みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大相撲の

立ち会いから、張って入るのは、
自信の無さの表れのように思えてしまうのですが、
いかがでしょうか?

投稿日時 - 2017-05-29 05:33:13

QNo.9334620

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

広い意味の自信の無さと考えても良いと思います。

立ち会いからの張り手は、相手の当たりを弱めるためと
当たった後に自分に有利な組手にするためだと思われます。
相手の当たりをしっかりと受け止め、その後の組手も
有利にできる自信があれば、張り手はしないでしょう。

元横綱の輪島関は、張り手の変わりに手を伸ばして
相手の体を止める立ち合いをしていました。
批判もありましたが、続けていました。
勝つために必要な手段だったと考えられます。

投稿日時 - 2017-05-29 10:11:49

お礼

ありがとうございます。
なんか、寂しいんですよね。横綱が小細工(張り)、今日も小細工。
白星より、品格だろ?と。

投稿日時 - 2017-06-04 13:24:11

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問