けていない」と言うものです。これはウィキピデア始め様々な資料に載っている事実ですがスメタナに余程興味のある人以外は余り読まないでしょう。

このコメントはログインした状態では見られるのですがログアウトすると表示されなくなるのです。コメントを書いた本人がログインしないと見られない、つまり書いた本人しか見られないようにしているのです。チェコの国民的作曲家がロシアとは何の関係もなかったと言うのはロシアにとっては都合の悪い情報です。ロシアは最近あらゆる手段を使って旧共産圏の国々への影響力を強めようとしています。特にチェコにはご執心で多くのロシア人が移住し違法な活動をし土地を買い占めているとの事です。

YouTubeがロシアに都合の悪い投稿を投稿者意外に見えなくすると言うのはYouTubeがロシアの強い影響下にある、或いは担当者が買収されていると言う事になりますが、どう思いますか?

これ以外にも変な事があるのですが長くなるのでそれは省きます。

投稿日時 - 2017-07-02 19:00:16

QNo.9347680

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

「あくまで小生の考え」ですよ。
なんか「政治的な『きな臭さ』」がします。もっともスメタナが生きた時代は
ロシア帝国もまたオーストリア=ハンガリー帝国も「強大な国家」であり、「内政干渉」的なことはさけたかった、と思いますよ。(スメタナは政治的なことで
「事実上スウェーデンに亡命した」のです)今、現在の政治情勢もやはり絡んではいる、と思います。ただ、スメタナの後輩にあたるドヴォルザークはチャイコフスキーなんかと結構うまく付き合ってました。チャイコフスキーが自身の交響曲第5番の「国外初演」を指揮したのはプラハですし、ドヴォルザークは「熱烈歓迎」して5番の演奏翌日、チャイコフスキーと一緒に昼メシ食べて「ブタもおだてりゃ木に登る」とばかり「おだてた」ことは有名な話しです。

投稿日時 - 2017-07-03 09:24:29

あなたにオススメの質問