みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ビールの原材料の効果について。

アサヒスーパードライには、原材料として「麦芽」、「ホップ」、「米」、「コーン」、「スターチ」とありますが、米、コーンやスターチは味にどのような効果をもたらすのでしょうか? キリン一番搾りは、「麦芽」、「ホップ」しか記載ありません。

投稿日時 - 2017-05-19 08:13:51

QNo.9331002

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして♪

ビール大好き人間ですぅ~~☆

ビールの原点ともされ、旧ドイツでは法律として「麦芽」と「ホップ」と「水」で造る。という法律まで在ります。

私個人は、キリンのクラシックラガーが大好きですが、、、

日本人のビール感覚として、糖質を高めた発酵促進の方が好まれて、米やトウモロコシ(コーン)、あるいはトウモロコシの乾燥粉末(スターチ)を用いた製造の方が、安定した量産が出来やすく、多量に売れる。好まれる。という状況に在るのでしょう。

法制の改革で、大量製造の大手企業以外に、小規模なビール製造販売が許され、多くの地域で「地ビール」として提供されるようになりました。
日本では、小規模生産のノウハウが育っていませんでしたので、多くの「地ビール」で、ドイツ式の醸造機器とノウハウを導入し、その結果キリンの一番搾りと同じ様な「麦芽」「ホップ」だけが原材料標記となっています。
(水は、標記しなくても良いので、、、)

麦芽とホップと水だけで造った、本来のドイツ式(ドイツの法律に基づく)という作り方でも、それぞれ微妙に味や風合いは違います。

日本で、多く流通している市販の「ビール」、缶や瓶や、生ビールでも、日本人の好みに合う、それでいて安定した大量生産が出来やすい手法として、「米」「トウモロコシ」「トウモロコシの粉」を用いた製造方法が、多いのだろう。って思われます。

旧ドイツだったか、どこか他の国や地域だったかは失念しましたが、固定していない木製のベンチにビールをぶちまけ、革製のズボンを履いた人が3人一定時間座り、同時に立ち上がろうとした時、ベンチがズボンにくっ付いて持ち上がるかどうかで、良いビールかダメなビールか、役人が判断した。という逸話も在るそうです(爆笑)

あと、食品全般で言えるのが、原料標記は、多く使った原料から順番にかく事になて居ますので、「麦芽」、「ホップ」、「米」、「コーン」、「スターチ」と言う場合、麦芽が最も多く使われ、その次がホップ、もう少し少ないのが米で、更に少ないのがコーン、さらに少量なのがスターチ。という事です。
(風邪薬等は、効き目として、発熱、悪寒、鼻づまり、、あるいは、せき、端、発熱、鼻詰まり、、など、効果の症状に対する順番で、自分の症状に最も早く聴いてほしい風邪薬を選んだ方が、ベターだったりします。)

キチンの一番搾りは、ドイツ式のピュアな製造、素材で造られています。しかし発酵過程や販売流通過程の部分も考慮し、安定した風合い、味を提供するため、原材料の選別や醸造行程での調整(テイスティング)や、パッキングや流通など、多岐にわたって手間とコストを掛けています。
もちろん、朝日のスーパードライ、今では日本でいちばん消費されるビールですが、その風味をしっかり維持するため、原材料の選別や、そのた諸々、手間とコストを惜しまず、シッカリお客様に好まれた、味と風合いが変わらないよう、高度に製造してくれています。

原材料の違いによる、味や風味の違い。確かに在るのですが、発酵、醸造と言う過程でも、微妙に変化しますので、原材料標記だけで、味とかの「効果」を考えない方が良いでしょう。

単に、発酵という過程では、麦芽よりもでんぷん質、糖質が多い、米やトウモロコシ、トウモロコシの粉を加えた方が、短時間でアルコール精製(発酵)が出来る。(量産向き)という科学的判断で良いと思いますよ。

味や風味は、それぞれのメーカーやブランドや、商品シリーズにより、調整していますしね。

ビール大好き☆ って言う、個人の考えに過ぎません、自分が気に入ったビールを楽しみ、タマには違うビールも楽しむ。それダケの、自称、日本ビール党の一員からの、勝手なカキコでしたぁ~~(爆笑)

なにか、参考に成る部分が有れば、幸いです(^o^))ヒックぅ~~~☆

投稿日時 - 2017-05-20 20:52:33

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-05-22 07:50:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

麦芽とホップ以外の原材料は副原料といいますが、現実的にはそれがあることで、そのビールの味が作られています。
実際には、麦芽の絞り汁である麦汁を発酵させる際に使用するビール酵母の違いも味に影響があるようです。
ちなみにキリンでもかつての主力商品のラガービールには、スーパードライと同じように米、コーン、スターチが使われています。

投稿日時 - 2017-05-20 18:13:47

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-05-22 07:48:03

「答になるか、どうか‥‥」
一般的に「アサヒ」は「ホワイトカラー」の方に、
「キリン」は「ブルーカラー」の人に好まれています。
「どうしてか」と云われてもチョットわかんないですが。

投稿日時 - 2017-05-20 12:33:59

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-05-22 07:47:34

ANo.2

こんにちは。

アサヒスーパードライは苦みと甘さを少なくすることによって、苦くてコクのあるビールよりも、キレ味を重視して開発されたアルコール飲料(発泡酒)です。欠点は麦芽だけではビールの味が一本調子(複雑さに欠ける)になってしまうことです。

この欠点を改善するために、麦芽糖とは糖質が異なるコーン(とうもろこし)、スターチ(でんぷん)、米を配合してキレ味を損なわせずに複雑な味にすることができたのです。キリン一番搾りにはコーン・スターチ・米は使ってはいません。

http://kenko.aloha-mind.com/atopi/86beer.html

     参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2017-05-19 10:55:53

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-05-22 07:47:13

ANo.1

味(麦芽のコク)を薄くする効果があるようです。
これにより軽くすっきりとしたキレのあるスーパードライ特有の味になるようです。

投稿日時 - 2017-05-19 09:12:40

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-05-22 07:46:22

あなたにオススメの質問