みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

(ドイツ語)文法解釈が正しいかどうか、など

Dudenのオンライン辞書(?)における「Vernunft」について。

この語の説明は、次のようになっています。
eistiges Vermögen des Menschen, ......, sich ein Urteil zu bilden und sich in seinem Handeln danach zu richten

この説明において
(1)sein=Mann(2)da=Vernunft でしょうか。
また、
(3)コンマ区切りとund区切りのzu不定詞句では、なにか違いがあるのでしょうか。
引用の省略箇所(......)に3つのzu不定詞句があります。これらは、コンマで区切られています。しかし、最後二つのzu不定詞句だけundで結びついています。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-05-18 22:11:49

QNo.9330887

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

「in seinem Handeln」中の「sein」は、
冒頭にある「eistiges Vermögen des Menschen」中の「Mensch」を指します。

最後のコンマのあとの部分は注意が必要です。
この最後の節の中のundは「区切り」ではなく「並列」です。
現在の正書法では、undで並列された文の間にはコンマは不必要です。
undの前のzu不定詞句と後のzu不定詞句は別々ではなく、
全体でひとまとまりの文です。
これはdanachが何を指すかということとも関係してきます。
danachが指すのは「Vernunft」ではありません。
そもそも、「Vernunft」という語の意味を解説する文の中に
「Vernunft」が含まれてしまっていては解説になりません。
この「danach」は、「Urteil」を指します。

sich ein Urteil zu bilden und sich in seinem Handeln danach zu richten
判断をし、行為において、その判断に従うこと
(=判断をし、それに基づいて行動すること)

というひとまとまりの条項になります。

投稿日時 - 2017-05-18 22:51:46

お礼

理解しました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-05-21 16:58:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問