みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

神社には定期的に参拝したほうがいいですか?

お世話になります。

先日、バスを途中下車したところ、目の前に大きな神社がありました。
そこは地元では有名な神社ですが、それまで一度もお参りしたことはありませんでした。

せっかくだからと簡単にお参りしたのですが、
それから、なんとなく体や精神の調子が良いように感じます。

・目覚めが少し良くなった
・慢性の肩こり(重い感じ)が減った
・すぐイライラしていたのが減った
・長年の疑問がネットですぐ見つかった
・仕事のやり方が少し向上した

どれもささいなレベルですが、神社にお参りしてからです。

思えば1年以上、神社にお参りしていませんでした。
1年前までは稲荷神社に定期的にお参りしていたのですが、
逆に良くないことが起きるようになったためやめていました。

また、神社は悪いものがいろいろいるので、
近寄らないほうがいいという情報もあったためです。

今回、ふと予定を変えて下車した場所がその大きな神社だった、
というのは、何か巡り合わせを感じてしまいます。

神社にいってから良いことが起きる、というのはあるのでしょうか?

新興宗教の一部では、神社参拝を禁じているようですが、
それはマインドコントロールが解けてしまう恐れがあるんでしょうか。

たまたまかもしれませんが、今回の大きな神社参拝によって、
なにか晴れやかな感じになったのは事実です。

今後、日本人としてどのように神社にお参りすれば良いですか?

私見で結構ですので、ご意見頂けましたら幸いです。

投稿日時 - 2017-05-03 10:12:12

QNo.9324698

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

確かに、神様が、いらっしゃらない、神社も、あるようですが、
今回は、あなたが、その神社から、呼ばれたのかも知れないね。
お願いをするんじゃ無くて、日頃の感謝をするために、行ったら、良いと、思いますよ。
そのうちに、願いが、叶うと、思いますよ。

投稿日時 - 2017-05-03 10:45:08

お礼

他の方もご回答誠にありがとうございました。

投稿日時 - 2017-06-29 11:09:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

気に入った神祇様に 気が向いたらで参拝なさればよろしい。
特に 欲の丈をガンガンお願い念力カメカメ波光線発射 などはせずに、日々生きられてる感謝の意 を礼を以て施し。現状こうです 程度を報告するにとどめて、
即帰宅する。
御神籤 御守り 門前街遊興などはしない。観光地気分なら行かない方がよい。
お陰 ご利益 先取り思考はせぬ様に。
余談)
他宗や神社仏閣参拝を禁じる某宗教団体はまさに よい出来事は何でも御本尊様と妙号念誦のお陰ご利益と吹聴し 悪しき出来事は信心不足の一辺倒から 自宗は善悪の判断からずれてしまっている所に 不幸の原因 が蓄積増大している。また敢えてそれを直視せずに 勤行による境地妙合 実際は 単なる念誦トランス状態を有り難がる 魔境 に住する安易な勘違いから、社会的モラル常識やコンプライアンス法令順守からの逸脱やゴリ押しの弊害が小なりとも確かに有るのです。

虚しく行きて 満ちて帰る

沙門某それがし 空海 の曰く

投稿日時 - 2017-05-07 21:28:03

ANo.6

行ける時に行けばいいと思います。
自宅に神棚がある場合は、一日と十五日には榊などを変えますが・・・。
新興宗教も神道も実のところは同じです。
宇宙的な精神論的な見えない大きなものへの敬意と恩恵を願っての決意表明やパワーを少しだけ分けてもらおうとするのは、普通の食事をするのと変わらないくらいに日本人には根付いていますからね。いただきますとごちそうさまはそういう言葉ですから。
このたびのご縁で良い事があったなら、またお願いしますじゃなく、その節はお世話になりました・・・という意味でお参りされるのが良いのでは?

誰かに言われたから来ました・・・。じゃ、神様だって面白くないのでは?
自分の意思でこうしよう!と思ったから、誰が何と言おうとも来ました!っていう方がかわいいし、懸命でいいと思うのですけど・・・?

投稿日時 - 2017-05-03 22:48:19

ANo.5

神道は2600年前からある日本古来の宗教です。日本人の心に深く根付いているので、他の新興宗教(キリスト教も日本人にとっては新興宗教です)の布教の邪魔になるのです。それであれこれ悪口を言い、悪い噂を流します。悪口の最たるものは戦後日本を支配したGHQです。神道を禁じ、各地の神社を取り壊しました。靖国神社など悪の象徴として世界中に言いふらしました。総理大臣がお参りすると、アメリカ大使が文句を言います。そういう輩は相手にしてはいけません。それでご質問の回答ですが、折に触れてお参りをされるといいです。お近くに神社があれば毎朝の散歩のついでに。それが信仰というものです。

投稿日時 - 2017-05-03 10:50:14

ANo.4

何を信じるかは個人で決めることですね。誰を崇拝するかですね。根拠を
考えるといいと思います。人として。人を造られたのは誰かとか。進化なのか創造かとか。

投稿日時 - 2017-05-03 10:45:15

 ごめんなさい。
 私の地元では、今日は祭りです(笑)。
 神社には、各々の由緒、慣わし等あると思いますが、
私は、神さまって居ると思います(笑)。
 人それぞれに、信仰する事もあると思います(‘v‘*)
 「信じるものは、救われる」でしょうか・・・(笑)。

投稿日時 - 2017-05-03 10:34:07

ANo.1

 はじめまして。

 良いことがあったら「これは自分がえらいから」と考えるより、「誰かのおかげで良いことがあった」と思える人生の方が幸せだと思います。
 風が吹けば桶屋が儲かる的な話になりますが、人間の社会というのは人と人とが複雑なネットワークで構成されているものですから、自分に起こった良いことの原因を「この人のおかげ」と特定するのは難しいものだと思います。
 そういうことがあるから「神様のおかげ」という気持ちはできたんじゃないでしょうか。
 願いを成就させるためにひたすらに神社に参拝しても意味はないでしょうが、願いを神社にかけるということは「自分はこれからこれのために本気になる」という自分の意思の確認にもなると思います。また、成就したときに参拝することはいろんな成り行きはあったけど成就したことを実感して幸せな気分になるとともに自分以外の人たちが自分の願いに協力してくれたことを(漠然とですが)改めて実感して、勝因を確認してさらなる改善点を発見し、さらに大きな成功へ向けてのステップになると思います。
 ですから、自分の望みを叶えるために必要な自分以外の要素にふと気づいたときに、ときにお願いに、ときに感謝に行けばいいと思いますよ。

投稿日時 - 2017-05-03 10:23:07

あなたにオススメの質問