みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

退職後に払い続ける保険や税金を限界まで減らしたい!

今月末で退職します。しばらく再就職の予定はないので長期間無収入になります。
年金、健康保険、住民税、等を限界まで安くしたいです。アドバイスをお願いします。
前年度年収は380万程度でした。

※調べた結果健康保険は任意より国民健康保険に切り替えた場合月21000円だと解りました。

投稿日時 - 2017-03-22 11:06:28

QNo.9308127

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

合法的には
 ・国民年金・・支払を2年先まで伸ばせるので(納付書の使用期限)
        当面は払わない事も可能・・・催促は来る可能性有り
 ・住民税・・・これは昨年の所得に対する物なので、6月頃に来る納付書で支払う
 ・所得税・・・来年確定申告を行う(支払った所得税のある程度は戻ってくる)
 ・健康保険・・国民健康保険の方が任意継続より安いのなら、国民健康保険にする
・注:国民年金は将来支払う事を前提にしている

倫理的に問題があるが可能な方法
 ・国民年金・国民健康保険・・市で加入手続きをしない
  リスク・・国民年金は年金事務所から連絡来ます(加入手続きして下さいの)
     ・・国民健康保険は未加入になるので、診療所の支払は保険がきかない
       自由診療になり全額自己負担になる
       途中で国民健康保険に加入しても遡って保険料は請求される

投稿日時 - 2017-03-22 15:24:46

ANo.2

退職後に払い続ける保険や税金を限界まで減らしたい!

★回答
無収入になり 支払えないと役所に言う
言わないとめんどくなる

免除の規定があるはず

支払えない場合  少しの月払いなどにしてもらう

少し払って それぞれ 期限がくれば時効になる にげきり

小額ならいちいち 取立てにこない 役所も人間いっぱいいるわけではない

実質払う額はへる 実態である

投稿日時 - 2017-03-22 13:57:12

ANo.1

税務署に形だけ個人事業主の届出をして、確定申告で収入なしの個人事業主として青色申告すれば名目上の年収はマイナスになるかと思いますよ。
ただ青色申告をしないといけませんから手間はかかるし面倒ですけれどもね。

投稿日時 - 2017-03-22 12:18:04

あなたにオススメの質問