みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

カルカッタコンクエストでサイドカバーが…?

先日、中古のカルカッタコンクエストを購入したのですが、サイドカバーが上手く閉まらずに浮いた状態になってしまいます。サイドカバー内側の透明なカバーを外すと、きちんと収まるようになるのですが…?色々とリールの確認してみるのですが、何処に何が干渉しているかはわかりませんでした。
中古だからってことなのでしょうか?また、オーバーホールに出すとなると、幾らぐらいかかるものなのでしょうか?

投稿日時 - 2017-04-06 18:12:10

QNo.9314206

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ご自身で確認(サイドカバーを外すのみ?)されて判らない様なので水は混入するかもしれませんが機構的に使用に問題ないならとりあえずそのままに。

webから行なうシマノダイレクト修理サービスと言うのもありますが送料が必要なので緊急出ない場合近くの釣具屋さんに出すほうがいいです。
ベイトリールのオーバーホールにはAからDまでのコースがあり、フルメンテ・基本・最小の部品交換・簡易検査及び注油後場合によっては見積りとこんな感じ。
完全分解及び好みのフィーリングの注文メンテでないならBコースの基本を選べばほぼ問題ありません(指摘の無い場合もBコースとなります)。
価格は¥3600、¥3100、¥2500、¥2100で、それぞれにパーツ交換に伴う技術料金の上限が設定されてます。
釣具屋さんに出して戻ってくるのは概ね3週間。
メーカーにてBコースメンテ又は状態確認が終わった段階で「交換すべき部品」が釣具屋さんへ連絡が入り、お店から「全部交換しますか?」みたいな連絡が入りユーザーの意見を確認して最終作業と言う流れ。
この交換連絡については部品単価の高いメインギアやハンドル・サイドカバー類だけで、消耗品である必要品のワッシャーやベアリング等ではほぼ連絡は来ません。
単価の高い部品交換を行なうと総額1万円を越えますがどうしますかみたいな感じですね(Bコースの税抜き技術料込みの上限価格が1万円となっている為、交換部品はリールに添付されてきます)。
ユーザーが部品交換の必要がないと判断した場合、部品交換不要と注文書に明記してもらっておけば分解洗浄のBコース料金のみとなります。
釣具屋さんからの発送日(メーカー営業が週1くらいで店舗に来る)の前日に出して分解洗浄のBコースのみであれば最短で2週間で手元に帰ってくるかもしれません。

店舗で注文書に「サイドカバーが上手く閉まらずに浮いた状態になってしまいます」のような事を書いてもらっておけば内容に見合うようなメンテナンスをメーカーがしてくれると思いますよ。

下記URLのコース別の作業内容と料金を参照
http://fservice.shimano.co.jp/overhaul/index.html#

投稿日時 - 2017-04-12 15:53:35

お礼

親切・丁寧な回答をありがとうございます。取り敢えずの使用に問題がなさそうなので、機会を見てオーバーホールに出してみようかと思います。オーバーホールなど出したことが無かったので、とても参考になりました。

投稿日時 - 2017-04-17 18:35:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問