みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

気温と室温が同じでも、夏と冬で体感が異なる理由

室内にいると、全く同じ気温と湿度でも、暑さ/寒さを違って感じます。夏は暑く感じるような気温と湿度でも、冬は平気で長袖/セーターでいられます。
これは、コンクリートの蓄熱やコンクリートからの輻射熱によるものなのでしょうか。他の原因があれば教えて下さい。

投稿日時 - 2017-04-12 17:09:10

QNo.9316741

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

 気分の問題。冬は寒い、夏は暑いという思い込みが体感温度に影響してる。

投稿日時 - 2017-04-13 01:18:09

ANo.4

夏は暑く感じるような気温と湿度でも、冬は平気で長袖/セーターでいられます。
➡私は無理です。
 私から見れば、質問者様は異常です。

投稿日時 - 2017-04-12 20:24:28

ANo.3

気温と湿度は室内の空気ですよね。エアコンを切れば室外の温度にジリジリと近づいていきます。

そして接する面がテーブルだったり床だったりソファだったり、これは気温を調節しても完全に変わりません。壁や窓ガラスがそうです。真冬の窓ガラスは冷たいですよね。

所詮エアコンの温度調節は一時的な部分的なもの。車のエアコンならもっとわかりやすいです。ガンガンに焼けた真夏の車でいくらエアコンをつけて20度にしても涼しいのは冷風の当たる部分だけで、あとはジンワリと暖かいですし、エアコンを止めたら一気に温度が上がります。

投稿日時 - 2017-04-12 19:55:24

ANo.2

 
頭がバカなんです
夏に気温が38度になれば暑くて我慢できませんが、38度の風呂には平気で入れます。
 

投稿日時 - 2017-04-12 18:05:23

ANo.1

身体が順応してるからでしょうね

投稿日時 - 2017-04-12 17:11:12

あなたにオススメの質問