みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本の良さは四季があることではなく、四季の変化を

繊細に味わえる国民であることではありませんか?

投稿日時 - 2017-02-20 05:47:14

QNo.9295944

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

そうですね。それもその土地その土地ごとに四季の変化に合わせた伝統行事が行われているからだと思います。回答者は九州の出身で、転勤族として全国を回り、そのことを感じました。子どもの七五三のお宮参りにしても、全国一律に11月15日前後に行われているのではなく、北海道ではひと月前倒しして10月に行われていました。これは考えてみれば当然で、北海道の11月15日ころは雪が降る場合も多く、寒くて幼い子どもを連れて晴れ着でお参りするには不向きだからでしょう。

これは時期だけの違いですが、それだけでなく、例えば秋の東北地方の「芋煮会」や四国の一部での「芋炊き」など類似した行事が離れた土地で行われていたり、夏休みの子どもたちの楽しみである地蔵盆の行事が京都などでは熱心に行われていることなど、興味は尽きません。

ただし、こうした伝統行事は日本だけのことではなく、世界の各国でそれなりに行われていることでしょう。先日見たニュースでは、中国の少数民族の春節(旧正月)の行事を紹介していましたが、大人は餅をつき、男の子はこま回しをして遊んでいましたから…。餅つきをしたりこま回しをするのは日本の正月の伝統であることは確かですが、日本だけのものではないことも確かで、また現代の東京などでは餅つきもこま回しも実体験としては失われつつあるのではないでしょうか。

四季の変化といえば、今から30年以上前タイを旅行したとき日本の学校で学んだというタイ人のガイドが次のようなジョークを言いました。「『日本には四季があるが、タイにはない』と日本人は言うけれど、そんなことはなくタイにも四季(フォー・シーズン)があります。  hot,very hot,very very hot,very very very hotの4つです」

これは冗談だとしても、日本人から見れば1年じゅう暑いように思える国にも乾期と雨期の変化はありますし、地元の人は暑さの中にも微妙な季節の変化を感じ取っているのかもしれません。

投稿日時 - 2017-02-20 06:48:22

お礼

>hot,very hot,very very hot,very very very hotの4つです

これ、面白いですね。
四季はどの国にもありますね。因みに日本の春と夏は評判が悪いです。春は花粉が異常に飛びます。世界に冠たる森林大国日本のマイナス面です。夏は湿気が多い。私はサンパウロに住みましたが、800メートルの台地にあり、緯度では亜熱帯ですが、結構過ごしやすかったです。夏はカラッとした暑さです。ただ・・・ 気候がころころ変わりやすかったです。衣替えができないです。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-02-21 08:58:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>繊細に味わえる国民であること

ちょっと大げさかも知れません。

けど、季節が折々の変化があるから
繊細に味わえるのだと思います。

日本と言うよりか、それが農耕民族の特徴かも知れません。

狩猟民族や遊牧民族とは、また違う感覚がそれぞれあると
思います。

狩猟民族なら、獣の洞察力にすぐていてそれが繊細であったり、遊牧民族なら天候などの動きに繊細であったり、色々な民族に色々な特徴があると思います。

投稿日時 - 2017-02-20 08:52:07

お礼

>それが農耕民族の特徴かも知れません。

興味深い観点ですね。確かに気候は農業従事者には非常に大事です。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-02-21 09:00:52

あなたにオススメの質問