みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

屋根工事業の屋根葺きのシステムが科学の現代において

屋根工事業の屋根葺きのシステムが科学の現代においても昔のまま技術の進歩というか根本的な概念そのものの向上を人類は怠っているのでしょう?

屋根は劣化するものなので、いずれ交換作業が自ずと生まれる。

電気工事だと交換作業が10-15年で必ず起こるので、交換作業をすることを前提に工事設計されている。

しかし、屋根工事業は、釘で打って、ビスで打って、木に穴を開けて固定する。

で、交換になると打った釘やビスを抜いて、抜いた時点で強度も劣化する。

打って抜いて打うたびに劣化していくのである。

しかも現代において屋根は取れない物が優れているという西洋文明に汚染されて、取れない屋根こそが素晴らしい屋根という風潮がある。

しかし屋根は葺き替えが必ず起こるのである。

数十年後の葺き替えを想定せずに固定していっているのは人間の業として愚かなことである。

それが未だに続いているのである。

人間は屋根に関して何も学ばず進化しないのである。

釘やビスで固定しない屋根の野地を傷めずに固定して何度打ち直しても野地を傷めずに施工する屋根をなぜ考えられないのだろう。

西洋文化にはポリフォームで固定するという概念があるが、ポリフォームで固定すると外せないので、西洋人は頭が良いと言うがそれほど頭が良いとは言えない。

東洋人は進化せずに西洋人は進化はするが進化させるポイントを間違えて進化している。

屋根の進化はいつ起こるのだ?

投稿日時 - 2017-06-09 10:52:12

QNo.9339086

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

屋根は進化して釘で打つようになったのです。
以前は、野地の上に土を乗せてその上に瓦を置いて安定させました。
土も土壁と同じ様な粘着性の物を使って風で飛ばされないようにしていました。
瓦屋根は100年以持ちますから、交換作業は行わないのが普通です。
また最近の物でも、塗装を定期的に行えば、交換作業自体が家の耐久年数と変わらないです。
と言う事は、台風や地震で屋根材がずれる事を防ぐ方がはるかに効率的と言えます。
>屋根は葺き替えが必ず起こるのである。
かやぶき屋根が必要ですね。
でも、かやぶき屋根は釘もビスも使いません。

投稿日時 - 2017-06-09 12:03:28

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-06-09 16:35:26

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問