みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

インパクトドライバーとドリルドライバーと振動ドリル

インパクトドライバーとドリルドライバーと振動ドリル(ヒルティ)とハンマードリルの違いは何ですか?インパクトドライバーはネジ締め用、ドリルドライバーは穴空け用らしいです。
https://www.apple.com/jp/
↑上記をみると、ドリルドライバー穴空け用でもボール盤のドリルを使ってないようです。
ボール盤に用いるドリルを使うものは、振動ドリル=ヒルティですか?ハンマーですか?
振動ドリルとハンマードリルの違いがよくわかりません。穴を開ける材料、厚みの違いで使い分けるという事ですか?
他にもホルソーとかジグソーとかも検索したら出てきて訳が分からなくなりました。ホルソーやジグソーは明らかにただネジ穴開ける、下穴開けるだけではないと思うのですが、、

投稿日時 - 2017-06-26 22:09:17

QNo.9345560

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず、インパクトドライバーとドリルドライバーの違いは、
インパクトはその名の通り回転時にインパクト(衝撃とか打撃)を加える
機能を持ったもの。

したがって木材にネジを揉みこむ際に、ガンガンガンガン
と衝撃を加えながらネジを揉みこむので、連続して作業するには比較的ラク
(ラク、という意味は1本打ち込む時間が短いという意味で、
手の負担はドリルドライバーよりも厳しい。ただハンディのものは
それほど苦にはならない)である。鉄板にタッピングネジで穴開けて
ネジ込むといった作業はインパクトの方が時短作業出来ます。

ただ電動のハンディタイプのほとんどがクラッチ機構を持って
いないため(したがい、打撃力はクラッチが担うのではない)、
ネジ締め過ぎになることやドリルドライバーと違ってトルクも
大きいため、例えば組立家具や柔らかい素材などで使うと部材を
破損することもある。20~30mm程度以下の短いネジを使う場合、
インパクトは逆は使いにくいです。打撃力があるのとトルクコントロール及び
クラッチ機能がないため使いにくい面はあります。
下手な人が使うとデメリットが目立ちます。衝撃力をコントロール出来る
機種もあるが、基本はネジ込みしか用途のない工具。

ドリルドライバーはドリル刃で穴開けも出来るし、ネジ揉みも普通に使える。
クラッチ機能はよほどの安物でない限り付いているので締め込み過ぎを
防げる。ただトルク値はインパクトに比べて弱いので、硬い素材や分厚い
木材へのネジ打ちなどはあまり得意ではない(使えないことはない)。
とはいえ、ドリルドライバーでも上位機種ならパワーもあるし何の問題もなく
作業出来る。日曜大工で木工作業とかなら断然こちらがいい。
木工作業でインパクトかドリルドライバーどちらがいいか?となると、
最初の一台なら間違いなく汎用性のあるドリルドライバー。

振動ドリルとハンマードリルの違いもインパクトドライバーとドリルドライバー
の違いと似たところがあります。基本的にコンクリートなど硬い素材の穴あけ
という作業に使うことがほとんどで、木材とは違い回転するだけでは穴は
開けられないので「振動」という要素を加えるわけです。

もう少し大きな穴(40mmφ前後)を短時間で開けたい場合は、
ハンマー(インパクトという意味)ドリルを使います。
砕きながら削るということです。振動ドリルと似ていますが、こちらの方が
衝撃力・打撃力が加わり、より強力になります。

ホールソー、ジグソーは割愛します。

投稿日時 - 2017-06-27 08:59:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

ドリルドライバーは穴空け用。
インパクトドライバーは回転方法に打撃を加えてネジを締める用途。
振動ドリルは進行方向に打撃を加えてコンクリートなどに穴を空ける道具。
ホルソーとかジグソーなどは画像を見れば、どんなものか解るはずなのに訳がわからないとは、などなど・・・・。ちょっと調べればわかるはず。

でも、本当はあなたの目的は違うのでは?
指定してあるWEBが全く関係無いものですから。

投稿日時 - 2017-06-27 06:59:54

補足

http://www.diy-tool.com/wp/recipe/use/screwdriver/
すみません、なぜかコピペしたらアップルになってました(^_^;)

投稿日時 - 2017-06-27 07:35:19

ANo.3

振動ドリルは知らない。
インパクトドリルとハンマードリルは同じような仕組みだろう、原理や目的による具体的な種別は知らない。
この二つは、クラッチ機能のようなのがついていて回転運動に(ドリル)一定の負荷がかかるとクラッチがスリップしてねじの締め付けに必要以上のトルクがかかって壊れるのを防ぐ機能などで、ねじを適正に締め付けることができるように工夫した代物だ。むしろインパクトやハンマーというくらいだから、回転運動にかかる負荷を最大化して瞬間的に強く締めるタイプのクラッチだろう
要するに締め付けようにトルクをコントロールするんだ。
素材や機器によって最適な締め付けトルクは変わってくるよ。
ドリルドライバーは回転するだけの単純な構造だが、使いこなせる職人は指先でトルクを判断して適正にねじを締め付けるだろう。
電動ドリルの刃先をドリルからドライバービットに交換したのがドリルドライバーで、電動ドライバーともいうね。
振動ドライバーというのが文字通りなら、クラッチの強度を弱めにして、断続的にトルクを変化させた回転運動をするんだろうと考えるよ。
さてね、質問者様は明らかに技術者レベルでないんだが、適正トルクが割り出せないと複雑な回転運動はこなせないから、電動ドリルみたいな単純なヤツで場合によっては失敗してそれを教訓に職人的技術を身に着けるのがおすすめだ。
車のタイヤ交換用とかは専用の品が締め付けに必要なトルクが調整されているから、それと同じように特定の締め付け強度専用の品なら道具に任せていいだろう

投稿日時 - 2017-06-26 23:10:39

ANo.2

インパクトドライバーは 言葉の通りドライバーに必要な機能になります

打ち出しという工程が行われる
http://d.hatena.ne.jp/toshikane/20140713/1405200057
ネジを締めたり緩めたりするための道具 ドリル刃を使う穴あけ工具では無い

ドリルドライバーはドリルにもドライバーにも使える道具

振動とハンマーは衝撃の大きさで区別して良いと思います バイブレーション程度か 飛び跳ねるほどの力か

機種しだいでしょうが
https://www.hilti.co.jp/%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%84%E3%83%AA%E8%A3%BD%E5%93%81/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E5%BC%8F%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%EF%BC%8F%E6%8C%AF%E5%8B%95%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%AB
大きな衝撃を与えるタイプ ドライバー専用と考えて良いと思います

同じ形状 似た仕組みではあるものの用途が違う
インパクトでドリル刃を使うとすぐに刃先が壊れてしまいます

投稿日時 - 2017-06-26 22:50:06

インパクトドライバーは瞬間的かつ断続的にトルクを加えて、ネジを回します。
ドリルドライバーは回転を与える機能しかありませんので、穴あけに用います。
また負荷がかかっても回転し続けますので、ネジ締めには向きません。
振動ドライバーはハンマードリルと同じもので、アンカー打ちに使います。

投稿日時 - 2017-06-26 22:42:45

あなたにオススメの質問